このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツに合うマフラーの選び方!オシャレな巻き方やおすすめブランド

スーツに合うマフラーの選び方!オシャレな巻き方やおすすめブランド

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月 4日

冬のビジネススタイルと合わせるマフラーは、防寒対策としてだけでなく、オシャレを格上げするアイテムでもあるので、慎重に選びたい。今回はスーツに合うマフラーの選び方やおすすめのブランド、マフラーの巻き方などについて解説するので、マフラーの購入を検討している方はぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スーツに合うマフラーの選び方

まずはスーツに合うマフラーの選び方から解説していく。

スーツに合うマフラーの色の選び方

スーツに合うマフラーの色を選ぶときに注意するポイントは、目立ちすぎない落ち着いたカラーを選ぶということである。一般的にビジネススーツに使われているようなブラック、グレー、ネイビー、ブラウンなどの定番カラーをセレクトすると失敗がないだろう。

コートがブラックならグレーやネイビー・ブラウンを選ぶ、コートがグレーならブラックやネイビー・ブラウンを選ぶというようにコントラストをつけるようにするとよい。

スーツに合うマフラーの柄の選び方

スーツに合わせるマフラーは、大きく柄の入ったものは避け、無地や細かい柄のものを選ぶとよい。一目でブランドものとわかるようなロゴが入ったものも避けたほうがよいだろう。ビジネスシーンにはピンストライプやグレンチェック、千鳥格子などの、クラシカルで上品な柄がふさわしい。

スーツには織り物のマフラーを選ぶ

マフラーには編まれたものと織られたものの2種類がある。セーターのような編み物のマフラーはボリュームが出やすくカジュアルな印象になるので、ビジネスシーンには向かない。織り物のコンパクトなマフラーを選ぶのがよいだろう。カシミアのマフラーなどは、肌触りがよく見た目にも上質なので、大人の男性におすすめである。

2. スーツに合うマフラーのブランドは?

次にスーツに合うマフラーが揃っているおすすめのブランドをご紹介する。

Paul Smith (ポールスミス)

イギリスのブランド「ポールスミス」はメンズマフラーといえば定番のブランドである。伝統的で上品なデザインの中に、ポップなかわいらしさをさりげなく取り入れたものが多く、若い男性に人気のブランドである。

CALVIN KLEIN(カルバンクライン)

アメリカのブランド「カルバンクライン」は、シンプルでモダンなデザインが人気のアメリカのブランドである。モノトーンのスタイリッシュなデザインのマフラーが多いため、都会的な雰囲気を出したいという方におすすめだ。

JOHNSTONS(ジョンストンズ)

「ジョンストンズ」はカシミアのマフラーで有名なイギリスのブランドだ。英国王室御用達の老舗ブランドなだけあって、ベーシックで上質なマフラーが揃っている。凝ったデザインではなくシンプルなものを好む方にはおすすめのブランドである。

Ralph Lauren(ラルフローレン)

ポロシャツでおなじみのアメリカのブランド「ラルフローレン」は、イギリスの伝統的なデザインとアメリカのカジュアルテイストを持ち合わせたブランドである。上品な印象のアイテムが多いのが特徴だ。

GIORIGIO ARMANI (ジョルジオアルマーニ)

スーツで有名なイタリアのブランド「アルマーニ」。上質で肌触りがよく、ラグジュアリーな雰囲気のデザインが揃っているため、いつものスーツスタイルもセンスアップしてくれるだろう。

3. スーツに合うマフラーの巻き方は?

同じマフラーでも巻き方によって印象は変わるものだ。最後にスーツに合うマフラーの巻き方を解説する。マフラーの長さや柄に合わせていろいろな巻き方にアレンジしてみよう。

コンパクトで温かい「ワンループ巻き」

スタンダードな巻き方のひとつがワンループ巻きだ。マフラーを二つ折りにたたんで輪を作り、反対側の端を通すだけなので簡単に巻くことができる。コンパクトになるのでスーツと相性がよく、首元にフィットして温かいのがメリットだ。ただし長いマフラーではバランスが悪くなってしまうこともある。

大人っぽくスマート「1周巻き」

長さのあるマフラーの巻き方としておすすめなのが1周巻きである。マフラーをぐるっと1周巻くだけなので簡単なうえに、縦のラインを協調するのでスマートで大人っぽい印象を演出できるだろう。

エレガントで上品「ニューヨーク巻き」

エレガントで上品な印象を作るならニューヨーク巻きがおすすめだ。まず、片方が長くなるように一周巻きをしたら、左右の端を交差させる。ひと結びして形を整えたら完成だ。首元が開いたチェスターコートなどと相性のいい巻き方である。

オシャレ上級者におすすめ「ピッティ巻き」

ピッティ巻きはミラノ巻きとも呼ばれ、オシャレ上級者におすすめの巻き方だ。まずは1周巻きをして、どちらか1方を長めにしておく。短いほうを首に巻いた輪の内側から少し引き出して小さな輪を作り、長いほうのマフラーの端を輪に通す。最後に形を整えれば完成だ。胸元が華やかな印象になるので、ほかの人と差をつけたいというときに試してみてほしい。

結論

今回はスーツに合うマフラーの選び方や巻き方、おすすめブランドについて解説した。普段着用のマフラーを選ぶときとは異なり、ダークカラーでベーシックな柄のものをセレクトするのがおすすめだ。ほかの人との差をつけたいときは巻き方を変えてアレンジを楽しんでみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ