このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サングラスはスポーツの必須アイテム!競技や用途に合わせて選ぼう

サングラスはスポーツの必須アイテム!競技や用途に合わせて選ぼう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月 4日

サングラスをスポーツする際に着用しているだろうか?スポーツ用サングラスは、紫外線カットや目の保護などスポーツをする方に欠かせない大事な役割を担っている。しかし、一口にスポーツ用サングラスといっても機能性はさまざまなのである。そこで、選び方や使い方を詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一般的なサングラスとスポーツ用との違いとは?

一般的なサングラスとスポーツ用サングラスには、違いがあるのだがどういった点かおわかりだろうか?

一般的なサングラスは、ファッションの一部として扱われることが多く、鼻や耳で支える仕様のものが基本だ。しかし、スポーツ時にサングラスを使用する場合、激しく動いたり長時間太陽に当たる競技などでは求められるものが変わってくる。スポーツ用サングラスは、ずれにくく疲れにくいものであることが条件だ。顔にフィットするものや衝撃に強く伸縮性に優れているもの、軽量であることも優れたスポーツ用のサングラスだといえるだろう。

サングラスはスポーツをする方にとって非常に大事な役割を担っており、競技に集中するためにも視界を遮らないことが必要だ。高性能な調光レンズや偏光レンズなど、レンズの種類も選ぶ際には注意してほしい。

2. スポーツ用サングラスの選び方とは?

サングラスを選ぶときには、タフさや明るさ軽減機能などの機能性で選ぶとよいだろう。また、購入時には実際の販売店舗に行って購入することがおすすめだ。実際に試着することで、軽いか重いかの判断や輪郭に合うかどうかの確認ができる。それでは、選び方とポイントを紹介しよう。

度付き

普段はメガネやコンタクトなどを着用している方でもサングラスはスポーツ用のものがおすすめだ。スポーツ用サングラスは度付きであっても、度なしのものと重さがほぼ変わらず、オーバーグラスのため視界がより広いなどのスポーツに適したメリットがある。販売店舗によって、乱視用のサングラスも購入することが可能だ。

フィット感

スポーツ用サングラスを選ぶポイントとして、フィット感も忘れてはならない。激しい動きをする競技は、なおさらずれにくい仕様のものを選んでほしい。鼻や輪郭にフィットするかどうかを見るためには、店舗で試着するのがよいだろう。


サングラスをスポーツ用で探す場合、リーズナブルなものからブランドなものまでさまざまある。また、ケースがセットになっているものなども販売されているので、予算に合わせて選ぶとよいだろう。

3. スポーツタイプのサングラスが秋冬にもおすすめの理由

スポーツ用サングラスが秋冬にもおすすめの理由は、紫外線が深く関係している。紫外線が目から入ることで、メラニンが生成されシミができたり肌の色が黒くなったりなどはよく知られているとだが、このほかにもおすすめの理由があるので紹介しよう。

病気予防

目の角膜に紫外線が当たることで、電気製眼炎という角膜が炎症を起こして充血や目の傷みなどの症状が出ることがある。また、紫外線は目の中で蓄積されてしまうため、白内障やドライアイを引き起こすリスクがある。

疲労軽減

紫外線が目から入ると脳から疲労物質がでることが近年の研究でわかっている。サングラスをかけてスポーツをすることで、目から入る紫外線量が減り、疲れにくくなるというものだ。

ウインタースポーツ

冬になるとウインタースポーツを楽しむ機会も増えるだろう。太陽に近く標高が高い位置にあるゲレンデでは、紫外線量が普段より増える。ウインタースポーツは動きが激しいものが多いので、一般的なサングラスではなく、ずれにくく耐久性に優れたスポーツ用サングラスを使おう。

一般的なサングラスでも正面の紫外線はカットできるが、側面から入る紫外線はカットすることができない。そのため、顔にフィットするサングラスを着用することで目から入る紫外線をきちんとカットできるのである。

以上の理由から、サングラスは紫外線や日の強さが弱まる秋冬にもスポーツをする際に着用することをおすすめしたい。

結論

今回は、スポーツ用サングラスについて紹介した。サングラスをスポーツに合わせて選んではいかがだろうか?スポーツ用サングラスを長く愛用するためには、メンテナンスも重要だ。レンズの傷やフレームのゆがみなど、少しのことでもスポーツ選手のパフォーマンスに関係してくる。そのため、水で汚れを落としたあと、専用のレンズ拭きクロスで仕上げよう。間違っても乾拭きは止めておいた方がよさそうだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ