このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ストレッチポールで腰痛対策!おすすめの使い方や人気の商品を紹介!

ストレッチポールで腰痛対策!おすすめの使い方や人気の商品を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年12月 8日

長時間のデスクワークや車の運転などで、腰が痛くなるという人も多いのではないだろうか。今回は、そんな腰痛を予防、対策するのにおすすめのストレッチポールについて紹介しよう。誰でも簡単にセルフケアできるので、ぜひ試してみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ストレッチポールは腰痛対策におすすめ?

そもそも、ストレッチポールとは固まった姿勢や、筋肉をあるべき姿に整えてくれる円柱形のストレッチグッズである。プロのケアを再現できるツールとして、スポーツだけでなく、フィットネスや医療現場でも使用されている。

デスクワークや車の運転、スマホ操作など、日常生活では前かがみの姿勢になりやすい。前かがみになって筋肉が凝り固まると、腰痛や肩こりなどの原因となる。そんな筋肉を緩めて、骨格を整えてくれるのがストレッチポールだ。

ストレッチポールを使えば、誰でも簡単に身体をケアし、リセットできる。腰痛の予防や対策にもおすすめのツールといえるだろう。身体に疲れを感じている人、姿勢を改善し腰痛予防をしたいという人は、ぜひ自宅に取り入れてみてほしい。

2. ストレッチポールが腰痛予防になる理由とは

腰痛の原因には、長時間同じ姿勢でいるデスクワークや運動不足による血流低下などがあげられる。また、猫背や反り腰の人も腰痛になりやすい。また、ぎっくり腰はこれらに身体が耐えきれなくなったときに起こるともいわれている。

日頃から、ストレッチポールを使ってきちんとトレーニングをすれば、血流もよくなり、腰痛になりにくい正しい姿勢に矯正できる。ストレッチポールでは、疲れが溜まった太ももを簡単にほぐせるなどさまざまな部位に使えるのも魅力だ。活用方法も多いストレッチポールは、1つ持っておくと重宝するだろう。

3. 腰痛予防向け!ストレッチポールの使い方

ここでは、ストレッチポールの基本の使い方と腰痛予防におすすめの使用法を紹介しよう。まずは、ストレッチポールの使用前後の効果を感じるために、立ったときの足の感覚や片足立ちのバランス感を覚えておくことが大切だ。前屈や腰反らしなどを行って今の状態を確認しておいてほしい。

今の自分の身体の状態を確認したら、ストレッチポールを縦に置き、その上に仰向けになろう。手のひらは天井に向け、足は肩幅よりやや広く広げて地面につける。これが基本姿勢だ。骨盤を水平に左右にスライドさせる動きをすれば、骨盤の左右差を解消したり、腰の前傾を修正したりする腰痛予防運動につながる。

ストレッチポールは、腰の痛みがない場合に使用しよう。日頃から積極的に取り入れることで、腰痛とは無縁の身体を作ることができる。

4. 腰痛対策おすすめストレッチポール3選

ここでは、腰痛対策におすすめのストレッチポールを紹介しよう。

LPN|ストレッチポール(R) EX

『LPN(エルピーエヌ)』の「ストレッチポール(R) EX」9,350円(税込)は、フィットネスクラブやジムなどでも多く使われている。ストレッチポールには、取扱説明書やエクササイズDVDも付いているので初めて使用するという人も安心だ。カラーバリエーションも豊富なので、ぜひお気に入りのカラーを見つけてみてほしい。公式オンラインショップで購入できる。

SIXPAD|ボディポール

『SIXPAD(シックスパッド)』の「Body Pole(ボディポール)」3,190円(税込)は、筋トレやストレッチ、腰痛予防に至るまでさまざまな用途で使用できるストレッチポール。ストレッチ効果を得やすい高さ設定や反発性や強度に優れた素材にこだわっているのも魅力だ。

B.M.S. fit|フォームローラー(スーパーソフト DXタイプ)

『B.M.S. fit(ビーエムエスフィット)』の「フォームローラー(スーパーソフト DXタイプ)」は、長さ1mのストレッチポール。男性のストレッチにも対応する長めのサイズが魅力だ。凝り固まった身体のストレッチや腰痛予防運動をしっかりサポートしてくれるだろう。

結論

腰痛予防のためのストレッチポールの使い方やおすすめ商品を紹介した。デスクワークや車の運転など、一定の姿勢を保つことが多い日常生活では、筋肉が凝り固まりやすく、腰痛になるリスクも高い。ぜひ、ストレッチポールを取り入れて身体をケアし、腰痛になりにくい姿勢にリセットしよう。体の疲れも軽減し、姿勢改善の効果も見られることまちがいない。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ