このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ストレッチポールで腹筋を鍛える!基本のやり方から応用編までご紹介

ストレッチポールで腹筋を鍛える!基本のやり方から応用編までご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2020年12月 6日

筋肉をゆるめ、骨格を整えたり筋力アップが狙えたりするストレッチポールは、自宅でも簡単にエクササイズができるため、男女問わず人気がある。さまざまな身体の部位を鍛えることができるアイテムで、もちろん腹筋を鍛えるのにも使うことが可能だ。そこで今回は、 ストレッチポールを使用した、さまざまな腹筋の鍛え方をご紹介しよう。

  

1. ストレッチポールで手軽に腹筋を鍛える

まずは、 ストレッチポールを活用したトレーニングには、どんなメリットがあるのかをご紹介していこう。

ストレッチポールで行う腹筋運動のメリット

ストレッチポールでのトレーニングでは、身体のバランスを整えることができる。何も使わずに腹筋をするよりも、バランスをとる際に働く腹斜筋や腹横筋がよく動くため、より効率的に腹筋を鍛えたいと考える方にもおすすめだ。

また、ストレッチポールは筋トレにも使えるが、ストレッチもできる便利な一面も兼ね備えている。さらには、リラックスできたり、ストレス発散になったりと、腹筋運動などの筋トレ以外にも魅力があるアイテムだ。

インナーマッスルも同時に鍛える

身体のバランスを整えるストレッチポールは、腹筋だけでなくインナーマッスルを同時に鍛えるのにも向いている。ストレッチポールは、身体ひとつではできないようなエクササイズができるため、身体にとってより刺激的なアプローチが可能だ。インナーマッスルが鍛えられることで、間接や骨が正しい位置に戻り、身体のゆがみを整えることもできるだろう。

2. ストレッチポールで腹筋運動のやり方

続いては、ストレッチポールを用いた腹筋運動の具体的なやり方をご紹介していこう。

上体起こし

腹筋運動の基本ともいえる上体起こしも、ストレッチポールを使えば、より負荷を与えることができるはずだ。まずは、ストレッチポールに頭からお尻にかけての上半身を真っすぐのせ、足は床におろす。かかとをしっかり床につけたまま、ゆっくりと上半身を起こすのが基本の動きだ。10~20回程度を1セットに、1日3セットほど行うといいだろう。

身体が左右に動かないよう、直線を意識するのがコツ。また、身体を丸めるように意識しながら腹筋行うことも覚えておこう。

脚の上げ下

  • 上体起こし同様に、ストレッチポールに上半身を真っすぐ乗せる。背骨を乗せるイメージで行うとやりやすい。
  • 膝を曲げずに脚を真っすぐ伸ばし、ゆっくりと上下に動かそう。どうしても腰が反ってしまう場合は、膝を曲げて行ってもよい。
脚を上下させるトレーニングは、腹筋の下部を鍛えたい方におすすめの方法だ。1日20回程度を目標に取り組んでみてほしい。

3. ストレッチポールで腹筋と同時に肩甲骨にもアタック!

ストレッチポールは、さまざまな部位にアプローチできる便利なアイテムだ。そのため、腹筋だけでなく、併せて肩甲骨を刺激するのもいいだろう。 ストレッチポールを使用して肩甲骨にもアタックをすると、どんなメリットがあるのかをご紹介する。

肩甲骨をほぐすメリット

日頃の生活のなかで、私たちの身体は前傾姿勢になりがちだ。パソコン作業や物事に集中しているときなど、ついつい背中が丸まり、肩甲骨が固くなることがある。そんなこり固まった肩甲骨をほぐすのにも、ストレッチポールは一役買ってくれるだろう。

やり方は、ストレッチポールに上半身を乗せ、両腕を天井に向かって伸ばす。脇の部分が直角にならないよう、おへそ当たりまでにとどめておくのがコツだ。そのまま肘を曲げずに上下に動かせば、肩甲骨にアタックできるため、腹筋運動と併せて試してみてほしい。

肩こり予防にも

肩甲骨をほぐすことで、肩こりの予防にもなる。良い姿勢が作りやすくなるため、身体が楽に感じることもあるだろう。ストレッチポールは、使い方次第で腹筋だけでなく、肩こり予防もできる優れものだ。

4. ストレッチポールの腹筋運動に合わせるとさらに効果的

ストレッチポールだけでも理想の身体を目指すことができるだろう。さらに効率的に身体を鍛えるためにおすすめの方法をご紹介する。腹筋運動と併せて取り入れてみてほしい。

有酸素運動をプラスする

ストレッチポールはリラックスできたり、筋肉をゆるめたりすることができるため、有酸素運動と組み合わせるのもおすすめだ。激しい動きとゆっくりとした動きを組み合わせるのは、ジムでもよく取り入れられている。

ストレッチポールは、胸の筋肉やももの内側などさまざまな部分の筋肉をほぐすことができる。腹筋を鍛えるための激しい運動の前後に行うことで怪我の防止にもつながるだろう。

呼吸法を意識する

呼吸が浅いと酸素が身体中に行きわたらず、血行不良や疲労感の増幅をもたらす可能性がある。ストレッチポール活用して正しい姿勢を意識して使うことで呼吸が深くなり、コアな筋肉にアプローチできるといわれている。深い呼吸をすることで腹筋によりアプローチできる可能性もあるため、ストレッチポールを使う際は、呼吸法も意識してエクササイズを行おう。

結論

ストレッチポールは上手に使いこなすことで、効率的に腹筋を鍛えることができる。また、肩甲骨にアプローチをすることで肩こりなどの予防効果も期待できるだろう。腹筋を鍛えると同時に、身体のさまざまな部分にストレッチポールでアプローチして、理想の体型を目指してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2020年12月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ