このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シェービングクリームは必要?使うメリットやおすすめ商品5選を紹介

シェービングクリームは必要?使うメリットやおすすめ商品5選を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 3日

髭剃りを行う際に、シェービングクリームを使っているだろうか。シェービングクリームの役割はいろいろあり、使うことのメリットもたくさんある。今回は、シェービングクリームの役割や種類、使い方などを解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シェービングクリームとは?

シェービングクリームとは、カミソリや防水機能付き電気シェーバーでの髭剃り時に肌に塗ることで、効果的な髭剃りを行うものである。

シェービングクリームの役割

メリットを知ればシェービングクリームの必要性がわかるだろう。
  • 髭がやわらかくなって剃りやすくなる。
  • 刃と肌の摩擦を減らし、肌への負担を軽減する。
  • 消炎成分や保湿成分で、髭剃り後の肌が落ち着く。
  • シェービングクリームを取り除きながら剃るため、剃った部分がわかりやすい。

シェービングクリームの種類

シェービングクリームにはいろいろな種類があり、特徴が違う。
  • クリームタイプ
    クリーム状で垂れることは少ないが、洗い流しにくい場合もある。かたさが気になるときは、水を少量混ぜると伸ばしやすい。肌に効果的な成分が配合されたものが多く、敏感肌にもおすすめだ。
  • フォームタイプ
    泡状で出るので泡立てる必要がなく、洗い落としやすい。髭を包み込んでやわらかくしやすく、髭が濃い男性にもおすすめだ。泡で髭や肌が見えないので剃りにくいこともある。
  • ジェルタイプ
    髭や肌が見やすい透明なジェル状で、ほくろがある方や髭の形を整えるのにおすすめだ。メントールなどを配合したものが多くすっきりするが、肌が弱い方には刺激が強すぎることもある。
  • ジェルフォームタイプ
    ジェルとフォームの特徴を併せ持つ、最近人気のタイプだ。塗るときはジェル状だが、時間が経過するとともに泡状に変化して、扱いやすく剃りやすい。

2. 石鹸を泡立てしてシェービングクリームにも!

シェービングクリームを切らしたり、旅先で持っていなかったりしたときは、代用品で急場をしのごう。代用品には、シェービングクリームのような髭をやわらかくしたり肌への刺激を和らげたりする機能がないため、あくまで応急と考えよう。

洗顔フォーム・せっけん・ボディソープ

髭剃りには、保湿成分配合のものが肌にやさしくておすすめだ。泡状で出るタイプや、泡立てネットで泡立ててから使おう。

コンディショナー

刃の滑りがよく肌を保護できるので、シェービングクリームの代用におすすめといえる。髭がしっとりするよう肌に塗るだけだ。

ニベアクリーム

保湿力に優れており、肌を保護しながら剃ることができる。ただ、刃についたニベアは落としにくく、刃を劣化させやすい。

3. シェービングクリームの使い方は?

シェービングクリームを使った髭剃りの方法や、シェービングブラシを使った泡立て方を確認しよう。

シェービングクリームの使い方

  • 洗顔で肌の汚れを落とす
  • あたためたタオルで髭を包んでやわらかくする
  • 肌にシェービングクリームを塗る
  • 基本は順剃り、剃り残しがあれば逆剃りで剃る
  • 冷たい水でシェービングクリームを洗い流す
  • 化粧水などで肌を保湿する

ソープタイプの泡立て方

  • シェービングブラシを40℃以上のお湯に2~3分浸け、手で絞る
  • シェービングボウルに適量のソープとぬるま湯を入れる
  • シェービングブラシでソープを泡立てる

4. おすすめシェービングクリームを紹介!

シェービングクリームの種類別に、おすすめ商品を紹介しよう。

クリームタイプ

ラッシュ「三銃士クリーム」
ラッシュは、すべての商品がハンドメイドという、イギリスのスキンケアブランドである。肌がうるおう植物油脂と柑橘の香り、さらっとした使用感のシェービングクリームだ。

フォームタイプ

ニベアメン「シェービングフォーム スムース」
ニベアの男性向けブランドの、ノンアルコール、ノンメントール、うるおい成分配合のシェービングクリームで、きめ細かい泡が髭をやわらかくしてくれる。
おすすめ商品

ジェルタイプ

ギャツビー「うるおいシェービングジェル」
オシャレな男性に人気のブランド、ギャツビーのシェービングクリームは、保湿成分のヒアルロン酸配合で、滑らかな剃り心地で肌荒れを防いでくれる。
おすすめ商品

ジェルフォームタイプ

シック「ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム」
カミソリメーカーのシックは、シェービングクリームも種類豊富だ。うるおいや滑りがよくなる成分が配合され、敏感肌も保護してくれる。
おすすめ商品

ソープタイプ

ミューレ「SKIN CARE シェービングソープ」
ドイツの職人の技が光る、ラグジュアリーなシェービングブランドのソープである。天然成分と豊富なミネラルが肌にやさしく、泡立ちは濃厚だ。
おすすめ商品

結論

シェービングクリームには、髭をやわらかくしたり肌を保護したりといった役割があり、効果的な髭剃りのための必需品といえる。フォームやジェルなどさまざまな種類があるので、自分の肌や髭剃りスタイルに合うものを選ぼう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ