このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
夜間のランニングにはライトが必須!選び方とおすすめを紹介

夜間のランニングにはライトが必須!選び方とおすすめを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年1月15日

ダイエットや健康作りのためにランニングをしている人は意外と多い。仕事が終わってから走ったり、夜間のランニングを習慣化したりしているケースもあるようだ。そんな夜のランニングには、安全のためにもライトを持つほうがいいだろう。今回は、夜間のランニングにおすすめのライトをタイプ別に紹介する。ランニングに使えるライトの詳細から人気のライトまでをまとめたので参考にしてほしい。

  

1. ランニングで使えるライトにはどのようなタイプがある?

夜間にランニングをする際、手放せないのがライトだ。走っている車に自分の位置を知らせたり、足元を照らして転倒を防いだりするためにも、危険がないよう持っておくことが大切である。

ランニングで使うライトには、身体につけて使うものと手で持つものがある。明るさは、視野が確保できるとされる100ルーメン程度がいいだろう。小さなパワーでしっかりと明るさを保つLEDがおすすめだ。また、ランニング中に雨が降ったり、落としたりなどのトラブルに対応できるよう、防水や落下耐久機能付きのライトを選ぶと安心である。

2. ランニングにおすすめ!頭・首につけるタイプのライト3選

まずは、顔や頭につけて明るさを保てるライトからチェックしていこう。

Foxelli「USB充電式ヘッドランプ懐中電灯」

Foxelliのヘッドライトは、USB充電式のランニングライトだ。USBポートにつなげば、4時間程度で充電が完了し、最大30時間点灯する。160ルーメンのLEDが2つついているため、明るさも十分だろう。耐久性・耐水性にも優れており、災害用にも使える。また、軽くて装着しやすくズレにくいため、ランナーにはもってこいだ。長距離のランナーにも愛されているアイテムである。

SleekLighting「LEDシリコン手フリーネックライト」

首につけられるランニングライトとして人気を集めているLEDライトだ。首にかけられるコンパクトなライトで、ネックレスのような形をしている。柔らかいシリコン素材のため、財布や鞄に入れて持ち歩けるのも便利だ。

SGODDE「充電式ヘッドランプフラッシュライト」

安全に夜間のランニングを楽しみたい方におすすめのヘッドライトだ。800ルーメンもの明るさで、作業用にも使われる高性能ライトである。ランニング以外に、ハイキングやキャンプにも人気だ。

3. ランニングにおすすめ!腕・胸・腰につけるタイプのライト3選

次に、腕・胸・腰につけて使える人気のランニングライトを紹介する。

West Biking「夜間ランニングライト USB充電式チェストライト」

90°調整可能なビーム角で、光を操作できるランニングライトだ。とくに舗装されていない道路や公園などを走るときに便利である。USB充電式で、500ルーメンもの強力な光を放ち明るく照らす。また、身体の重心に近い胸元につけられるため、光がぶれることもない。ローとハイに光を調節でき、ローなら10時間、ハイでも4時間点灯する。防水加工のため、雨の日につけられるのも魅力だ。

HOKOILN「ウエスト LED ランニングライト」

最大150ルーメンの光を放ちながら、計量でどこにでもつけられるクリップタイプのランニングライトだ。ランニング用のLEDライトとして胸や腰などにつけられ、明るさは4段階で調節できる。7cm×5.2cmの手のひらサイズのため、子どもから大人まで使用可能だ。

Knuckle Lights(ナックルライト)「LEDランニングライト」

両手につけて道を明るく照らす、90ルーメンのLEDライトを搭載した乾電池式のLEDライトだ。シリコン製のグリップは握りやすく、手袋を着用していても使える設計だ。広い範囲を照らせるようになっているため、手を振っても光はあまりぶれずに快適にランニングができる。ライトは強・弱・点滅と3パターンの光となっており、夜間のランニングも安全性を保てるアイテムだ。

4. ランニングにおすすめ!服や小物につけるタイプのライト3選

より気軽に使えるのが、服や小物につけられるコンパクトなランニングライトだ。ここでは、使い勝手のいい人気のライトをピックアップして紹介していこう。

Mr Visibility 「LED安全ライト」

アウトドアやウォーキング、ランニングに人気の、ミニサイズで持ち運びやすいライトだ。通常のライトのほかに、高速ストロボ、フラッシュの3パターンあり、相手に自分の位置を知らせるには最適だ。強力なクリップとマジックテープで、ベルトや手首や足、襟元など、好きな位置につけられる汎用性の高いアイテムである。

kwmobile「2x LED シューズ クリップライト」

kwmobileのライトは、靴につけるタイプのランニングライトだ。靴のかかとにクリップで装着する形状で、おもに相手に自分の位置を知らせる目的でつけるアイテムである。1つ27gと軽量のため、重さを感じずつけられるのも嬉しいポイントだ。

GENTOS(ジェントス)「LEDヘッドライトHC-232B」

多くのヘッドライトをリリースしているジェントスからは、帽子につけられるヘッドライトが登場している。普段かぶっている帽子につけられるため、気軽に利用できるだろう。光は20ルーメンのため、比較的灯りのある場所やメインのライトと併用するのがおすすめだ。

結論

夜間のランニング中は、コースによっては街灯も少なく足元が見えづらい場所もあるだろう。点灯防止はもちろん、車や向かって歩いてくる人に位置を知らせる目的でもランニングライトは欠かせない。もっと気軽に使いたいという人は、ダイソーやランニング用品が豊富にあるスポーツ用品店でライトを探してみるのもいいかもしれない。売り場に行くのが面倒という人は、Amazonや楽天市場などのネット通販を活用するのもいいだろう。
  • 更新日:

    2021年1月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ