このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
髭剃りを剃刀でしてみたい方必見!電気シェーバーとの違いも紹介

髭剃りを剃刀でしてみたい方必見!電気シェーバーとの違いも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月13日

日々の髭剃りはどのような方法で行っているだろうか。剃刀派の方もいれば、電気シェーバー派の方もいるだろう。本記事では、剃刀での髭剃りを行ってみたい方に向けて、剃刀と電気シェーバーの違いから、髭剃り負けしにくい髭剃りの方法まで解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 床屋の剃刀と市販の剃刀での髭剃りの違い

剃刀と言っても、床屋で髭剃りをする際に使用している様な高級な剃刀もあれば、ドラックストアなどで買える市販の剃刀などさまざまな種類がある。最初に床屋の剃刀と市販の剃刀の違いについて紹介する。

床屋で使う剃刀は一枚刃が多い

基本的に床屋で使う剃刀は一枚刃で、普段自分では剃れないような顔の産毛までをキレイに剃ることができる切れ味がある。また市販の剃刀で髭剃りの際によく使われているT字剃刀に比べて、細かい部分のデザインなども行いやすく、切れ味、小回りの点でも市販のものとは特徴が異なる。

床屋の剃刀と市販のものでは上記のような違いがある。床屋にあるタイプの剃刀は切れ味が鋭いため、自分で髭剃りをする際には十分に使い方に注意をする必要があるだろう。

2. どっちが髭剃りにおススメ?剃刀と電気シェーバー

髭剃りをする際に、剃刀以外に使われるのが電気シェーバーだ。電気シェーバーと剃刀にはどの様な違いがあるのだろうか。それぞれのメリット、デメリットを含めた特徴を紹介する。

剃刀の特徴

剃刀で行う髭剃りのメリットは、電気シェーバーに比べて深剃りがしやすい、小回りがきくので、デザインをしやすい、価格が安く初期費用があまりかからない点などがメリットだ。一方デメリットとしては、直接肌に刃を当てる為、肌へのダメージが大きい事、また替え刃を頻繁に交換しなければならないなどのデメリットが挙げられる。

電動シェーバー特徴

電動シェーバーにはさまざまな種類の物があり、回転式、往復式などがある。メリットとしては、肌に優しい、替え刃の交換が少なくてすむ、場所を選ばず髭剃りをできる点などがある。一方デメリットは、剃刀に比べて価格が高いので初期費用がかかる事や、剃刀に比べて深剃りがしにくく剃り残しができてしまう点、また小回りがきかない為、細かいデザインなどには不向きな点などが挙げられる。

以上が代表的な、剃刀と、電気シェーバーの違いだ。それぞれにメリット、デメリットがある為、自分の髭剃りのやり方や、状況にあったものを使うのがよいだろう。

3. 剃刀負けしない髭剃りのやり方

では次に、剃刀負けをしない髭剃りの方法について紹介する。

お湯やホットタオルで髭を柔らかくする

髭剃り前に、お湯やホットタオルで髭を温めることで、髭が柔らかくなり肌への負担を軽減することができる。ホットタオルは濡らしたタオルを30秒ほど温めるだけで簡単に作ることができるので、お手軽に始めることができておすすめだ。

髭剃りは髭の向きに沿って刃を当ててから逆剃りをする

髭の逆剃りは肌への負担を大きくする。まずは髭の向きに剃って順反りをした後に、剃り残しが気になる部分を逆反りでしっかりと剃っていくようにしよう。

剃刀の刃を定期的に交換する

剃刀の刃は直接肌に触れるものなので、清潔に保つことが大切だ。風呂場や洗面台に置いたままにしていると湿度が高く雑菌が繁殖しやすい状態となる。剃刀は専用フォルダーなどを使って、清潔な場所で保管しよう。また、同じ刃を長期間使うことは避け、一定期間で新品と交換するようにしてほしい。

髭剃り後はしっかり保湿する

剃刀負けを防ぐためには、アフターケアも大切だ。正しい方法で髭剃りを行った後には、化粧水や乳液、アフターシェーブローションなどを使用して、乾燥を防ごう。

以上が剃刀負けを防ぐための、正しい髭剃りの方法だ。朝は時間がなくてここまでできないという方も、できることから始めてみてほしい。

4. 剃刀負けしづらい電動タイプのおすすめT字カミソリ

最後におすすめの電動タイプのT字剃刀を3つ紹介する。

ジレット「プログライド フレックスボール パワー 髭剃り」

独自の摩擦軽減モーターにより、刃の滑りをよくし、肌への抵抗を軽減した商品。フレックスボールテクノロジーも搭載しており、毛流れを整え、剃り残しを防ぐことができる商品だ。

ジレット「フュージョン プログライド スタイラー 」

プログライド スタイラーは、深剃りできるのはもちろん、髭を均一の長さにしたり、ラインを整えたりとトリマーとして活用できる剃刀だ。通常の髭剃りだけではなく、髭のデザインもしたいという方にはぴったりだろう。

シック「ハイドロパワーセレクト」

ハイドロパワーセレクトは、シェービングをしながら肌を潤すことのできるモイスチャージェルを内臓しており、肌に優しい剃刀だ。また細かい部分も剃りやすく、部分剃りにも適している。

以上がおすすめの3種類の電動T字カミソリだ。上記以外にもさまざまな電動のT字カミソリが売られているので、自分にあったものを見つけて快適な髭剃りを行おう。

結論

剃刀、電動シェーバーのどちらにもメリット、デメリットがある。その為、自分の使い方や状況に応じて適した物を選ぶのがよいだろう。また、剃刀を使ってみたいが髭剃り負けが気になる方は、本記事で紹介した剃刀負けしにくい方法をぜひ実践してみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ