このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クールビズ期間もジャケットは必要?おすすめアパレルブランドも紹介

クールビズ期間もジャケットは必要?おすすめアパレルブランドも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 6日

ノーネクタイノージャケットが基本のクールビズ期間だが、状況によってはジャケットを着用した方がよい場面もある。そこで今回は、ジャケットが必要な場面やおすすめのアパレルブランドを解説する。クールビズ期間にぴったりなジャケットを安く購入する方法も紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クールビズ期間中のジャケットはあった方がよい?

クールビズ期間のジャケットは、TPOを考慮して着用するか否かを決めよう。大切な商談の時や初めて訪れる取引先の場合は、クールビズ期間とはいえ失礼にならないようにジャケットを着用した方がよい。もしもの時に備えて、会社にジャケットを1着用意しておいてもよいだろう。クールビズ期間におすすめのジャケットはどのようなものが解説する。

クールビズ期間におすすめのジャケット

クールビズ期間に着るジャケットは、通気性のよいものや軽量性のある「サマージャケット」がおすすめだ。青や淡い色でさわやかに見えるデザインだと、見た目も涼しげに仕上がるだろう。また、夏のジャケットは手に持って移動することも多いので、シワになりにくい素材でできたものだと手入れが楽である。

2. クールビズ期間中は女性もジャケットが必要?

クールビズ期間は、女性も涼しげな格好が推奨されている。ただし、男性と同様に商談や面接など、正装をすべき場所に備えて、ジャケットを1枚は持っていると便利だ。クールビズの期間に着るジャケットは、リネン素材や洗える素材がおすすめである。袖が七分丈のものや明るい色合いのジャケットだと、クールビズ期間中でも軽やかな印象に仕上がるだろう。

3. クールビズ期間中のジャケットのボタンの留め方

クールビズの期間中にジャケットを着る時に注意してほしいのが、ボタンの留め方である。正しいボタンの留め方を見ていこう。

クールビズ期間中に注意したいボタンの留め方

クールビズ期間中に限ったことではないが、ジャケットのボタンは全部閉めるのではなく、1番下は外しておくことがマナーとされている。1番下のボタンは装飾目的でついているもので、留めておくと座った時にシワが入り、ジャケットのシルエットが崩れてしまうためだ。

4. クールビズに最適なジャケットのおすすめブランドを紹介

ここでは、クールビズに最適なサマージャケットを販売している人気のブランド店を紹介する。

ナノユニバース

ナノユニバースは、洗練されたデザインのジャケットがラインナップされているブランドだ。暑い季節を快適に過ごすために開発された「快適男」シリーズのカノコジャケットのような、クールビズにぴったりなアイテムが揃っている。

ビームス

ビームスは人気のセレクトショップだ。シンプルなグレーのジャケットから、個性的なデザインのものまで揃っているので、自分の好みや会社の雰囲気に合わせてジャケットを選ぶことができるだろう。クールビズ期間もおしゃれに過ごしたい方におすすめである。

5. クールビズに最適なジャケットは安く購入できる?

クールビズに最適なジャケットをできるだけ安く手に入れたい方に向け、リーズナブルな価格で購入できる場所を紹介する。

P.S.FA

機能性の高いスーツを多く販売しているP.S.FAでは、1万円代でクールビズに最適なジャケットを購入することが可能だ。シンプルなデザインのものが多く、無難なアイテムを選びたい方にもおすすめである。

ユニクロ

ユニクロでは、クールビズ期間に着ることができるサマージャケットを4,000円から買うことができる。セットアップで販売しているものもあるので、全身コーディネートをしたい際にも便利だ。

楽天市場

たくさんのアイテムから選びたい方は、楽天市場がぴったりだ。1,000点以上のアイテムが販売されているので、自分にぴったりなものが見つかるだろう。また、最もリーズナブルなジャケットは3,000円前後から販売されているので、とにかく安くジャケットを買いたい方にもおすすめである。

結論

クールビズの期間のジャケットは、TPOを考えて着用するか否かを判断しよう。ジャケットを着る場合は、サマージャケットのような軽やかなものを選ぶと、快適に過ごすことができるだろう。サマージャケットは、3,000円程度のリーズナブルなものから、クオリティの高いブランドものまであるので、予算や着ていく場所を考えて自分にぴったりな1着を見つけてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ