このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
インソールの驚くべき効果とは?選び方や調整方法も解説!

インソールの驚くべき効果とは?選び方や調整方法も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月18日

インソールは、靴の中敷きのことだ。一見すると単なるクッション材のようなインソールだが、実はさまざまな効果が期待できる。足裏は身体全体のバランスに重要な部位なので、スポーツのパフォーマンス向上のみならず、腰痛などの改善も見込める。ここでは、インソールの効果と効果別の選び方、オーダーメイドの方法などを紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. インソールの効果について

インソールには、複数の効果が期待できる。

疲労軽減

長時間の立ち仕事や歩行を続けると、足裏のアーチが崩れてしまい、土踏まずが体重を分散できなくなる。結果として、足が疲れてしまったり、身体全体の姿勢が悪くなったりして腰痛や肩こりが生じる。インソールは、足裏のアーチを支えることで体重を分散し、疲労を軽減する効果がある。

怪我の予防

足裏に負担がかかり続けると、アーチを支えるのに重要な足底筋膜が炎症を起こしたり、衝撃を吸収し続けたかかとに痛みが生じたりすることがある。インソールで体重を適正に分散、かかとへの衝撃を吸収することで、このような怪我を予防する効果がある。

快適性向上

特に革靴などで生じやすいのが、足の不快なムレやニオイ。足の裏には多くの汗腺があり、雑菌が繁殖しやすい環境なのだ。吸湿性の高いインソールや、消臭・抗菌効果のあるインソールを使用することで、ムレやニオイを抑えることができ、快適に過ごすことができる。

2. インソールは効果別に選ぶ!スポーツ用や腰痛持ちの人向けも

インソールは、求める効果別に選ぶのがよいだろう。

スポーツ向け

運動時には足に過度な負担がかかり、気づかないうちにパフォーマンスが下がっていることもある。スポーツ向けのインソールは、グリップ力や衝撃吸収の効果が高いものが多く、パフォーマンスの向上が期待できる。

さらに、スポーツの種目別の専用インソールも販売されており、より目的に合った効果が期待できる。たとえば、バレーボール用のインソールであれば、強いグリップ力によって前後左右の切り返しをサポートする効果がある。スポーツ向けのインソールは、種目や運動の強度によって選ぶのがよいだろう。

腰痛持ちの人向け

インソールは腰痛の改善にも効果的だ。腰痛は身体のバランスが崩れたり、体幹がぶれたりすることで生じる。インソールを使用することで、足裏が面として体重を支えられるようになり、少ない筋力でも身体のバランスを保てるため、腰痛の改善が期待できる。腰痛の改善には、足裏のアーチをしっかりと支えられるタイプがおすすめだ。

ビジネスパーソン向け

スーツを着るビジネスパーソンの場合、多くは革靴を履くだろう。革靴は構造上、靴底が薄く作られており、足指やかかとに負担がかかりやすい。衝撃吸収性が高いインソールを使うことで、歩行がサポートされ、疲労軽減の効果が期待できる。また、インソールに消臭・抗菌効果があれば、靴を脱ぐ際にも安心だ。

3. 効果が期待できる!インソールのオーダーメイドもおすすめ

インソールには多くの効果が期待できるが、さらに効果を高めたい場合にはオーダーメイドがおすすめだ。

オーダーメイドのメリット

インソールをオーダーメイドすることで、個人の足の特性にピッタリと合わせ、求める効果を最大化できる。足は人によってサイズや形が異なり、さらには左右でも全く同じではない。既製品は一般的な足形を元に成形されるので、自分の足に合わなかったり、履き心地がしっくりこなかったりする可能性がある。オーダーメイドでは自分の足形を元に成形するので、最大の効果と履き心地が得られる。

オーダーメイドの種類

インソールのオーダーメイドには、熱成型で柔らかくしたインソールを足に合わせて再成型する方法や、クッション性のある台座に乗って成形する方法など、メーカーによって種類がある。日本国内で主に扱われているのは、「シダス」「スーパーフィート」「カスタムバランス」などのメーカーだ。製品や技術料はメーカーや店舗によって幅があるので、事前にリサーチするとよいだろう。

注文方法

オーダーメイドの注文方法は、インソール専門店やスポーツ用品店の店頭に行き、実際に足形を取るのが一般的だ。インソールに求める効果や足の悩みを相談できるので、自分にぴったりのインソールを手に入れやすい。また、指定のフォーマットで自分の足形を送り、成形された製品が届くという通販型のショップもある。

費用

インソールのオーダーメイドの費用は、一般的なもので1万円~2円程度が相場だ。価格は製品の種類やメーカー、店舗の技術力によって異なるので、インソールに求める効果や予算と照らし合わせながら検討するとよいだろう。

4. インソールが合わない時の調整のやり方とは?

せっかく買ったインソールも、足に合わなければ効果は得られない。調整方法を紹介しよう。

既製品

既製品でサイズが大きい場合、ハサミでカットすることでサイズを調整できる。新しいインソールに、靴に元々装着されていたインソールを合わせ、型を取る。その際、足の内側とかかとを基準にし、つま先の部分で微調整をするのがポイントだ。かかとを基準にすることで、インソールの衝撃吸収の効果を失わずにサイズの調整ができる。

オーダーメイド

オーダーメイドの場合、購入店舗での調整や交換が可能な場合がある。自分で無理に調整しようとせず、プロに任せることで、インソールの効果を感じ続けることができるだろう。

結論

インソールは、効果別に選ぶことで足の悩みや不安を解消し、パフォーマンスを向上できるアイテムだ。一方、サイズや形状が合っていなければ、インソールの効果は十分に得られない。必要に応じて専門家に相談したり、オーダーメイドを検討したりするのもよいだろう。
  • 更新日:

    2021年2月18日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ