このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
V字腹筋の正しいやり方を解説!身体に嬉しい効果とは?

V字腹筋の正しいやり方を解説!身体に嬉しい効果とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月23日

V字腹筋は、ジムに行かなくても実践できる手軽なトレーニングだ。しかし、正しいフォームで行わないと、効果は薄れてしまうだろう。そこで今回は、V字腹筋の正しいやり方を解説する。間違ったやり方でV字腹筋をすると、腰痛の原因にもなるので注意してほしい。正しいV字腹筋をマスターして、トレーニングに取り入れよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. V字腹筋のやり方は?得られる効果とは?

V字腹筋には嬉しい効果がいくつかある。V字腹筋のやり方を解説する前に、その効果を見ていこう。

V字腹筋の効果がある部位

V字腹筋は、お腹にある腹直筋に効果的だ。V字腹筋を正しいやり方で行えば、通常の腹筋より10倍もトレーニング効果があるといわれている。腹直筋を鍛えて引き締まったお腹を手に入れたい方は、積極的に取り入れるとよいだろう。

基礎代謝がアップ

腹直筋は比較的大きな筋肉だ。正しいやり方でV字腹筋をすると、基礎代謝をアップできるだろう。太りにくく痩せやすい身体になるので、ダイエットをしたい方にもV字腹筋はおすすめである。

よい姿勢がとりやすくなる

V字腹筋でお腹の筋肉を鍛えることで、よい姿勢をとりやすくなる。姿勢が悪くなる原因の1つに、身体の前と後ろにある筋肉のバランスが崩れていることがあげられる。V字腹筋で胴回りの筋肉を鍛えると、よい姿勢をキープしやすくなるのだ。また、日常生活だけでなく、スポーツ時のパフォーマンス向上の効果も期待できるだろう。

バランス力がアップする

バランスを取りながらトレーニングをするV字腹筋は、バランス力をアップする効果も期待できる。トレーニングの動作をゆっくり行うと、より効果的だ。

2. V字腹筋の効果的なやり方とポイント

V字腹筋の効果的なやり方を解説する。やり方だけでなく、効果的にV字腹筋を行うイントも解説するので、参考にしてほしい。

V字腹筋の効果的なやり方

  • マットの上に仰向けで寝る。両手はバンザイのように上げ、両足は揃えて伸ばそう。
  • 息を吸いながら両手と両足を天井に向かって上げ、お尻を支点にして身体をV字にする。反動はつけず、腹直筋を収縮させるイメージで行おう。
  • 両手と両足を近づけ、停止する。余裕があれば、手でつま先にタッチすると効果的だ。
  • 息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻る。
15回を3セット繰り返す。

3. やり方が違う?V字腹筋で足が上がらない!

正しいやり方を実践しても、V字腹筋で足が上がらない原因と対策を解説する。

腹筋が弱い

正しいやり方でもV字腹筋が上手にできない方は、腹筋が弱い可能性が高い。筋力が足りない状態で無理やりV字バランスをしようとすると、背中が丸まって正しいやり方ができなくなる。腹筋が弱い方は、負荷の弱い「ベントニー・V字腹筋字腹筋」から始めるとよいだろう。

ベントニー・V字腹筋字腹筋のやり方は、膝を曲げた状態で両手両足を上げるとよい。通常のV字腹筋よりも負荷が少ないので、腹筋が弱い方でもトレーニングできるだろう。

4. 正しいやり方ではないV字腹筋は腰痛の原因に。

やり方が間違っているV字腹筋は腰痛の原因になってしまう。その理由と対策を見ていこう。

やり方が間違っていると腰痛になる理由

V字腹筋で腰痛になる方は、運動姿勢が間違っている可能性が高い。身体を持ち上げる時に首を持ち上げたり、背中を曲げすぎたりしてしまうと、腰に負担がかかるのだ。また、反動を使って身体を持ち上げることも、腰痛の原因になる。

V字腹筋をする時は、腹筋を収縮させ、首や背中が丸まりすぎないように注意しよう。トレーニングは反動をつけず、ゆっくりと動くようにするとよい。

腰痛が気になる人はカールアップ腹筋を

V字腹筋で腰痛になる方は、カールアップ腹筋がおすすめだ。カールアップ腹筋は、腹筋を意識しやすく、姿勢が崩れにくいからだ。

カールアップ腹筋のやり方は、仰向けに寝てから手を腰の下に入れる。片膝を立てた状態で、上体を持ち上げる。上げる角度は20度程度でよいので、頭の先から腰までがまっすぐになるように心がけてほしい。

結論

V字腹筋について解説した。V字腹筋はお腹の筋肉を鍛え、身体に嬉しい効果を得ることができるトレーニングだ。しかし、やり方を間違えると、腰痛の原因になることもあるので注意が必要である。腰痛が気になる方や筋力が足りない方は、難易度の低いトレーニングメニューからスタートするとよい。V字腹筋をマスターして、6つに割れたかっこいいお腹を目指してほしい。
  • 更新日:

    2021年2月23日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ