このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
話題の筋膜リリース!やりすぎに気をつけて正しく行おう

話題の筋膜リリース!やりすぎに気をつけて正しく行おう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年12月20日

身体のコリを解消してくれる筋膜リリース。効果を期待し無理して頑張ったり、痛気持ちよくてクセになってしまったりと、ついやりすぎたという方も多いのではないだろうか。そんな方のために、どのくらいのペースでするのがよいのか、また、やりすぎはなぜよくないのかについて解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. やりすぎ注意!そもそも筋膜リリースとは?

筋膜とは、筋肉を包む薄い膜のことで、身体全体の筋肉に張りめぐらされているため、組織を支える第二の骨格ともいわれている。筋膜は非常に柔らかい組織のため、悪い姿勢や足を組むなどの同じ体勢を長時間とることで、からまったりねじれてしまう。このような筋膜の萎縮や癒着が、コリや痛みの原因となってしまうのだ。また、からまった筋膜は解きほぐすことで元の状態に戻すことが可能。マッサージやローラーなどを使って、筋膜を柔らかくし、解きほぐすことを筋膜リリースという。筋膜リリースは自分で行うセルフリリースが広く知られているが、施術院などでも受けることができる。

セルフ方式

セルフ方式でよく用いられるのが、フォームローラーと呼ばれる筒状のフィットネスグッズである。表面に凹凸状の突起があり、それを身体のほぐしたい部位に当てて圧をかけることで筋膜をほぐしてくれる。凹凸の形状や硬さなどいろいろな種類があるので、自分に合ったものを見つけることが大切だ。セルフ方式のメリットは朝や寝る前、テレビを見ながらなど、ちょっとした隙間時間で行えることだろう。また、力加減などを調節できることもメリットのひとつといえる。しかし、自分で調節できることがかえってやりすぎにつながることもあるので注意が必要だ。やりすぎは逆効果となるので正しいペースですすめることが大切だ。

施術院

整骨院や整体院、病院などで筋膜リリースを行っているところもある。施術者が素手でマッサージをする手技、筋膜リリースのための施術機器であるメディセルの使用、鍼など施術院によってさまざまなやり方が存在する。先生と相談しながら治療を進めることができ、自分では難しい部位まで治療することも可能だ。正しい知識と経験のある先生に施術してもらえるので安心して受けることができるだろう。セルフリリースだと、ついやりすぎてしまう方にもおすすめだ。

2. 筋膜リリースはやりすぎるとよくない?

筋膜は全身に張りめぐらされているため、身体全体のつながりを感じつつ行うことがポイントだ。筋膜リリースは痛気持ちいいと感じるくらいの圧力で、90秒以上かけてゆっくり行うとよい。痛いほうが効果的な気もするが、それではやりすぎになるので注意しよう。筋膜リリースを行う際は、正しいペース、適度な力加減で進めていくことが重要だ。

筋膜リリースを行うベストな頻度は?

筋膜リリースを行うペースは毎日でもよい。こまめに解きほぐすことが理想であるともいわれている。可能であれば隙間時間を見つけ、1日3回(午前・午後・入浴後)行ってもいいだろう。もちろん個人差や体調なども関係してくるので、毎日行うことが必ずしもよいとは限らない。自分に最適な頻度を見つけて「継続」して行うことが何より大切だ。

やりすぎには注意!

ローラーを使う場合も使わない場合も、痛いと感じたら、それは力の入れすぎなので気をつけてほしい。また、コリやハリとは異なる痛みや違和感を感じたときにはすぐにやめよう。筋膜リリースは正しい方法で行わなければ、ケガや不調につながることがある。無理にアレンジしたり、やりすぎることがないよう十分注意しよう。

3. 押さえておきたい!筋膜リリースの注意点

身体に嬉しい効果をもたらす筋膜リリースだが、やりすぎや不調なのに無理して行うことはやめよう。筋膜リリースがおすすめできないときについて解説しよう。

ケガをしているとき

筋膜リリースは、マッサージをしながら筋肉をほぐすことで血行促進につながる。ケガをしているときは、内出血や炎症を起こしている恐れがあるため、血行がよくなるとかえって悪化させてしまうことがある。軽いケガだから、といって別の部位を筋膜リリースするのも注意が必要だ。筋膜リリースは、さまざまな姿勢をとりながらマッサージを行うので、ケガをしているところにも無意識に負荷をかけてしまう可能性があるからだ。ケガをしているときには、一旦中止して治ってから再開しよう。

もみ返しがひどいとき

筋膜リリースは、強い力で行うと効果が上がると思っている方も少なくないだろう。しかし、やりすぎや力の入れすぎは、さらにからまりやねじれが生じ、炎症につながることもあるのだ。やりすぎは逆効果となってしまうので、もみ返しがあるときには無理をせず休むことが大切だ。

結論

身体のコリやハリをほぐしてくれ、体調改善にもつなげることができる筋膜リリース。ただし、やりすぎはかえって身体の不調を引き起こす可能性もある。正しい知識を身につけて、自分に合う頻度や方法で行うことが一番効果的といえるだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ