このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チューブトレーニングでバキバキに割れた腹筋を手に入れよう!

チューブトレーニングでバキバキに割れた腹筋を手に入れよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月14日

誰でも簡単にできる筋トレといえば、チューブトレーニングだ。チューブは軽くてコンパクト。しかも値段も安いので気軽にはじめられる。負荷も調節できて、ケガのリスクも低い。また、楽しく筋トレができるので、継続しやすいのもメリットだ。今回は腹筋のチューブトレーニングをご紹介する。どのトレーニングも自宅で簡単にできるものなので、ぜひ実践してほしい。チューブトレーニングを行って、バキバキの腹筋を手に入れよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チューブトレーニングで腹筋を鍛える効果やメリット

チューブトレーニングの「チューブ」とは、ゴム製のトレーニング用具を意味する。チューブはゴムのように伸び縮みするので、普段の腹筋の筋トレに適切な負荷をかけてくれるのだ。負荷はチューブの硬さで決まるが、チューブが硬ければ硬いほど負荷は強くなり、よく伸びるものだと負荷は弱まっていく。

チューブトレーニングは、普通の筋トレよりも筋肥大効果が30%程度高いといわれており、ダンベルなどと並ぶ有効なトレーニングアイテムの1つなのだ。チューブトレーニングでお腹周りを鍛えていけば、理想の腹筋を手に入れられるだろう。

チューブトレーニングのメリットは、「気軽さ」にある。チューブはゴムなので、軽くてコンパクトだ。自宅に置いておいても邪魔にならないし、旅行や出張などに持って行ってトレーニングすることもできる。また、チューブの値段はダンベルなどと比較しても安価なので、気軽に購入できるアイテムでもある。

なお、「安全性」もチューブトレーニングのよいところだ。ダンベルだと落として身体にぶつけてしまったり、重さに耐え切れず手首などの関節を傷めてしまう恐れがある。その点、チューブトレーニングはケガのリスクが低いので、安心して腹筋を鍛えられる。

2. チューブトレーニングで腹筋を鍛える方法とは?

ここでは、チューブトレーニングで腹筋を鍛える方法を紹介しよう。どれも自宅で簡単にできる方法なので、ぜひ実践してほしい。

チューブクランチ

チューブクランチとは、一般的な腹筋運動にチューブで負荷をかける方法である。シックスパッドをつくる腹直筋に効果のあるチューブトレーニングだ。
  • あお向けになって寝転び、膝を軽く曲げる。
  • チューブの両端を手で持ち、チューブの中央を両足の裏に引っ掛ける。
  • チューブを背中側に通して、肩からかつぐような体勢をとる。
  • 3の状態で腹筋運動を10回3セット行う。
ポイントとしては、おへそを覗き込むようにして行うと、より腹筋に力が入る。

スタンディングクランチ

スタンディングクランチは、立って行う腹筋運動だ。真っ直ぐ行うだけでなく、ひねりなども加えると腹斜筋に効果がある。脇腹の脂肪も気になる方におすすめのチューブトレーニングだ。
  • チューブの両端を両手で持ち、チューブの中央を両足で踏む。
  • チューブを引っ張り、頭の後ろに手を持ってくる。
  • 2の状態からおじぎをするように上半身を前屈させる。
  • 限界までおじぎをしたら、もとの立ち姿勢に戻る。この動作を10回3セット行う。
ポイントとしては、お尻を後ろに突き出さないことだ。しっかりと腰を軸にして上半身を前屈させよう。

サイドベント

サイドベントは立って行う腹筋運動で、脇腹の腹斜筋に効果がある。
  • チューブの端を右手で持ち、もう一方の端を右足で踏む。
  • 上半身を左側に倒していく。
  • 限界まで上半身を左側に倒したら、もとの立ち姿勢に戻る。この動作を10回3セット行い、終わったら左右を替えて行う。
ポイントとしては、腕ではなく上半身でチューブを引っ張ることがあげられる。

3. チューブトレーニングで腹筋を鍛えるためのチューブの選び方

チューブトレーニングで扱うチューブには、チューブ状のものと平べったいゴム状のものがある。どちらも色によって硬さが異なるので、セットになっているものを選ぶと腹筋への負荷量を細かく調節できて便利だ。

また、チューブトレーニングでよくあるのが、ゴムが切れたり手から滑り落ちたりして起こるケガだろう。チューブトレーニングで腹筋を鍛えている際にケガをしてしまっては、元も子もない。その場合、チューブの両端に持ち手がついていたり、留め具がついていたりするチューブを選ぶと持ちやすくてケガの予防にもなる。なお、値段が安すぎるチューブは千切れやすいので禁物だ。ある程度値段の高いチューブを選んで腹筋を鍛えていこう。

結論

チューブトレーニングで腹筋を鍛えるメリットや方法、チューブを選ぶ際のポイントなどを紹介した。チューブトレーニングは筋肥大効果が高いので、腹筋を鍛えるにはぴったりの筋トレだ。今回ご紹介した3つのチューブトレーニングを継続していけば、理想の腹筋を手に入れられるだろう。ぜひ実践してほしい。
  • 更新日:

    2021年2月14日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ