このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
有酸素運動を毎日やると逆効果?ダイエットにベストな頻度を紹介

有酸素運動を毎日やると逆効果?ダイエットにベストな頻度を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月10日

「有酸素運動を毎日行うと、ダイエットに逆効果だ」という話を聞いたことはないだろうか。有酸素運動のベストな頻度は、メニューや身体の状態によって変化する。そこで今回は、有酸素運動のベストな頻度を解説する。毎日行うことができる有酸素運動も紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 有酸素運動を毎日すると逆効果なの?

有酸素運動を毎日すると逆効果になってしまう場合がある。逆効果になる理由を見ていこう。

筋肉が減る

毎日有酸素運動を行っていると、筋肉が減ってしまう可能性がある。有酸素運動をするとエネルギー源として糖質や脂質を燃焼させるが、それがなくなると筋肉を分解してエネルギーとして使ってしまうのだ。筋肉が減ると基礎代謝が減り、脂肪を溜めやすい体質になり逆効果になってしまうのである。

太りやすくなる

毎日有酸素運動を続けると、その負荷に身体が順応し、運動に備えて多くのエネルギーをため込もうとする。毎日の運動を続けることができればよいが、途中で止めてしまうと身体はエネルギーをため込みやすくなっているので一気に太ってしまうのである。

2. 有酸素運動を毎日すると逆効果!ベストな頻度とは

有酸素運動を毎日行うことは逆効果になることを解説した。では、毎日がよくないのであれば、どのくらいの頻度が適切なのだろうか。有酸素運動のベストな頻度を解説する。

毎日がダメならベストな頻度は?

有酸素運動のベストな頻度は、2~3日に1回である。筋肉を回復させるためには48~72時間必要といわれているので、週3回程度の有酸素運動であれば逆効果にならないだろう。

有酸素運動の時間

1回の運動時間は30分がベストだろう。有酸素運動はスタートから20分程度すると脂肪の燃焼効果がアップするといわれている。ただし、あまり長時間続けると糖質や脂質がなくなり筋肉が分解されやすくなり逆効果なので、30分程度にとどめよう。

3. 毎日の有酸素運動を逆効果にしない方法

「毎日有酸素運動をしたい」という方に向け、毎日運動を行う際の注意点を解説する。以下のポイントに気を付けて行えば、毎日の有酸素運動も逆効果になりにくくなるだろう。

ストレッチ

有酸素運動の前後には必ずウォーミングアップとクールダウンのストレッチを行おうウォーミングアップを行うことで、ケガの予防やパフォーマンス向上の効果が期待できる。クールダウンは、有酸素運動の疲労を素早く回復するために必要である。

水分補給

有酸素運動をしている時には、しっかりと水分補給をしよう。水分が不足するとパフォーマンスが低下したり疲労が蓄積したりする原因になる。のどが渇く前にこまめな水分補給をするように心がけてほしい。

タイミング

有酸素運動を行うのは、食事を摂ってから2~3時間経ったタイミングがベストである。理由は、食事の消化活動が落ち着き、身体にエネルギーがしっかりと補給されている状態だからだ。空腹時に有酸素運動を行うと、筋力を減らしてしまい逆効果なので気を付けよう。

筋肉痛になったら休む

筋肉痛になったら無理をせず有酸素運動を休もう。筋肉痛が起こっている時は、運動で傷ついた筋繊維を修復している最中なので、その時に運動をしてしまうと筋力が落ちて逆効果になる可能性があるからだ。

4. 毎日やっても逆効果にならない有酸素運動は?

毎日行っても逆効果にならない有酸素運動を紹介する。

ウォーキング

ウォーキングはジョギングやランニングに比べて身体への負担が少なく、毎日行っても逆効果になりにくい運動だ。ウォーキングは背筋を伸ばし、腕を90度に曲げてしっかりと振りながら行ってほしい。
ダイエット目的でウォーキングをする場合は、1回30分を目安にしよう。1時間以上歩いてしまうと、身体が脂肪をため込みやすくなり逆効果になる。

縄跳び

縄跳びも毎日行うのにおすすめの有酸素運動だ。おすすめのやり方は、2分間飛ぶことを1セットとして、3~5セット繰り返す方法である。セットの間には30秒のインターバルを挟み、スピードは1分に60回飛ぶ程度を目安にしよう。慣れてきたら最大6セットまで増やしてもよい。
縄跳びは足への負担が大きい運動なので、コンクリートよりも土の上のように柔らかい場所で行うのがおすすめだ。

ラジオ体操

日本人になじみ深いラジオ体操も、毎日行っても逆効果にならない運動だ。ラジオ体操は有酸素運動とストレッチの要素を持った効率的な運動で、400か所以上の全身の筋肉を動かすことが可能だ。ラジオ体操を行う時は、大きな動作を心がけ呼吸を意識しよう。

結論

有酸素運動は毎日行うと逆効果になる場合があるので、2~3日に1回の頻度がおすすめだ。毎日有酸素運動をしたいという方は、今回ご紹介したポイントをおさえながら行おう。正しく有酸素運動を行って、スリムで健やかな身体を手に入れてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ