このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筋トレ中にアルコールは飲んでよい?鍛えた身体に与える影響とは

筋トレ中にアルコールは飲んでよい?鍛えた身体に与える影響とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月21日

近年、ダイエットや身体作りで筋トレをしている方が増えているが、トレーニングでひと汗かいた後のビールはさぞかし美味しいに違いない。しかし筋トレ中にアルコールを摂ることは問題ないのだろうか。お酒を飲むことでトレーニング効果が台無しになっては意味がない。そこで今回は筋トレとアルコールの関係について解説していく。トレーニング中の方でも注意点さえ守れば、筋トレの努力を無駄にすることなくお酒が飲めるので、ぜひチェックしてもらいたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筋トレ直後のアルコールの摂取はダメ?

結論から述べると、筋トレ中のアルコール摂取はあまりよいとはされていない。お酒を飲むことで、コルチゾールというストレスホルモンが分泌される。このコルチゾールはせっかく鍛えた筋肉を分解する作用があるのだ。また、筋肉の増量作用があるテストステロンは筋トレ後のアルコール摂取で減少してしまい、筋肉が増えにくくなる。筋肉の回復に使われるたんぱく質もアルコールの分解に使用されるため、やはり筋トレの効果は薄くなってしまうのだ。
さらには高カロリーなおつまみや、糖質が高いお酒を飲むことで体脂肪がつきやすくなる。これでは筋トレした意味がなくなってしまう。トレーニング効果を最大限に発揮させるためにも、筋トレ直後のアルコールは控えるべきなのだ。

2. アルコールの用量を守れば筋トレの効果が上がる

お酒好きの方なら、筋トレ後のアルコールは頑張った自分へのご褒美と考える方もいるだろう。筋トレ後のアルコールは避けるべきと前述したが、絶対に飲むのはNG!というわけではない。容量や飲む時間さえ守れば、禁酒によるストレスも減り、逆に筋トレ効果が上がるとも考えられているのだ。

一般的に筋トレ後にお酒を飲むと、筋肉増量作用であるテストステロンが減少する。しかしこれはアルコールを一気に大量摂取した場合や、継続的にアルコール摂取を続けた場合だ。近年では、適度な量のアルコールであれば、テストステロンは減少するどころか、反対に増加するともいわれているのだ。ただし、適量であっても筋トレ直後の飲酒は避け、時間を空けて飲むように心がけよう。

3. 筋トレ中はアルコールを摂取する時間を空ける

筋トレ中のアルコール摂取は、飲む時間や量を守ることが大切だ。お酒を飲む場合は、筋肉の修復と合成が行われる筋トレ後のおよそ48時間以内は避けてほしい。また、筋トレ直後のアルコールは、トレーニング効果に影響を及ぼすだけでなく、通常より酔いやすくなったり、脱水症状が起こるといった身体への悪影響も懸念される。筋トレ直後は、プロテインのようなタンパク質を摂ることが望ましいだろう。

時間を空けてお酒を飲む場合でも、お酒の種類に注意する必要がある。糖質が多いお酒を飲むと、カロリーが高いことから脂肪がつきやすくなる。お酒を飲む際は糖質が低いものを選ぶといい。おつまみも同様に、揚げものやスナック菓子など高カロリーなものは控えるようにすることもポイントだ。アルコールは食欲を増進させる作用があるので、とくにおつまみの食べ過ぎには気をつけよう。

4. 筋トレに影響を与えにくいアルコール

ここではせっかくの筋トレ効果を無駄にしない、筋トレに影響を与えにくいアルコールや注意したいアルコールについて紹介する。

糖質が低いアルコールを選ぼう

焼酎やウイスキー、ブランデーなどの、いわゆる蒸留酒は糖質が低く、脂肪はつきにくいので適量であれば問題ない。ただし、蒸留酒はアルコール度数が高いため、あくまでたしなむ程度で飲み過ぎないことが大切だ。

ビールには注意!

糖質が高いお酒の代表は、ビールやワイン、日本酒といわれる醸造酒である。アルコール度数が低めで飲みやすいビールは、カロリーの過剰摂取になりやすいので注意したい。

筋トレ中はお酒を飲まないことがベストだが、仕事の付き合いなどで飲まざるを得ないこともあるだろう。そういった場面では、飲む量やアルコールの種類などに気をつけて上手にアルコールを摂取してほしい。

結論

筋トレ中のアルコール摂取は、絶対的によくないというわけではない。むしろストレス解消やリラックス効果など、お酒を飲むメリットもあるのだ。大切なのはお酒の種類や量、飲む時間を守ることである。筋トレが無駄にならないように、上手くお酒と付き合ってほしい。
  • 更新日:

    2020年11月21日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ