このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メンズでもネイルケアが必要!できる男に必要な爪のお手入れとは

メンズでもネイルケアが必要!できる男に必要な爪のお手入れとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年2月 3日

ネイルケアというと女性がするものというイメージが強いが、実はメンズでもネイルケアは必要だ。爪がキレイに整っていることは身だしなみのひとつ。清潔にしている爪はオンオフともに評価が高い。ここではメンズはどのようなネイルケアをすべきか紹介していく。

  

1. メンズこそネイルを気にするべき3つの理由

ネイルケアは実は女性より男性が意識するほうが、生活に便利である。その理由について解説しよう。

意外と手元は見られている

ビジネスシーンも、プライベートでも身だしなみを整えることは大切だ。清潔感のある服装や髪形にすることはもちろんだが、爪のような細かなところまで見られていることが多い。

また、女性が好きな男性のパーツには手という方も多いので、手元に注目している女性も多い。しかし、爪が伸びっぱなしだったり、汚れがあったりなど清潔感がないとがっかりされてしまうだろう。日頃から身だしなみのひとつとしてメンズでもネイルケアをしておくことをおすすめする。

年齢とともに爪も乾燥気味に

実は爪は肌の一部であり、肌同様に加齢とともに薄くなり水分を失い弱くなっていく。つまり、年齢とともに爪もトラブルを起こしやすい。乾燥すると爪が割れたり、欠けたりするので保湿しておくことで防ぐことができる。

また、加齢とともに爪に縦の線が入ってしまうが、肌で言うシワのようなものなので保湿をするといいだろう。

2. メンズのネイルに必要なケア

ここではメンズでも気軽にできるネイルケアを紹介する。

爪の長さや形を整える

爪を短くするために多くの人は爪切りを使うだろう。爪切りで短くするのであれば、よく切れる質のよい爪切りを使うことをおすすめする。切れがよくないと断面が揃わず、2枚爪やひび割れの原因になってしまう。

また、爪切りで切った後、爪やすりで断面を整える。形はスクエアオフと呼ばれる、四角ベースの丸みのある角の爪がメンズらしく仕上がる。爪やすりは自分でも気軽にできるネイルケアのひとつだ。

爪の表面をバッフィング

バッフィングとは、磨いてツヤを出すケアのことである。爪の表面をバッファーで磨き、凸凹をなくしツヤを出すことで、キレイな仕上がりになる。しかし、磨きすぎると爪が薄くなり衝撃に弱くなってしまうので注意しよう。

ネイルオイルで保湿

前述したが、年齢とともに爪は乾燥しがちだ。さらに爪やすりやバッフィングをした後も乾燥してしまう。カサカサした爪は清潔感に欠け、ささくれや爪割れの原因にもなる。爪の保湿は、ネイルクリームやネイルオイルを指で優しくなじませるだけだ。こまめに塗ることをおすすめする。保湿も簡単にできるネイルケアなので、メンズにも実践してほしい。

3. メンズもネイルサロンでのケアがおすすめ

メンズもサロンでのネイルケアをおすすめする。サロンなら自分でできない細かな部分や、ケガや傷のリスクが避けられる。お手入れする時間がない人にも便利だ。

セルフケアでは難しい甘皮処理

甘皮とは爪の根元、皮膚との境界にある薄い皮のことだ。甘皮があると見栄えがよくなく、過剰にあると粉っぽく乾燥したような印象を与えてしまう。甘皮はお湯やオイルなどでふやかした後プッシャーと呼ばれる道具を使って取り除いていく。

しかし、甘皮には細菌の侵入を防ぐという役割があるため、取り過ぎもよくない。また、セルフケアでは力の加減がわからず傷つけて流血してしまう恐れもある。甘皮除去はセルフケアでもできないことはないが、安全かつ適度に処理してもらえるネイルサロンがおすすめだ。

メンズ向けメニューのあるネイルサロン

メンズ向けのメニューには、基本のネイルケアである爪の長さの調整や形を整えるファイリング、甘皮処理、バッフィング、そしてマッサージがセットになっているがサロンが多い。

所要時間はひとつのケアにだいたい10~15分程度、コースであれば45分~1時間くらいだ。自分でネイルケアするよりも短時間でキレイに仕上がるので、サロンに行く方が効率的だろう。

ネイルケアというと手の爪が思い浮かぶ人も多いだろうが、足の爪もケアするといい。ネイルサロンにはフットケアもあるので、足の爪も一緒にケアしてもらうのもいいかもしれない。

4. メンズネイルのケアは合間時間に通うのがおすすめ

忙しいメンズにもサロンでのネイルケアをおすすめしたい。

メンズ向けのネイルサロンは多く存在する

近年メンズ向けのネイルケアをしているサロンは、東京や大阪だけでなく、全国的に存在する。東京にはメンズ専用のサロンもある。自宅から近いところや、最寄り駅周辺にあるサロンであれば、休日でも通いやすいだろう。また、百貨店のメンズフロアにもネイルサロンを出店しているところもあり、買い物の途中に寄ってみるのもいいかもしれない。

サロンでのネイルケアの頻度

サロンに通うのであれば、3週間から1カ月に1回くらいを目安にするといいだろう。身だしなみのひとつとして、美容院に行く感覚と同じようにネイルサロンに通うといいのかもしれない。また、サロンであればプロのネイリストがハンドマッサージもしてくれるところが多く、リラックス効果も期待できる。ケアだけでなく日頃の疲れを癒しに行くという意味でもおすすめだ。

結論

ネイルケアはもう女性だけのものではなく、メンズも身だしなみとして行うものになりつつある。ビジネスシーン、プライベートともに実はよく見られている爪。キレイにしておくメリットは多い。市販のネイルケアセットでセルフケアもできるが、初心者には難しいテクニックもあるのでメンズもネイルサロンに行くといいだろう。
  • 更新日:

    2021年2月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング