このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筋肉がつきやすい人は何が違うの?トレーニングや食事の方法を解説

筋肉がつきやすい人は何が違うの?トレーニングや食事の方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月17日

同じトレーニングを同じ期間していたとしても、筋肉がつきやすい人となかなかつかない人がいる。今回は、筋肉がつきやすい人の特徴について解説する。現在筋肉がつきにくい人でも、つきやすくなるための方法も紹介するので、身体を鍛えたい方はチェックしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筋肉がつきやすい理由とは?

筋肉がつきやすいか否かは生まれる前に決まると考えているのが「胚葉学」という学問だ。胚葉とは、受精卵が細胞分裂を始めた段階をさす。この胚葉は、成長の過程で外胚葉と中胚葉、内胚葉の3つに分かれ、どの胚葉が優位に育つかで筋肉のつきやすさも変わってくるのだ。ここでは、それぞれの体質について解説する。ちなみに、自分がどのタイプかはネットで調べることができるので、気になる人はチェックしてほしい。

3タイプの筋肉のつきやすさ

まず、外胚葉は太りにくく、スラッとした体型になりやすい。筋肉がつきにくく、身体を大きくするためには工夫が必要だ。

次に、中胚葉は最も筋肉がつきやすいタイプだ。上手にトレーニングを行い、食事管理をすることで男らしい身体を手に入れることが可能だろう。

最後に、内胚葉は消化吸収する力に優れ、脂肪がつきやすいタイプである。身体を大きくしたい方は、脂肪と筋肉を一気に増やしてから減量するのも有効な手段だろう。

2. 筋肉がつきやすい人の特徴

ここでは、筋肉がつきやすい人の特徴を紹介する。この特徴を参考にして、少しでも筋肉がつきやすい体質に近づこう。

男性ホルモンが多い

男性ホルモンの分泌が多い人は、筋肉がつきやすいといわれている。男性ホルモンの1種である「テストステロン」は、筋肉を成長させる働きがあるのだ。テストステロンの分泌量は、指の長さに影響するという研究結果がある。人差し指より薬指が長くなっている方は、テストステロンの分泌が活発な人が多いといわれている。

しっかりと睡眠をとっている

筋肉がつきやすい方は、睡眠をしっかりととっている方が多い。質のよい睡眠をとることで、筋肉の回復に必要な成長ホルモンが分泌されやすくなるのだ。寝る前のストレッチや寝具の見直しなどで、睡眠の質をアップしよう。

効果的にトレーニングをしている

筋肉がつきやすい方は、効果的な方法でトレーニングを行っている。同じ時間トレーニングをしていても、効果的なメニューを選択するのとしないのでは、効果に差が出てくるのだ。次項で、効果的なトレーニング方法を解説するので、参考にしてほしい。

3. 筋肉がつきやすい人になるトレーニング方法とは?

さきほど解説したように、筋肉がつきやすい人は効率的にトレーニングをしている。筋肉がつきやすい人に近づくことができるトレーニング方法を見ていこう。

適度な頻度

筋肉を効率的につけるためには、適切な頻度でトレーニングをすることが重要だ。筋肉をつけたいからといって、毎日トレーニングをすることは逆効果になってしまう可能性がある。トレーニングは、間に2~3日空け、筋肉を回復させる時間をとるとよいだろう。

大きい部位から鍛える

トレーニングをする時は、大きな筋肉から鍛えるようにしよう。大きい筋肉を動かすことで、小さな筋肉も動かすことができるからだ。大きな筋肉は下半身に集中しているので、下半身をトレーニングしてから上半身に移行するようにしてほしい。

トレーニング後のケア

筋肉がつきやすい人は、トレーニング後のケアをしっかりと行っている場合が多い。激しいトレーニングをしたあとには、軽いランニングのようなクールダウンを行うとよい。また、お風呂につかって血行を促進することも有効である。

4. 筋肉がつきやすい人になる食事方法とは?

筋肉がつきやすい人に近づくためには、食事も大事なポイントだ。ここでは、筋肉がつきやすい人が行っている食事方法をチェックしよう。

たんぱく質をとる

筋肉はたんぱく質でできている。筋肉がつきやすい状態にするためには、体重×1.2~1.8gのたんぱく質を摂取しよう。食事から摂取するたんぱく質が足りない場合は、プロテインを活用するとよい。

炭水化物を抜かない

ダイエットをしながら筋肉をつけようとして炭水化物を抜く人がいるが、おすすめできない。炭水化物は、トレーニングを行うエネルギーとなる栄養素である。エネルギーが不足すると、筋肉までエネルギーとして分解してしまう可能性があるのだ。とくにトレーニング前は、炭水化物を積極的に摂取するとよいだろう。

結論

筋肉がつきやすい人とつきにくい人の違いを解説した。筋肉のつきやすさは生まれつき決まっているという説もあるが、同じ体質の人でも正しいトレーニングを行うか否かでは体型はかなり変わってくるだろう。筋肉がつきやすい人の特徴や効果的な鍛え方をマスターして、理想的な身体に近づいてほしい。
  • 更新日:

    2021年1月17日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ