このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヨガマットタオルの必要性とは!?メリットや選び方を紹介!

ヨガマットタオルの必要性とは!?メリットや選び方を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月29日

ヨガをする際に多くの人が利用するヨガマット。スタジオやパークヨガなどでヨガを行う場合はレンタルすることもあるだろう。レンタル品でもヨガマットタオルを引くことで衛生的に使用することができる。本記事ではヨガマット用のタオルのメリットや使い方について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヨガマットタオルはやっぱり必要。メリットも

そもそもヨガマットタオルは必要なのだろうか。ヨガマットタオルを使うメリットについて紹介する。

衛生面

ヨガマットを使っていると、汗で汚れてきたり、匂いが出てきたりすることがある。ヨガマットタオルを使用することで、直接ヨガマットに汗や汚れがつかないので、ヨガマットを衛生的に使うことができる。また、ジムやスタジオなどでレンタルマットを使う際にも衛生面を気にせず使うことができる。

吸水性、速乾性

ヨガマットに汗が垂れると、乾くまでに時間がかかり、手をついた時に滑ることがある。ヨガマットタオルを敷いておくと、水分をすぐに吸収してくれるので安全にヨガを行うことができるだろう。

以上のように、ヨガマットタオルを使用して、ヨガを行うことにはさまざまなメリットがある。

2. ヨガマットタオルの正しい使い方とは?

ヨガマットタオルの使い方は、ヨガマットの上にタオルを敷くだけという非常に簡単な使い方だ。敷くだけでいつものヨガがよりやりやすかったり、ヨガマットを綺麗に保ったりと効果があるのでおすすめだ。

3. おすすめのヨガマットタオル

購入する際の参考になるように、選ぶ際のポイントやおすすめの商品について紹介する。

ヨガマットタオルを選ぶ際のポイント

  • サイズ
    まずは自分が使っているヨガマットにあったサイズのタオルを選ぶ必要がある。ヨガマットで多いサイズは170×60cmのサイズ。スタジオのレンタル品を使用する際も170×60cmよりも大きいサイズのタオルを持参するとよいだろう。
  • 滑り止めのタイプ
    ヨガマットタオルには突起状の滑り止めがついた商品や、素材自体に滑り止め加工がされている商品もある。滑り止めがあるとヨガマットからタオルがずれにくく、安全に運動を行うことができるのでおすすめだ。
  • 生地や厚み
    ヨガマットタオルは商品によって、素材や厚みが異なる。夏は薄めの生地で汗拭きタオルとしても使用できる。冬は厚手の生地で床からの冷たさを防ぐといった、季節に応じてもメリットが異なるので自分にあった生地感や、厚さのもを選ぶようにしよう。

おすすめ商品3選

  • CORCOPI 「ヨガラグ タオル」
    マイクロファイバー生地で出来ており、吸水性と速乾性に優れている。また裏面には滑り止めもついており安全に運動を行うことができる。ヨガマットの上に敷くだけでなく、ヨガマットタオル単体でも使用することができるため、非常に便利な商品だ。
  • Heathyoga 「ヨガタオル」
    ワッフル生地でできており、肌触りがよいのが特徴だ。裏面に滑り止めがあるのはもちろんだが、表面も水分を含むと滑りにくくなるため、汗をかいても滑らずに運動をすることができそうだ。
  • Manduka Yogitoes 「スキッドレス ヨガラグ ピーコック」
    ヨガブランドであるMandukaのオリジナル商品で、デザインが特徴的な商品だ。サイズも持ち運びしやすく、また洗濯機で丸洗いし、乾燥機も使用できるお手入れのしやすさも嬉しい商品だ。
以上がヨガマットタオルを選ぶ際のポイントと、おすすめのヨガマットタオルだ。ヨガマットタオルは数多くの種類が販売されているので、上記を参考に自分にあった商品を選ぶようにしよう。

4. ヨガマットタオルがいらない派は代用品も

最後にヨガマットタオルを持っていない方や、買うほどではないという方向けに、代用品に関して紹介する。

バスタオル

代用品として一番多いのが、バスタオルだ。バスタオルはサイズ的にもちょうどいいものが多く、吸水性もあるので汗を吸い取ってくれるだろう。しかし、バスタオルは滑り止めの機能がないのでヨガの内容次第では使わない方がよい場合もある。

スポーツ用の速乾タオル

マイクロファイバー素材の速乾性のあるタオルは、バスタオルに比べて触りごごちがよく、また滑らないのでおすすめだ。

以上のように、ヨガマットタオルを使わない場合は代用品で済ますという選択肢もある。シかしあくまで代用品なので安全に効果を高めたい場合は専用のヨガマットタオルを使おう。

結論

ヨガマットタオルは、ヨガマットの上に敷くだけの簡単なアイテムだが、安全面や、衛生面を高めてくれる。実際に購入する際には本記事で紹介した、ポイントやおすすめ商品を参考にしてみてほしい。また代用品を使う方法もあるが、専用のものとは効果が異なるので注意しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ