このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
礼服と喪服の違いって何?知らないとマナー違反になることもある!?

礼服と喪服の違いって何?知らないとマナー違反になることもある!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月16日

結婚式などで着る礼服と、葬式や通夜で着る喪服の違いをご存知だろうか。単に黒いスーツを使い回しているだけでは、マナー違反になる可能性がある。この記事では、意外と知らない喪服と礼服の違いや、NGな着回し方などについて詳しく解説しよう。礼服と喪服って違うの?と思った方はぜひ一読してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 礼服と喪服の見た目の違いはない

礼服とは、冠婚葬祭に出向く際に着用する服のことだ。そのなかでも葬式や通夜などに着ていく服を喪服と呼ぶため、本来「喪服は礼服の一種」という位置づけである。

礼服と喪服に実際の違いはない

喪服は礼服の一種なので、じつは両者に実質的な違いはない。つまり礼服用に揃えたブラックスーツを喪服として着用しても問題はないのである。

ただ、礼服に正礼服・準礼服・略礼服という格式があるように、喪服にも正喪服・準喪服・略喪服という格式の違いが存在する。正喪服には、正礼装であるモーニングコートや紋付羽織袴が該当し、大きな葬式であれば喪主がこれらを着用するケースもある。

しかし、現在では遺族も弔問客もブラックスーツの着用が一般的となっているため、良質なブラックスーツを一着持っていれば、基本的に慶事にも弔事にも対応できるのだ。

2. 礼服での喪服はビジネス用のブラックスーツはダメ

では、喪服としてビジネス用のブラックスーツを着用するのはどうかというと、基本はNGである。礼服のブラックスーツとビジネス用のブラックスーツには、見た目や素材に違いがあるためだ。

礼服(喪服)のスーツとビジネス用スーツの違いとは

礼服用のブラックスーツは、ビジネス用スーツに比べると深い黒に染められている。黒が濃くなり「漆黒」に近いほど高級だとされる。対してビジネス用の黒スーツは、礼服と比べると多少グレーがかっており、光沢のある生地が使われることが多い。素材も礼服はウールだが、ビジネススーツはポリエステル配合のものもある。

つまり、ビジネス用の黒スーツを喪服としてお葬式に着ていくと、とくに屋外に出たときなどに違いが明確に出てしまうのだ。そのため、葬儀の場には礼服用のブラックスーツ着用が一般的なマナーである。これは女性用のスーツに関しても同様だ。

3. 喪服用の礼服を1着は用意しておく

礼服とビジネススーツは同じように見えても大きな違いがある。そのため急な訃報に備え、1着は喪服としても使えるブラックスーツを用意しておくべきといえるのだ。質のよいブラックスーツが1着あれば結婚式などにも使用でき、着回しもきく。

セールやアウトレットを狙って礼服を購入しておこう

メンズの礼服は、百貨店や紳士服店、イオンやユニクロなどの量販店などで購入できる。ネットショッピングや礼服のレンタルを利用するのもひとつの手だ。ただ、急いで購入すると選ぶ時間が十分になかったり、予想以上にコストがかかったりする。ネットやレンタルでサイズ違いがあっても、交換の時間がないなどの危険もある。

そのため、おすすめなのはセールやアウトレットなどを狙って、時間があるときに礼服/喪服兼用のスーツを購入しておくことだ。ブランド品の礼服(喪服)を格安で手に入れておけば、急な弔事でもほかの出席者と違いを出すことができるだろう。

4. お通夜では略礼服のブラックスーツでも可

喪服としてビジネススーツを着用するのはNGだと説明してきたが、じつは例外としてお通夜ではビジネススーツを喪服とすることも可能だ。お通夜と葬儀・告別式の服装の違いも知っておこう。

お通夜はそもそも略礼服で出席するものだった

お通夜は本来、故人が亡くなった日の夜に「とり急ぎ」行われる行事であり、翌日以降に行われる葬儀・告別式とは意味に違いがある。かつてはお通夜に礼服を着ていくと、あらかじめ不幸を予想していたようで失礼になるため、略礼服(平服)で出席するべきという考え方があったようだ。

現在でも、お通夜では喪服としてビジネス用のブラックスーツ(紺・グレーも可)を着用してもマナー違反には当たらないとされている。ただ、礼服のブラックスーツでお通夜に出席しても問題はない。

お通夜と葬儀・告別式の違いを理解して、礼服とビジネススーツを使い分けるのも上級者のマナーといえるのだ。

結論

喪服とは礼服の一種であり、呼び方は異なるが両者に実際の違いはない。ネクタイなどの小物を変えれば、同じブラックスーツを礼服・喪服に兼用することも可能である。ただし、ビジネス用の黒スーツは、礼服用に作られたスーツとは別物なので注意しよう。正式な葬儀や告別式でビジネス用の黒スーツ着用は避けるのが基本である。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ