このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベンチプレスは毎日やらないほうがいい?筋肥大は頻度を意識すべし

ベンチプレスは毎日やらないほうがいい?筋肥大は頻度を意識すべし

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 7日

筋トレを始めたばかりであれば、BIG3のひとつ「ベンチプレス」を毎日でも行いたい!とモチベーションの高い方もいるはずだ。しかしベンチプレスを毎日行うことで効率的な筋肥大ができるとは限らないという。なぜ、毎日のベンチプレスがメニューとして適切ではないのか?そしてベンチプレスの適切な頻度はどれくらいか?この記事で解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベンチプレスの適切な頻度は毎日ではない

バーベルを押し上げて大胸筋を鍛えるベンチプレス。筋トレの代名詞ともいえるトレーニングだが、毎日行うことは基本的に推奨されていない。それは、筋肉を効率よく発達させるには筋トレ後24~72時間の「超回復」期間が重要だからだ。超回復の仕組みを知り、ベンチプレスの頻度を考えてみよう。

筋肉は超回復期間を経て肥大する

筋トレをすると筋繊維には細かな損傷ができるが、筋肉は自らそれを修復することで、はじめて以前の状態よりも大きく成長する。この仕組みが超回復であり、筋トレ後は筋肉を超回復させるために数日間トレーニングを休むのが一般的だ。

超回復を無視するとトレーニング効率は落ちる

超回復を考慮せず毎日ベンチプレスを行えば、回復していない筋肉にさらに負担をかけることになり、筋肥大どころか結果的に筋肉は減少してしまうといわれている。また疲労が溜まり十分なトレーニングができなくなる恐れもある。

ベンチプレスの適切な頻度は2~3日に1回

ベンチプレスで鍛えられる大胸筋、上腕三頭筋、三角筋の超回復にかかる時間はおよそ48時間とされている。つまり、ベンチプレスを行ったら2~3日は筋肉を休ませ超回復させることで、これらの筋肉は効率的に発達するのだ。ベンチプレスを毎日やらないほうがいい理由がここにある。

超回復の間は十分な睡眠や栄養補給で筋肉をしっかり回復・成長させるのが基本だ。2日連続、毎日などの頻度で筋トレを行いたい場合は、ベンチプレスで上半身を鍛えたら次の日は下半身を鍛えるなど、部位を分けてトレーニングをする方法がよいとされる。

2. 毎日ベンチプレスをやるよりもまずは負荷のかけ方があっているかチェックする

ベンチプレスの効率をアップさせたいのであれば、毎日行うより「自分に合った適切な負荷をかける」ことも重要になってくる。

ベンチプレスを毎日行うより重量や回数が大切

ベンチプレスの重量や回数は、筋トレの目的によって決めるのが基本だ。筋肥大が目的であれば「8~12回で限界がくる重量」が適切とされている。持久力アップが目的なら「15~20回」、最大筋力アップが目的なら「3~7回」で限界がくる重量が適切とされる。また、セット数の目安は3~5回とされているので、これらを参考に負荷を決めるとよいだろう。

重量や回数を早見表から決める方法もある

また、自分に合った負荷が表でわかるベンチプレスの早見表というものもある。体重や性別ごとに「1回で上げられる最大重量の平均」がわかったり、「1回で50kg上げられる場合は40kgなら10回上げられる」などと導くことができるので活用してみよう。「ベンチプレス 早見表」などで検索すると、掲載サイトが見つかるはずだ。

もしベンチプレスを毎日していて効果が感じられないなら、腕の疲労度なども考慮しながら、こういった情報を活用して適切な負荷を割り出すことを意識してみてほしい。

3. ベンチプレスを毎日よりもMAX更新できる神経系トレーニングを取り入れる

ベンチプレスに慣れてくると負荷やMAX重量を上げたくなるが、その場合も毎日行うより「神経系トレーニング」を取り入れて刺激に変化をつけるほうが効率的だとされる。おすすめ神経系トレーニングも2つ紹介しておこう。

神経系トレーニングとは

神経系トレーニングとは、脳と筋肉の連携スピードを速めるトレーニング法で、主にスポーツにおける反射神経や瞬発力を高めるために行う。筋トレにおいても、筋肉の瞬発力を上げれば、より重い重量が扱いやすくなるとされている。

毎日のベンチプレスよりおすすめ:ライオメトリクストレーニング(低負荷)

ライオメトリクストレーニングとは、バーベルを胸から上げる瞬間にスピードを上げ、トップポジションでは通常に戻すという変則的なリズムをつける方法だ。筋収縮速度に磨きをかけ瞬発力を上げる効果が期待できるという。肘は伸ばし切らず、軌道をブレさせないことがポイントだ。5回×5セットを目安に挑戦してみよう。

毎日のベンチプレスよりおすすめ:ボードベンチプレス(高負荷)

バーベルと胸の間に6~10 cmほどのボード(木の板などでOK)を挟み可動域を狭める方法で、バーベルを胸まで下ろす必要がないためより高重量を扱えるようになる。ポイントは、ライオメトリクストレーニングと同じく、バーベルが板に触れた瞬間にスピードを上げることだ。

尚、ボードベンチプレスはボードを支える補助者が必要なので、十分注意して行ってほしい。怪我のリスクを減らすために、軽重量×高回数⇒高重量×低回数という流れで徐々に慣れていこう。

結論

ベンチプレスを毎日行うと、筋肉が回復・発達する「超回復」の期間がとれず結果としてトレーニング効率が下がってしまう。大胸筋の超回復にかかる時間はおよそ48時間なので、ベンチプレスは2、3日に1回のペースで行うのがベストとされている。MAX重量を更新したいなら、頻度を上げるより重量設定やトレーニングの質にこだわってみよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ