このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筋トレの疲労回復は休息が重要!適切な休息と栄養で効果的な筋トレを

筋トレの疲労回復は休息が重要!適切な休息と栄養で効果的な筋トレを

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 1日

たくましい身体を目指して、筋トレに励んでいる男性は多いだろう。しかし、ただひたすら筋トレを続けていれば、筋肉が成長するというわけではない。効果的な筋トレのためには、しっかりと疲労回復期間を取ることも重要なのだ。今回は、筋トレの疲労回復について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筋トレ後の疲労回復期は「超回復」と呼ばれている

筋トレ後の疲労回復のための休息期間には、超回復が行われている。効果的な筋トレには、この超回復が重要なのだ。筋トレの効果と疲労回復のために、超回復のことを理解しよう。

超回復とは

筋トレ後の身体はエネルギーを消費し、筋繊維は傷ついて疲労が蓄積した状態である。疲労回復のため、筋トレ後には休息を取ったほうがよいのだ。適切な休息を取ることで、傷ついた筋繊維は修復される。その際、元の筋繊維の状態よりも太くて強く修復され、筋肉が大きくなる。この仕組みが「超回復」だ。

超回復と筋肉痛の関係

筋肉痛が起きる原因ははっきりとは解明されておらず、いくつかの説がある。なかでも有力なのが、筋トレで傷ついた筋繊維が修復される際に炎症が起き、生じる痛みが筋肉痛という説である。つまり、筋肉痛が起きている間は超回復が行われており、筋肉を休息させる必要があるということだ。

筋トレ後に必要な休息時間

超回復にかかる時間は、筋肉の部位や鍛え方、筋トレの負荷などによって違ってくるが、一般的には48~72時間(2~3日)程度とされる。筋トレ後には、48~72時間程度の休息を取ることが効果的と考えられるのだ。

2. 筋トレ後の疲労回復を早める食事と睡眠

筋トレ後の疲労回復には、食事で必要な栄養を摂取することと、睡眠で身体を休めることが重要である。疲労回復を早めるための食事と睡眠を解説しよう。

筋トレ後の疲労回復のための食事

筋トレ後の身体は、筋肉が傷つき、蓄えていたエネルギーを消費した状態である。筋肉の材料であるタンパク質や、エネルギー源となる炭水化物(糖質)は、筋トレ後の疲労回復に欠かせない栄養素だ。また、ビタミンとミネラルも、身体の調子を整えるのに重要な栄養素である。食事での摂取はもちろん、プロテインやサプリメントを活用するのもおすすめだ。

筋トレ後の疲労回復のための睡眠

筋トレ後の疲労回復や筋肉の成長のためには、良質な睡眠を取ることが重要である。睡眠中には、筋繊維の修復や疲労回復を促す成長ホルモンの分泌が盛んだ。しっかりと身体を休め、成長ホルモンのスムーズな分泌を促すために、深い眠りと6~8時間程度の睡眠時間を確保することが理想である。

3. 筋トレの疲労回復期間にも取り入れたいヨガやストレッチ

筋トレ後の疲労回復には、パッシブレスト(消極的休養)とアクティブレスト(積極的休養)の2種類の休養を組み合わせることが効果的である。パッシブレストは、睡眠を取ったり安静にしたりして、身体を休めて疲労回復する休養のこと。アクティブレストは、ヨガやストレッチ、ウォーキングなどの軽めの運動で、疲労回復をする休養のことだ。

筋トレのようなハードな運動ではなく、軽く身体を動かすことで筋肉に負荷をかけずに血行をよくし、疲労物質の代謝を促して疲労回復させるのである。筋トレ後の疲労回復期間には、軽めの運動を取り入れてみよう。

4. 筋トレ後の疲労回復期間「超回復」を無視するとどうなるか?

筋トレ後の疲労回復に必要な休息は、48~72時間(2~3日)程度だといわれる。この休息で疲労回復し、傷ついた筋繊維を修復・成長させる超回復が行われるのだ。

筋肉は鍛えれば鍛えるほど肥大すると思い、超回復を無視して毎日筋トレをする方がいるかもしれない。しかし、毎日筋トレを行うと傷ついた筋繊維が修復されないまま再び損傷することになるので、筋肉の成長や疲労回復にはつながらないのだ。

逆に休息を取りすぎると、せっかく超回復で肥大した筋肉が元の状態に戻ってしまうので、筋トレは2~3日おきにするのがおすすめだ。

5. 筋トレ後に休息しても疲労回復が感じられない場合は医療機関に相談するのもあり

筋トレ後は身体に疲労がたまった状態だが、適切な休息を取れば疲労回復して、通常であれば疲れを感じなくなってくる。しかし、筋トレ後に適切な休息を取っているにもかかわらず、疲労回復が感じられないという場合もある。

筋トレ後の疲労回復が充分にされないまま疲れが積み重なり、慢性疲労状態になるオーバートレーニング症候群(※1)になっているのかもしれない。また、糖尿病やうつ病などの病気が影響して、疲労を感じていることも考えられる。筋トレ後の疲労回復がスムーズに行われないと感じる方は、病院を受診してみるのもおすすめだ。

結論

筋トレでたまった疲労は、できるだけスムーズに回復させたい。疲労回復のためには、充分な休息と栄養の摂取が重要である。筋肉の成長にとって大切な超回復のことを理解し、適度な休息と栄養を取り入れて、効果的な筋トレを行おう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ