このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マッスルメモリーとは?筋肉には記憶する期間と取り戻せる期間がある

マッスルメモリーとは?筋肉には記憶する期間と取り戻せる期間がある

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月15日

マッスルメモリーという言葉を聞いたことがあるだろうか?筋肉は、一時的に筋トレをやめても一定期間内に再開すれば、以前と同じくらいの筋肉量に戻ることができる。そのような筋肉の特性をマッスルメモリーと呼んでいる。今回はこのマッスルメモリーの記憶される期間や取り戻せる期間などについて詳しく説明していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マッスルメモリーとは?|ブランクがあっても大丈夫

マッスルメモリーとはそのまま訳すと、「筋肉の記憶」だ。簡単にいうと、鍛えた筋肉には記憶力のようなものが備わっており、トレーニングを一時的にやめても再開すれば、身体が反応し短期間で元の筋肉量に戻る現象のことだ。そんなマッスルメモリーについてはさまざまな研究論文が発表されている。もっとも有力とされている論文は、筋細胞の核の数に着目したものだ。筋細胞はほかの細胞よりもサイズが大きく、たくさんの細胞核が含まれている。この核のおかげで筋肉は肥大することができ、さらに筋トレで増殖した核は、トレーニングをやめても長期間消失せず残っているという。そのため、マッスルメモリーがある方がトレーニングを再開すると短期間で効果が出やすく、人によっては以前よりも筋肉が肥大することもあるのだ。

2. マッスルメモリーが行われる期間

マッスルメモリーが行われる期間などについて解説していこう。

マッスルメモリーが備わるにはどれくらいの期間が必要?

具体的な期間については解明されていないようだが、最低でも2カ月以上のトレーニング、一般的に1年間は継続したトレーニングが必要と考えられている。そもそも、身体の細胞は約3カ月かけて入れ替わるといわれており、そういったことを考慮すると3カ月以上のトレーニングは必要と考えるべきだろう。

若い頃の運動経験がマッスルメモリーを発動させる?!

学生時代に運動部であったり、身体の発達ピーク時になにかしらのスポーツ経験がある方は、マッスルメモリーが発動しやすい傾向にある。身体を鍛えるのは、年を重ねてからではなく、若いうちに始めた方が断然効果的だ。しかし、学生時代に鍛えた経験がある方なら、社会人になってからでも短期間で当時の筋肉まで戻すことも可能だろう。

3. マッスルメモリーで筋肉を取り戻せる期間

ところで、マッスルメモリーに有効期間はあるのだろうか。さらにマッスルメモリーで筋肉を取り戻せる期間について解説しよう。

マッスルメモリーの有効期間

マッスルメモリーは10年から15年くらい安定した効力があるのではないか、と現時点では考えられている。ただし、この期間が経過したらマッスルメモリーの効力はゼロになるか、というとそういう訳ではないようだ。10年から15年ほどの安定期間を経過したマッスルメモリーは、100%から徐々に効力が減少していくということだ。

マッスルメモリーで筋肉を取り戻す期間は?

マッスルメモリーで筋肉を取り戻す期間は、個人差はあるが以前鍛えた期間より短くなる傾向にある。一度鍛えた筋肉は決して無駄になることはない。年をとってからトレーニングをする際にも、マッスルメモリーが存在すればスムーズに効果的にトレーニングできるだろう。筋トレは運動能力が高く、筋肉が発達しやすい若いうちに始めるのがおすすめだ。

結論

マッスルメモリーの大事なポイントは若い時期に筋肉を鍛えること、そして一定期間の継続した筋トレが必要、ということだ。しばらくトレーニングを休んでしまっているという方は、これをきっかけにマッスルメモリーを呼び起こしてみてはいかがだろうか。きっと、以前よりもすばらしい筋肉を手に入れられるはずだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ