このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
炭酸シャンプーの効果とは?手作り方法や効果的な選び方も紹介

炭酸シャンプーの効果とは?手作り方法や効果的な選び方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月 1日

頭皮の汚れをしっかりと落とせると人気を集めているのだ「炭酸シャンプー」だ。今回は、そんな炭酸シャンプーの効果を解説する。さらに、手作りする際のポイントやアイテムの選び方も紹介するので、参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 炭酸シャンプーは効果ある?ない?

炭酸シャンプーと普通のシャンプーの違いは、炭酸ガスが入っているか否かである。炭酸ガスが入っているシャンプーは、頭皮の汚れをしっかりと洗い流す効果が期待できる。普通のシャンプーでは落とすことができなかった汚れも、炭酸シャンプーを使えばケアすることが可能だろう。美容院の中には、その美容効果からヘッドスパメニューに炭酸シャンプーを組み込んでいるところもあるほどだ。頭皮の汚れが原因のニオイや肌トラブルに悩んでいる方は、炭酸シャンプーの効果を実感できるだろう。

2. 炭酸シャンプーのメリットとデメリット

炭酸シャンプーを使うメリットとデメリットを見ていこう。

炭酸シャンプーを使うメリット

さきほど紹介した頭皮の汚れをしっかりと落とす効果以外にも、炭酸シャンプーを使うメリットはたくさんある。たとえば、炭酸が頭皮の血行を促進し、抜け毛や白髪予防に効果が期待できる。頭皮の血行がよくなれば、健やかな髪も育ちやすくなるだろう。また、使用感のよさもメリットだ。炭酸シャンプーを使って頭を洗うと、スッキリとした爽快感を得ることができる。1日の汚れをリセットして、気分をリフレッシュしたいという方にもおすすめである。

炭酸シャンプーを使うデメリット

しっかりと頭皮の汚れを落とす効果がある炭酸シャンプーは、乾燥肌の方にとって刺激が強い可能性がある。頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮トラブルを引き起こすことが考えられるのだ。頭皮の皮脂分泌が少なく、乾燥しやすい方が使用する時は注意してほしい。

3. 炭酸シャンプーを手作りする方法と効果を出すための注意点

炭酸シャンプーは、手作りすることも可能だ。ここでは、効果的な炭酸シャンプーの作り方を紹介する。

効果的な炭酸シャンプーの作り方

炭酸シャンプーを作るために用意するものは、炭酸水とペットボトル、お手もちのシャンプーだけだ。手順を見ていこう。
  • ペットボトルに炭酸水を50mL入れる。
  • ペットボトルにシャンプーを2~3プッシュ入れる。
  • ふたを閉め、ペットボトルを振ってよく混ぜたら完成だ。
手作りした炭酸シャンプーは、作り置きすると炭酸が抜けて効果が減ってしまう。作ったものはすぐに使い切ってほしい。また、温度が上がると炭酸がシャンプーに溶け込みにくくなるので、温めたりせず冷たいまま使おう。

4. 炭酸シャンプーへの疑問点

炭酸シャンプーの疑問について回答していこう。

効果的な炭酸の強さは?

炭酸シャンプーは、1,000ppm以上の炭酸濃度を持つものが効果的だといわれている。炭酸シャンプーの中には、5,000ppmという高濃度のアイテムもあるので、頭皮の汚れをしっかりと落としたい方はチェックしてほしい。ただし、炭酸濃度が高いほど、頭皮への刺激も高くなるので注意が必要だ。

炭酸シャンプーを使う頻度は?

炭酸シャンプーは、週1回程度のスペシャルケアとして取り入れるのが効果的だ。毎日のように使ってしまうと、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので注意してほしい。また、市販の炭酸シャンプーはアイテムによって適切な使用頻度が異なる。アイテムに表記してある使用頻度を守ってほしい。

5. 炭酸シャンプー・効果を得るための選び方とは?

炭酸シャンプーを購入したい方に向け、効果的なアイテムの選び方を解説する。

洗浄成分

炭酸シャンプーは、頭皮に優しい洗浄成分を使っているものを選ぼう。おすすめは、アミノ酸系洗浄成分が配合されたものである。アミノ酸系洗浄成分は、比較的マイルドな洗浄力が特徴だ。ほどよく汚れを落としながら、頭皮への刺激をおさえる効果が期待できる。

保湿成分

保湿成分が配合されているか否かもチェックしよう。さきほど解説したように、炭酸シャンプーは効果の高さゆえに乾燥しやすい。保湿成分が配合されていれば、頭皮や髪のうるおいをキープしやすくなるだろう。

結論

炭酸シャンプーは、頭皮の汚れをしっかりと落としたい方におすすめのアイテムだ。さらに、血行を促進したり気分をリフレッシュしたりできるというメリットもある。しかし、間違った使い方をすると刺激が強すぎる場合があるので注意しよう。この記事を参考にして、より健やかな頭皮と髪を手に入れてほしい。
  • 更新日:

    2021年2月 1日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ