このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男のくせ毛を直す方法とは?シャンプーやドライヤーでも改善は可能!

男のくせ毛を直す方法とは?シャンプーやドライヤーでも改善は可能!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月 7日

生まれつきのくせ毛を直すには縮毛矯正しかない、と考えている方もいるかもしれない。しかし最近ではくせ毛に特化したシャンプーやスタイリング剤も増え、くせ毛を手軽に直す・改善することも可能になってきている。今回は、くせ毛を直すさまざまな方法について紹介しよう。くせ毛を少しでも落ち着かせたいと思っている方は参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シャンプーやトリートメントでくせ毛を直す方法

くせ毛の原因は、髪内部のタンパク質分布の偏りや、毛穴が歪んでいて毛が曲がって生えてしまうことなどにあるという。多くの場合、くせ毛は遺伝によって受け継がれるが、加齢や髪ダメージの蓄積などによって後天的にくせ毛になるケースもあるそうだ。

いずれのくせ毛も、直すためにはまずシャンプーやトリートメントによって頭皮環境や髪質を改善することが有効だ。ポイントは大きく分けて2つある。

洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶ

洗浄力の強いシャンプーを使い続けると、本来必要な潤いが減少し、頭皮環境が悪化することがある。乾燥が進んだり、かえって皮脂が増え毛穴が詰まったりすることで、くせ毛がひどくなるケースもあるという。

そこでくせ毛を直すには、「アミノ酸系」など洗浄力が穏やかなシャンプーがおすすめなのだ。必要な皮脂を守って洗うことで頭皮環境が整い、くせが出にくくなることが期待できる。男性は洗浄力の強いシャンプーを選びがちだが、くせ毛の方は少し目先を変えてみるとよいだろう。

保湿成分が豊富なアイテムを選ぶ

髪の傷みやパサつきによっても、くせ毛は進行しやすくなるという。そのためくせ毛を直すには、保湿成分が豊富なシャンプーやトリートメントを選ぶことも大切だ。アミノ酸類やオイル類、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分に注目しながら選んでみよう。うねりやくせを抑えることにつながるとされている。

2. ドライヤーやブラシでくせ毛を直す方法

日々のドライヤーやブラッシングによって、くせ毛を直す・目立たなくするのもひとつの方法だ。続いては、くせ毛を抑えるドライヤーのかけ方・ブラッシング方法について紹介しよう。

ドライヤーは上から下に向かってかける

くせ毛を直すなら、ドライヤーは上から下に向かってくせを伸ばすようにかけるのが基本だ。かき回すようにかけるのではなく、手で髪を引っ張りながら乾かしていこう。上から下に風を当てることでキューティクルが閉じ、髪の潤いも保たれやすくなる。

ダメージを避けるために、ドライヤーは15~20cmくらいは髪から離して使うとよい。翌朝のくせ毛を抑えるためにも、夜のうちにしっかりとブローしておくのがおすすめだ。

くせ毛を直すならブラシのかけ方も大事

くせ毛は髪が絡まりやすいため、ブラッシングも怠らないことが大切だ。毎日ブラッシングをすることで、髪の潤いアップや育毛効果も期待できるとされている。ブラシをかける際は、まず毛先のもつれをほぐしてから、最後に根元からしっかりとかすのベストだ。乾いた状態でブラッシングするのが基本だが、ドライヤーで髪がある程度乾いたタイミングで、ブラシで髪を伸ばしながら風をあてる方法もおすすめできる。

3. 美容院でくせ毛を直す方法

シャンプーやドライヤーでは扱いきれないくせ毛であれば、美容院で対応してもらうという方法もある。ここでは、美容院で行える3つのくせ毛を直す施術を紹介しよう。

縮毛矯正

薬剤とアイロンを使ってくせ毛を直す方法で、強いくせ毛でもしっかりとストレートにできる。ただし髪へのダメージや料金の高さ・施術時間の長さなどデメリットも多い。男性が縮毛矯正をかける場合、少なくとも3cmほどの長さが必要とされている。

ストレートパーマ

薬剤のみを使ってくせ毛を直す方法で、縮毛矯正より手軽だが、強いくせ毛だと矯正できないこともある。ゆるめのくせ毛であれば、ダメージを抑えながらまとまりやすい髪質に変えられる。

髪質改善トリートメント

酸性の薬剤によって髪の質感を改善する最新の施術で、通常のトリートメントに比べ効果が高いとされる。美容院によって「酸熱トリートメント」「水素トリートメント」などとも呼ばれている。ダメージゼロで髪がツルツルになると注目の施術だが、こちらもあまり強いくせ毛には向かないようだ。

美容院によってはこれらの施術を組み合わせる場合もあり、くせ毛をイメージどおりに直せるかどうかは美容師の腕次第ともいわれている。失敗しないためには、実績のある美容院で納得いくまで相談したうえで、施術を行うことをおすすめする。

4. 生活習慣の改善でくせ毛を直す

生活習慣の改善も、くせ毛を直すためのひとつのアプローチだ。冒頭でも触れたが、くせ毛はストレスや睡眠不足、偏った食事、喫煙などの不健康な生活習慣によって後天的に強まるケースも多い。頭皮環境の悪化や血行不良・栄養不足で髪が弱り、うねりやすくなるためだ。
くせ毛を直すためには、夜は湯船に浸かり早めに寝る、アルコールやタバコは控えバランスのよい食事をするなど、健康的な生活を送ることも大切なのだ。一朝一夕でくせ毛を直すことは難しいが、髪によい習慣を継続することで髪質改善の助けになるだろう。

結論

くせ毛を直す代表的な方法について解説したがいかがだろうか。まずはシャンプーやドライヤーのかけ方、生活習慣を見直してみるだけでも、一定の効果は期待できるだろう。それでもくせ毛が改善されない場合は、美容院で相談するのもひとつの手だ。くせ毛がストレスにならないよう、うまく付き合う方法を見つけよう。
  • 更新日:

    2021年2月 7日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ