このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筋膜リリースで太ももをシェイプアップ!脚やせの効果や方法を伝授

筋膜リリースで太ももをシェイプアップ!脚やせの効果や方法を伝授

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月30日

筋膜リリースで痩せたという声を聞いたことはないだろうか。身体のコリや痛みを緩和する筋膜リリースは、脚やせにも効果があるのだという。下半身でもとくに目立つ、太ももが気になるという人は要チェックだ。脚やせ効果が期待できる筋膜リリースのやり方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 太ももをシェイプアップできる筋膜リリースとは?

下半身、とくに太ももが気になる人には、脚やせ効果が期待できる筋膜リリースにぜひトライしてもらいたい。太ももをシェイプアップするために、なぜ筋膜リリースがおすすめなのかその理由を見ていこう。

筋膜リリースとは

筋膜リリースとは、筋膜をほぐすことだ。筋膜は、筋肉や骨を覆う1枚の膜。筋肉や骨が所定の位置にいられるように支えていて、第2の骨格とも呼ばれている重要な膜だ。筋膜はやわらかいため、姿勢が悪い状態が続くとそのまま癒着して凝り固まってしまい、痛み原因となってしまう。筋膜リリースをすることで、血流がよくなり、症状の緩和が狙えるのだ。

なぜ脚痩せ効果が期待できる?

筋膜リリースで期待ができる効果として、血流がアップする、筋肉の柔軟性が高くなるなどがある。その結果、運動の効率があがり、痩せやすくなるというのだ。つまり、筋膜リリースのみで大幅に痩せるといったことではない。

しかし、筋膜リリースはむくみの解消にも繋がるため、それが脚痩せ効果を引き出すことになる。太ももをシェイプアップしたい場合は、筋膜リリースをしたうえで、筋トレなどを行うとより脚痩せ効果が得られるだろう。

2. 太ももを細くする筋膜リリースのやり方

太ももをシェイプアップして、脚やせを目指すための筋膜リリースのやり方を伝授しよう。

準備するもの

筋膜リリースをするためには、まずフォームローラーやテニスボールなどを用意しよう。指や手のひらでやることも可能だが、専門的な知識や技術が必要になる。アイテムを使えば、自宅でも手軽に筋膜リリースをして、太ももを的確に刺激することができる。今回は、フォームローラーを使った場合の方法をご紹介しよう。

太もも痩せの筋膜リリースのやり方

  • 身体を横向けにし、太ももの外側に沿って転がせるようにフォームローラーを置く。
  • 太ももの付け根から、膝のうえにポコッと出ている筋肉のところまでコロコロと転がし刺激しよう。この動作を繰り返し行う。10往復くらいが目安だ。
  • 反対の太ももにも同じように、筋膜リリースを行おう。
筋膜リリースは痛いと感じる人も多い。徐々に慣れてはいくが、無理して行わないように注意しよう。

3. 太もも以外にも筋膜リリースは有効?

太もも以外で筋膜リリースをすると、どんな効果が期待できるのだろうか。それぞれの行う場所で期待できる効果とやり方をご紹介しよう。

背中

背中を刺激することで、背中痩せはもちろん猫背などの改善にもつながるので、オフィスワークなどで姿勢が悪いことが気になる人にはおすすめだ。
  • 仰向けになって寝転び、肩甲骨の下にローラーやボールを置く。
  • 膝を曲げて上下にコロコロと転がして、背中に刺激を与える。

ふくらはぎ

第2の心臓といわれているふくらはぎも、筋膜リリースをすると脚やせが狙える。太ももと合わせてふくらはぎも刺激することで、より脚やせ効果を期待できるだろう。ぜひ、太ももの筋膜リリースとセットで行ってほしい。
  • ふくらはぎの下にローラーやボールをセットする。
  • 反対側の足をうえにのせ、おしりを浮かせてコロコロと転がす。

お腹

筋トレで、腹筋をしている人も多いのではないだろうか。その努力をより実らせるためにも、お腹に筋膜リリースをしてみてほしい。
  • 腹筋の上から下まで沿うようにローラーやボールをセットして転がす。
  • 腹筋のサイドに、ローラーやボールをセットして前面と同様にコロコロと転がして刺激しよう。反対側も同様に行う。

結論

太ももに筋膜リリースを行うことで、筋肉の柔軟性やむくみが取れたり、血流がアップしたりするため、シェイプアップ効果が期待できるのだ。手軽にできるので、テレビを見ながらなど、なにかをしながらシェイプアップができる点もおすすめのポイント。筋膜リリースをする前とあとで、どのように変化があるのかビフォーアフターを楽しみながら行ってもらいたい。
  • 更新日:

    2021年1月30日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ