このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蝶ネクタイはシャツと相性バツグン!種類や選び方までご紹介

蝶ネクタイはシャツと相性バツグン!種類や選び方までご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年1月 6日

カジュアルからフォーマルまで、多くのシーンで活躍する蝶ネクタイとシャツは、メンズにとって1セット持っておくと重宝する。上手に選んで組み合わせることで、ワンランク上のオシャレも楽しめるアイテムだ。そこで今回は、蝶ネクタイの基本の情報と一緒に、コーディネート例や上手な選び方などを一挙にご紹介しよう。

  

1. メンズにも!蝶ネクタイとシャツの組み合わせがおすすめの理由

蝶ネクタイとシャツの組み合わせは、相性がいいアイテムだ。素材やデザインなどを考慮すれば、カジュアルからフォーマルにまで用いることができる。また、蝶ネクタイは、定番のネクタイとの差別化もでき、シャツと合わせて着こなすことで、印象アップにもつながる。蝶ネクタイとシャツの組み合わせは、本来結婚式などに用いられていたが、現代ではカジュアルファッションのアクセントとしても活用できるので、ぜひ取り入れてみてほしい。

2. シャツに合う蝶ネクタイは4タイプある

一口に蝶ネクタイといっても、実は4種類に分類される。どんな種類があるのか詳しく見ていこう。

バタフライ

両サイドの縦幅が、およそ8㎝前後の蝶ネクタイのことを指す。伝統的なスタイルの蝶ネクタイで、海外では広く親しまれている比較的ボリュームがあるアイテムだ。シンプルなシャツに合わせると存在感がある。

セミバタフライ

両サイドの縦幅が、およそ6㎝前後の蝶ネクタイのことを指す。手ごろなサイズ感なので、使いやすく初心者にも人気があるタイプだ。フォーマルなシーンにもよく使われるアイテムで、どんなシャツにも合わせやすい。

ストレートエンド

両サイドの縦幅がおよそ4㎝前後の蝶ネクタイを指す。中央から両サイドまで、ほとんど広がりがなく、バットウイングと呼ばれることもある。すっきりとしたシルエットで小ぶりなのも特徴的だ。

ポインテッド

両サイドの先端がとがっているタイプの蝶ネクタイで、フォーマルではもちろん、普段使いもしやすい。左右非対称のアイテムもあり、カジュアルなシャツとも相性がよい。

3. 蝶ネクタイをシャツに組み合わせたコーディネート例とは?

蝶ネクタイは、素材やデザインに注意することで、シーンや季節に合わせたコーディネートが楽しめる。具体的にはどのようなコーディネートがあるのかご紹介しよう。

フォーマル

結婚式などのフォーマルなシーンでは、タキシードや燕尾服と合わせるのがおすすめだ。また、シャツの襟はウィングカラーやレギュラーカラーなど、ある程度フォーマルなものであればマナーの範囲。フォーマルなシーンでは、なるべく光沢感のある素材を使用した蝶ネクタイを選ぶようにしよう。よりオシャレに着飾るなら、ベストやサスペンダーをプラスするのもよい。

カジュアル

コットンやウールなど、光沢感が少ない素材の蝶ネクタイを使えば、カジュアルなコーディネートに仕上がる。また、シンプルなシャツにチェックなどの柄の入った蝶ネクタイを合わせたり、刺繍入りのシャツを合わせたりするのもおすすめだ。よりカジュアルダウンするには、ボトムスをデニムにしたり、シャツのうえにニットを重ねたりするのもいいだろう。

春夏のコーディネート

春夏の気温が温かい時期には、ジャケットははおらずに蝶ネクタイとYシャツだけでオシャレを楽しむのもいいだろう。また、シャツを半袖にしたり、涼しげな麻やコットン素材の蝶ネクタイを選んだりすることも覚えておきたいポイントだ。

秋冬のコーディネート

秋冬には温かみのある素材の蝶ネクタイにシャツ、ブラウンやベージュなどのセットアップスーツを着て、季節感を演出しよう。蝶ネクタイをあえてワインカラーなどの濃い色を選んで、アクセント使いするのもオシャレな着こなしだ。

4. 蝶ネクタイに合うシャツの選び方とは?

蝶ネクタイに似合うシャツの上手な選び方は、まずはカラーを重視することだ。蝶ネクタイとシャツのカラーをワントーンで合わせたり、蝶ネクタイだけあえてビビットなカラーにしたりするのもオシャレに仕上がる。とくに相性のいいおすすめのカラーは、白いシャツにイエローの蝶ネクタイや、淡いブルーのシャツに同系色の柄物の蝶ネクタイといった、ギャップのある組み合わせだ。

フォーマルなシーンで蝶ネクタイを使うならシャツは白を選んでおくと間違いない。また、蝶ネクタイをバランスよくつけるためにウィングカラーやレギュラカラーなどの襟があるタイプのシャツを選ぼう。

5. 蝶ネクタイをYシャツなどに合わせる時の注意点

カジュアルなシーンで蝶ネクタイを使う際は、比較的自由度が高く、お好みのシャツやニットなどと合わせて思い思いのファッションを楽しんでも何ら問題ない。しかし、結婚式などのフォーマルなシーンでは、蝶ネクタイとシャツのマナーを押さえておくことが重要だ。

たとえば、レオパード柄などの動物をモチーフにした柄の蝶ネクタイは、殺生を連想するので結婚式などでは避けたい。また、原色やスパンコールといった派手すぎるデザインも敬遠されがちだ。フォーマルなシーンでの蝶ネクタイはグレーや白、シルバーやブラックといった落ち着いた色味がおすすめだ。フォーマルな雰囲気をくずさないため、シャツは白を合わせよう。

結論

蝶ネクタイとシャツは、多くのシーンで使えるオシャレなアイテムだ。ちょっとしたマナーを覚えておくことで、よりオシャレが楽しくなるだろう。結婚式などのフォーマルなシーンではもちろん、普段着としても蝶ネクタイとシャツの組み合わせを楽しんでみてほしい。
  • 更新日:

    2021年1月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ