このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
表情筋の鍛え方をマスターして魅力的で自然な笑顔を引き出そう

表情筋の鍛え方をマスターして魅力的で自然な笑顔を引き出そう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 7日

男性としての魅力を高めようと筋トレで鍛えている方は少なくないだろう。たくましい上腕二頭筋や引き締まった腹筋、厚みのある胸板は確かに魅力的だが、笑顔などの表情も大切な魅力的要素のひとつである。今回は顔の印象を作り出す筋肉「表情筋」について解説しよう。簡単にできる表情筋の鍛え方も紹介するので参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 表情筋は鍛えないと老け顔になる?

まずは表情筋とはどのような筋肉か見ていくことにする。

表情筋は顔を動かす筋肉

表情筋とは顔にある30種類以上の筋肉群で、これらの筋肉で目、口、鼻などを動かし、喜怒哀楽の表情を作っている。名前の通り筋肉であるため、鍛えていないと衰えてしまうのだが、日常生活では半分も使っていないといわれる筋肉だ。

表情筋が衰えると顔がたるんでしまう

どの部位の筋肉でも同じだが、筋力が低下すると動きが悪くなる。さらに身体の筋肉は骨と骨を繋いでいるが、表情筋は皮膚と筋肉が直接繋がっている。つまり表情筋が衰えると無表情になるだけでなく、しわやたるみも出てきてしまうのだ。また、表情筋はほかの筋肉と同じように鍛え方があり、鍛え方次第で顔の印象を変えることも可能だ。口角が上がり、目力のあるキリっとした表情や自然な笑顔を作るために、表情筋の正しい鍛え方をマスターしておこう。

2. 表情筋を鍛えることで得られるメリット

表情筋の鍛え方をマスターするメリットを紹介しよう。

笑顔が魅力的になる

笑顔といえば口角を上げるということが、まず思い浮かぶだろう。口角を上げることも大切だが、前歯を見せることも重要なポイントだ。魅力的な笑顔を作るためには、顔の中央付近にある上唇鼻翼挙筋と上唇挙筋、その外側にある小頬骨筋と大頬骨筋が使われる。上唇鼻翼挙筋と上唇挙筋が上唇を上げる筋肉で、小頬骨筋と大頬骨筋が口角を上げる筋肉だ。これらの表情筋の鍛え方次第で笑顔が変わってくるだろう。

新陳代謝がよくなる

表情筋は筋肉であるので、動かすことで血行がよくなる。顔周りの血行がよくなると肌が健康的に見えてくるのだ。加齢による肌のくすみやむくみ、目の下のクマは血行が悪いことが原因であるため、表情筋を動かすことで改善され、また予防にも繋がる。さらにうれしいことに肌の新陳代謝もアップするため、シワやシミ予防にもなる。つまり表情筋の鍛え方をマスターすることで老け顔防止効果も期待できるのだ。

表情筋を鍛えることは魅力的な笑顔だけでなく、くすみやクマが改善され若々しく健康的な印象にもなるのだ。さまざまなメリットがある表情筋を鍛えて好感度アップを目指そう。

3. 表情筋を鍛えると滑舌もよくなる

表情筋は見た目だけでなく、滑舌にも影響してくるので詳しく解説しよう。

滑舌の悪さは口周りの筋肉が影響

表情筋は口周りの筋肉も含まれているため、滑舌にも影響する。仕事での商談やプレゼンなど、滑舌がよくなるとイメージアップを図れるシーンは多いだろう。相手に伝わりやすい話し方とは、「声の出し方」「抑揚」そして「滑舌」だ。滑舌は舌の筋肉が重要だと思われがちだが、口輪筋などの口周りの表情筋も大きく影響している。発する言葉に適した口の動きが必要となるため、口輪筋をうまく動かせないと滑舌はよくならない。表情筋は鍛え方をマスターすれば、話し方まで変えることができる重要な筋肉なのだ。

口の筋肉を大きく動かせるようになる

口輪筋などの表情筋をしっかり動かせるようになると、口を大きく動かすことができるようになる。大きく動かすことで筋肉がほぐれ、表情がより豊かになるのだ。口を開けずに話すと滑舌や発音が悪くなるだけでなく、無表情にも見えてしまう。話す相手によい印象を与え、信頼や安心を得たいのであれば、口を大きく動かすための表情筋の鍛え方をマスターしてほしい。次項で手軽にできる表情筋の鍛え方について解説していく。

4. すぐできる表情筋の鍛え方

ここではすぐにはじめられる表情筋の鍛え方を紹介する。

歯ブラシを使った表情筋の鍛え方

毎日行う歯みがきの時間を利用して表情筋を鍛えることができるのだ。まず歯ブラシを横にくわえ、上下の唇を強く閉じよう。頬をすぼめながら息を吸い、この状態を8秒程度キープする。次に、歯ブラシの背を利用して、頬の内側からほうれい線に沿うように上から下へゆっくり3回動かそう。同じ方法で反対の頬も行う。この鍛え方は頬筋に効果があり、口角アップやほうれい線予防が期待できる。

割り箸を使った表情筋の鍛え方

割り箸を使った鍛え方もある。割る前の割り箸を奥歯でしっかりと噛み、口角を上げ30秒程度キープしよう。10秒程休憩し、3セット繰り返す。表情筋が弱っているとつったり痛みを感じることもあるので無理のない範囲で行ってみよう。手軽に頬の筋肉が引き上げられる表情筋に効果的な鍛え方なので、空いた時間を利用して試してみてはいかがだろうか。

結論

表情筋を鍛えることのメリットはとても多い。魅力的な笑顔を引き出すのはもちろん、新陳代謝が上がり、話し方まで変えることができるのだ。日常生活で簡単に取り入れられる表情筋の鍛え方をマスターし、男性としての魅力をもっと上げていこう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ