このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男もすね毛は処理して当たり前?!最適なお手入れ方法や悩みも解決

男もすね毛は処理して当たり前?!最適なお手入れ方法や悩みも解決

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年12月 8日

近年、男性の中にも美容に関して高い意識を持つ人が増えているが、すね毛の処理はどうしているだろうか。清潔さや女性からの好感度が高いことから、お手入れをする人も増えてきているという。そこで今回は、男性のすね毛についての疑問を解決し、正しいやり方やコツを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. すね毛処理は男性もすべき?

男性がすね毛の処理をするなんて男らしくない!と感じる人もいるだろう。しかし、すね毛のお手入れをすることはメリットが多いうえに、女性からの好感度が高いのも実情だ。すね毛はツルツルにすべて処理すればよいというわけでもなく、量を整えてほしいと思っている女性が大半のようである。また、すね毛の処理を行うことで半ズボンや水着など、足を出すことに抵抗がなくなり、オシャレの幅を広げることができる。すね毛が少ないことで暑い夏も蒸れることから解消され、怪我をしてもケアしやすいなど、生活するうえでもラクになることがたくさんあるのだ。

しかし、すね毛処理をすることで肌のトラブルを引き起こす可能性もあり、脱毛に通う場合はお金がかかってくることも否めない。それをふまえたうえで、すね毛の処理を考えてみるのもよいだろう。

2. すね毛処理の正しいやり方とは?頻度やコツも

ここでは、すね毛を処理するときの正しいやり方やコツを紹介する。すね毛は長く伸びきった状態のまま処理すると、カミソリに引っかかったり、ムラになったりとキレイに処理がしにくくなる。そのためお手入れしやすいように、事前にある程度ハサミでカットしておくのがおすすめだ。後からキレイに処理するので、あまりこだわらずに適当な長さまでカットしてよいだろう。すね毛を処理する方法はいくつかあるので紹介していこう。

カミソリ

自宅で手軽に処理しやすいのは、カミソリだ。すね毛専用のすきカミソリなどが販売されており、安価で購入することができる。カミソリの刃を寝かせ、毛に逆らうようにして下から上へ動かして処理しよう。あまり頻繁にカミソリですね毛の処理を行うと、カミソリ負けを引き起こす可能性もあるため、週に1回程度が適切といえるだろう。

除毛クリーム

痛みを感じず処理したい場合は、除毛クリームがおすすめだ。除毛したい部分にクリームを塗り、数分放置した後拭き取ればよい。薬剤で毛を溶かして除去するクリームなので、肌が弱い人はパッチテストを行うことも忘れずにしてほしい。また、除毛クリームは肌表面への負担もあるため、使用頻度は最低でも週に1回程度にするのがよいだろう。

ボディーシェーバー

ボディーシェーバーは、手軽にどこでもお手入れできる便利道具だ。長さを調節できるキットを選べば、すね毛を好みの長さや量に調節できるので、失敗することも少ないだろう。髭剃りやもみあげ処理と兼用できるものを選べば、1本で身だしなみを整えることができるのも魅力だ。カミソリに比べて肌への負担は少ないものの、やりすぎると肌トラブルを起こしかねないため、週に2~3回程度が適切であるといえるだろう。

また、すね毛の処理後には刺激から肌を守るために、ボディークリームなどで保湿することも覚えておきたい。

3. すね毛の処理はすくだけというやり方もおすすめ

すね毛をすべて処理するというのもひとつだが、量をすいてナチュラルな残し方をするのもおすすめだ。女性からは、全身ツルツルに脱毛するよりも、違和感のない程度に毛が生えている方が好感を得られるようだ。すくだけなら、すね毛処理後のかゆみやチクチクを感じることも少ないので、理想のやり方とも言えるだろう。

すね毛をすく方法もいくつかある。ボディー用のバリカンは肌を痛めることが少なく、自分好みの長さに調節することができるアイテムだ。毛の量がさほど濃くなく、長さを整えたいという人にはスキバサミがよい。毛の量の調節がしやすいため、すね毛処理初心者の人や肌荒れしやすい人にはおすすめの方法である。

また、ピンセットですね毛を抜いて処理するやり方は、毛穴や肌へのダメージが大きいことから、なるべくやらないようにしてほしい。

4. すね毛処理への疑問解決!おすすめの頻度ややり方とは

すね毛処理をした後のチクチク感や、かゆくなるのが苦手でお手入れしないという人もいるだろう。そんな人に最適なのが、脱色や日焼けをすることだ。すね毛の処理というよりは、地肌と毛色をコントラストさせてすね毛を目立たなくするやり方だ。脱色の場合、薬品を直接肌に塗布するため、肌が弱い人は事前にパッチテストをしておくことをおすすめする。

また、カミソリですね毛の処理をした場合、毛の断面が見えて濃くなったように感じることもあるかもしれない。気になる人は、毛穴の奥まで浸透して作用する除毛クリームの方が、濃さを感じにくくなるだろう。

すね毛処理の頻度は前述したように、基本的に肌への刺激が強いカミソリは週に1回、電気シェーバーだと週に2~3回程度が適切のようだ。あまり頻繁にすね毛処理を行うと、かゆみやかぶれ、肌の乾燥を引き起こしやすくなるため注意しておきたい。

結論

すね毛の処理は身だしなみの一環として、お手入れするべきだと考える男性も増えてきている。すね毛の濃ゆさがコンプレックスで悩んでいる人も、お手入れすることでオシャレをもっと楽しめるようになるだろう。自分がやりやすい方法で、ぜひすね毛のお手入れをやってみてもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ