このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
腹筋ローラーの適切な回数とは?立ちコロと膝コロの両方を解説!

腹筋ローラーの適切な回数とは?立ちコロと膝コロの両方を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 1日

「腹筋ローラーは何回やればいいの?」という疑問を持っている方に向け、腹筋ローラーの適切な回数を解説する。筋力のレベルやトレーニングの目的別に適した回数を紹介するので、自分に合ったものを参考にしてほしい。腹筋ローラーを正しく使って、かっこいい身体を目指していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 腹筋ローラーにも「適した回数や頻度」がある

腹筋ローラーには、「膝コロ」と「立ちコロ」という使い方がある。この2つのメニューは難易度が違い、それぞれに適切な回数と頻度がある。まずは、膝コロと立ちコロがどのようなメニューなのかをチェックしよう。

膝コロ

膝コロは、両膝を床について腹筋ローラーを動かす方法だ。比較的難易度の低いメニューなので、初心者の方におすすめである。

立ちコロ

立ちコロは、膝を床につかずに腰を高く上げた状態からスタートする方法だ。難易度が高く、少ない回数でも腹筋に高い負荷をかけることができる。相当な筋力がないと1回も行うことができないので、筋トレ上級者向けのメニューといえるだろう。

適切な頻度とは?

腹筋ローラーを使ったトレーニングは、週に2~3回程度の頻度で行おう。トレーニングで傷ついた筋肉は、時間をかけて修復することで前よりも成長することができるからだ。また、腹筋ローラーは、毎日ではなく日を空けて行ってほしい。

適切な回数とは?

腹筋ローラーの適切な回数は、筋力のレベルやトレーニングの目的に合わせて設定する必要がある。本格的に筋トレを行いたい方と、お腹を引き締めたい方では回数が違ってくるだろう。腹筋ローラーをたくさん行えばいいというわけではなく、適切な回数があるので次項から解説していく。

2. 腹筋ローラー・膝コロの回数

ここでは、膝コロの適切な回数を見ていこう。筋力のレベルやトレーニングの目的別に回数を解説するので、腹筋ローラーを使ったトレーニングの参考にしてほしい。

初心者の方

初心者の方が無理をして多くの回数をこなそうとすると、ひどい筋肉痛になり長くトレーニングを続けることが難しくなる可能性がある。初心者の方は、5回を1セットとして1日2セットがおすすめの回数だ。

お腹を引き締めたい方

腹筋ローラーでお腹を引き締めたい方は、10回を1セットとして1日3セットを目安にしてほしい。また、腹筋ローラーに限ったことではないが、腹筋ローラーだけで腹部の脂肪だけを落とす「部分痩せ」は難しいことを把握しておこう。痩せるには、食事の管理やそのほかのトレーニングも併せて続けていくことが大切だ。

本格的に筋トレを行いたい方

本格的に腹筋を鍛えたい方は、10~15回を1セットとして1日3セットを目標にしよう。膝コロが楽にこなせるようになったら回数を増やすのではなく、難易度の高い立ちコロにチャレンジしてほしい。

3. 腹筋ローラー・立ちコロの回数

次に、立ちコロの適切な回数を見ていこう。こちらも、筋力のレベルやトレーニングの目的別に回数を解説していく。

初心者の方

腹筋ローラーで膝コロができるようになり、立ちコロへレベルアップしたばかりの方は、5~10回を1セットとして1日2セットを目安にしよう。筋力が足りず2セットもできない方は、1セットからスタートするとよい。立ちコロに慣れてきたら徐々に回数を増やしていこう。

お腹を引き締めたい方

腹筋ローラーで立ちコロをして引き締まったお腹になりたい方は、8〜13回を1セットとして1日3セットを目標にしよう。立ちコロができるようになった方は、相当な筋力がついているはずだ。トレーニングを継続することで、スッキリとしたシルエットに近づくことができるだろう。

本格的に筋トレを行いたい方

腹筋ローラーを使って本格的に腹筋を鍛えたい方は、膝コロと同様に10~15回を1セットとして1日3セットにチャレンジしよう。この回数以上に行ってしまうと、腰への負担か大きくなるので注意してほしい。

4. 腹筋ローラーで目的の回数をする注意点とは?

ここでは、腹筋ローラーで目的の回数をこなす時の注意点を解説する。腹筋ローラーを使ったトレーニングのコツもチェックしよう。

ゆっくりと行う

膝コロも立ちコロも、動作はゆっくりと行ってほしい。素早く腹筋ローラーを移動させると、腰を痛める可能性もあるので注意しよう。

やりすぎはNG

腹筋ローラーは上半身の筋肉に強い刺激を与えるトレーニングなので、回数を増やしすぎないように注意しよう。無理をして回数を増やすと、続かないだけでなくケガの原因になる可能性がある。トレーニングは継続することに意味があるので、無理をせずに行おう。

5. 腹筋ローラーをすることの効果について

腹筋ローラーにはどのような効果があるのだろうか。メリットとデメリットの両方を紹介する。

腹筋ローラーのメリット

腹筋ローラーのメリットは、自宅にいながら負荷の強いトレーニングができることだ。シンプルな動作ながら、少ない回数で上半身の筋肉にしっかりと効かせることが可能である。

腹筋ローラーのデメリット

腹筋ローラーのデメリットは、正しいフォームや適切な回数で行わないと、腰を痛める可能性があることだ。多くの回数をこなすことより、正しいフォームで安全に行うことを意識して行ってほしい。

結論

腹筋ローラーは、上半身の筋肉を効率的に鍛えることができるトレーニンググッズだ。しかし、腹筋ローラーは、適切な回数で正しい使い方をしないとひどい筋肉痛になったり、ケガをしたりする可能性があるので注意しよう。腹筋ローラーを適切に使って、男らしいシックスパックを手に入れてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ