このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電気シェーバーを使うのは待って! 正しい使い方で肌荒れ予防

電気シェーバーを使うのは待って! 正しい使い方で肌荒れ予防

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月19日

忙しい時でもさっと髭を剃れる電気シェーバー。しかし果たして正しい知識・ 使い方で髭を剃れているだろうか? この記事では初心者から経験者まで知っておきたい、正しいシェーバーの使い方やメンテナンス方法などを解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シェーバーの正しい使い方していますか?

髭は男性の印象を強く左右する部位だ。身だしなみを整えるため毎日剃っている方も多いだろう。しかしだからこそ、正しいシェーバーの使い方を知っておかなければ、肌荒れの原因となってしまう。

電気シェーバーの基本的な剃り方

まずは準備段階として、電気シェーバー用のプレシェーブ剤を肌に塗る。プレシェーブ剤を塗布することでなめらかに電気シェーバーが動くので、忘れずに塗っておこう。

しっかりと深剃りするには、肌に対して垂直に電気シェーバーを当てていく。T字カミソリを使っている方からすると驚くかもしれないが、電気シェーバーはT字カミソリのように順剃り→逆剃りと手順を踏む必要はなく、いきなり逆剃りで髭を剃っていく。また、洗顔も髭剃り前ではなく、後に行うのが電気シェーバーの正しい使い方だ。

電気シェーバーを使い慣れていない方だと思うように深剃りできず、自分の剃り方が悪いと感じてしまうかもしれない。しかし電気シェーバーはT字カミソリほど深剃りできないため、無理に剃りすぎないよう気をつけよう。

2. シェーバーで肌が荒れやすい時は泡剃り

T字カミソリといえば泡剃りというイメージが強い。一般的な電気シェーバーでは泡剃りができず、肌がカミソリ負けしやすい方は、肌荒れを防ぐために電気シェーバーは使えないという方も多いのではないだろうか。実は電気シェーバーでも泡剃りができる機種も存在する。

泡剃りに対応した電気シェーバー

ウェット剃りやお風呂剃りに対応した電気シェーバーなら、T字カミソリ同様泡剃りが行える。代表的な機種はパナソニックのカミソリシェーバー「ラムダッシュ」シリーズだ。防水仕様で、いつも使っている洗顔料でシェーピング用の泡をたてられる。

時間がないから電気シェーバーに乗り換えたいが敏感肌という方にこそ、パナソニックのラムダッシュなど泡剃りができるタイプがおすすめだ。

髭剃り後は保湿も重要

肌荒れで悩んでいる方は、髭剃り後に保湿を心がけよう。というのも髭剃りを行うと肌の角質が取れ、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまう。保湿をもたらす方法としては化粧水を肌に浸透させ、油分のある乳液などで仕上げるのがよいだろう。化粧水や乳液の選び方が分からない方は、男性用と明記されたものを選んでみよう。

3. シェーバーの刃の定期的交換も綺麗に剃れる秘訣

電気シェーバーの切れ味が回復すれば、早くキレイに剃れるため、替え刃交換やメンテナンスも定期的に行おう。

替え刃の交換

電気シェーバーを1年以上使っているならば、電気シェーバーの替え刃を交換して、電気シェーバーの切れ味がよい状態を維持しよう。

各メーカーごとの交換目安

  • パナソニック:外刃は約1年、内刃は約2年。
  • 日立:外刃・内刃の一体型は約1年半、外刃は約1年、内刃は約3年。
  • ブラウン:外刃・内刃の2つとも約1年半。
  • フィリップス:約2年。
メーカーによって交換頻度が大きく異なるため、自分が使用しているメーカーをチェックしてみよう。T字カミソリに比べると替え刃が高額に感じてしまうかもしれないが、電気シェーバーはT字カミソリに比べると替え刃を長く使えるというメリットがある。

電気シェーバーのメンテナンス

電気シェーバーは長く使う製品だ。お手入れや清掃の仕方はメーカーによって異なるが、適度にメンテナンスをしてあげよう。また切れ味を回復させるために、専用のオイルも用意されているので、興味がある方は購入を検討してみよう。

結論

電気シェーバーはリーズナブルなT字カミソリと剃り方が大きく異なる。髭は男性の第一印象を左右する重要な要素のため、手入れは必須だ。正しい使い方やシェーバーのメンテナンス方法をマスターし、清潔感のある男を目指そう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ