このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
襟足のセルフカットにチャレンジ!失敗しないコツやグッズを紹介

襟足のセルフカットにチャレンジ!失敗しないコツやグッズを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月18日

襟足の長さが気になるけれど床屋や美容院に行くほどでもない、仕事が忙しくて時間が取れないということはないだろうか。そんなときは襟足をセルフカットすることをおすすめする。自分で髪を切るのは難しそうと感じるかもしれないが、コツを掴めば失敗することはない。襟足をセルフカットできれば時間とお金の節約にもなる。ぜひ試してみてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 男性が襟足のセルフカットをする方法・コツも知ろう

襟足をセルフカットする前には、髪濡らして癖を取るようにしよう。シャンプーができればベストであるが、水スプレーを吹きかけてもよい。そして、癖がとれたら髪を乾かす。濡れたままカットすると仕上がりのイメージがしにくいため、思ったより短い、重たいということが起こるためだ。この一手間が仕上がりを左右するため、面倒でも省略しないようにしよう。

襟足のセルフカットは自分では見えにくい箇所を切ることになるため、指をうまく使うことがポイントだ。鏡を用意できるならば、合わせ鏡にすることで前にある鏡を少し斜めにすると後頭部が確認しやすくなる。

襟足のセルフカットの基本的な方法は、襟足の髪を横一直線に5本の指で挟むように毛束をつかむ。指にハサミをそわせるようにしてはみ出している髪をカットしよう。最後にバリカンで整えると清潔感にある仕上がりになる。バリカンをあてるときは、頭を少し下げるとやりやすい。

2. 襟足のセルフカットに必要なグッズとは?

襟足のセルフカットに必要なグッズを紹介する。

ハサミ

ハサミとすきバサミは必ず用意しよう。プロが使うような高価なものである必要はないが、できるだけ切れ味がよく持ちやすいものを選ぶとよい。セルフカット向けのハサミやブラシがセットになった商品が販売されているのでぜひ活用しよう。

バリカン

襟足のセルフカットで仕上げに活躍するのがバリカンだ。襟足のほかにもサイドを刈り上げるときにも使えるので、ぜひ用意しておこう。バリカンの長さは4つくらいあると微調整がしやくすなるため、お財布と相談しながら選ぶとよい。

ほかにはヘアブラシを数種類、散髪用ケープなどがあると襟足をセルフカットするのに役立つだろう。

3. 男性のセルフカット・襟足以外はどうする?

襟足のセルフカットのコツを掴んだら、ほかの場所もセルフカットにチャレンジしてみよう。

前髪

襟足のセルフセルフカットと同じく、カットする前に癖を取ることが大切だ。とくに前髪は割れ目の癖がつきやすい。髪を濡らして癖や割れ目をなくしたら乾かしたら前髪を縦に4つにわけ1つずつねじってまとめる。根本から毛先に向けてすきバサミを3回入れ、前髪が直線的にならないよう調整しよう。

トップ

トップにボリュームを残したいときは、すきバサミを使ってカットすることをおすすめする。普通のハサミを使用すると切りすぎてボリュームがなくなりやすいためだ。すきバサミでレイヤーを入れるようにカットするとふわっとした仕上がりにできる。

サイドや耳の周り

サイドはバリカンを使うと見栄えよく整えることが可能だ。ビジネスシーンにも馴染みやすいツーブロックもバリカンを使えば簡単にできる。ハサミを使う場合も襟足をセルフカットするときと同じで、指で挟んではみ出した部分をカットしていこう。最後に左右のバランスを見ながらすきバサミで調整するとよい。

後ろ髪

髪をいくつかの束にわけてカットするのがポイントだ。髪をグーで握ってはみ出した部分をカットすると切りすぎを防ぐことができる。まめに後ろ髪の感触を確かめ、毛量を調整しよう。

結論

襟足のセルフカットは決して難しいものではないことがわかっただろう。セルフカットを成功させるには、カットのコツのほかに切れ味のよいハサミやバリカンなどグッズの準備も大切だ。一度グッズを揃えてしまえば、髪の毛全体のセルフカットに活用できるため、何回も床屋や美容院に行くよりコスパがよいだろう。セルフカットの方法はYouTubeなどの動画も参考にすると解りやすい。ぜひ襟足のセルフカットにチャレンジしてみよう。
  • 更新日:

    2021年2月18日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ