このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
眉毛のワックス脱毛のメリットとデメリットは?やり方も徹底解説

眉毛のワックス脱毛のメリットとデメリットは?やり方も徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年3月 4日

顔の印象を左右する眉毛は、ある程度整えておきたいと考える方も多いだろう。そんなときに便利なのが、ワックス脱毛だ。自宅やサロンなどでできる脱毛方法で、もちろん眉毛の手入れにも使える。今回は、そんな眉毛のワックス脱毛のメリットやデメリットをご紹介していこう。基本的なやり方や、市販のものとサロンで行う場合との違いも一緒に解説する。

  

1. 眉毛のワックス脱毛とは?

眉毛にハチミツ状の粘度のあるワックスを塗り、専用のペーパーを貼り付けてはがすことで手入れする方法をワックス脱毛と呼ぶ。眉毛を含め、腕や脇といったさまざまな部位に用いられ、なかにはアンダーヘアにも使うことができるものもある。眉毛の毛根ごと脱毛するため、即効性があり、刃物を使わないのもワックス脱毛の特徴だ。

眉毛をワックス脱毛した場合、キレイな状態が持続する期間は、個人差もあるが10日前後。手入れの頻度は4~6週間程度がおすすめだ。眉毛に使えるワックスは、ドラッグストアなどで購入できるほか、サロンでプロの施術をしてもらうことも可能。

2. 眉毛のワックス脱毛のメリットとデメリット

続いては、眉毛をワックス脱毛するメリットとデメリットを紹介していこう。眉毛の手入れに、ワックス脱毛をどのような形で取り入れるか決める際の参考にしてみてほしい。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛は施術後すぐに眉毛が整うため、急な予定が入った場合にも重宝するだろう。また、眉毛だけでなく、肌の角質や産毛も一緒に処理できるため、肌がなめらかになったと感じるケースが多く、メイクが楽になるなどのメリットもある。

眉毛の毛根からしっかり処理できることもあり、カミソリを使った場合の手入れよりもキレイな眉が長持ちしやすいのもワックス脱毛の魅力だ。ワックス脱毛はムダ毛が生えなくなるわけではないので、必要な時には、もとに戻すことができる。

ワックス脱毛のデメリット

眉毛のワックス脱毛のデメリットは、なんといっても痛みを感じやすいという点だ。専用シートをはがす際に、痛いと感じる方が多いようだ。そのため、肌に赤みが出る場合もあり、少なからず肌に負担がかかることも覚えておこう。また、永久脱毛ではないので、数週間に1度くらいの頻度で繰り返し手入れを行う手間もある。

3. 眉毛のワックス脱毛のやり方

眉毛のワックス脱毛には主に2通りのやり方がある。どのようなやり方なのか、具体的に見ていこう。

市販のアイテムを使ったセルフケア

ドラッグストアやインターネットなど、眉毛に使用可能なワックス脱毛のキットは市販のアイテムもあるため、セルフで眉毛を手入れすることもできる。市販のワックスは比較的低価格なため、コスパにも優れているといえるだろう。眉毛がある顔は、デリケートな部位なため、顔専用のワックス脱毛を選ぶのがおすすめだ。

セルフで眉毛のワックス脱毛をする際には、無駄な部分の眉毛に少し温めて柔らかくしてワックスを塗り、専用シートを貼る。ある程度固まったら一気にはがそう。ゆっくりシートをはがすと、ムダ毛が残る可能性があるので注意したい。セルフで眉毛のワックス脱毛を行った後は、保湿ケアや肌を清潔に保つことなども心がけよう。

サロンで行うプロのケア

男性が眉毛のワックス脱毛をするには、メンズ専用のサロンに足を運ぶ方法もある。セルフで行う場合に比べて費用が多くかかる傾向があるが、プロが施術するため、仕上がりのクオリティーが高いのが魅力だ。眉毛の形に悩んでいる方や、ワックス脱毛初心者にもピッタリな方法といえる。プロが施術を行った場合でも、保湿などのアフターケアを忘れないでほしい。

結論

眉毛のワックス脱毛は、市販のアイテムも多く、セルフでも比較的手軽に行うことができる。より仕上がりのクオリティーを求めたい方は、専用のサロンに足を運んでみるのもいいだろう。費用なども考慮しながら、自分にぴったりな眉毛の手入れ方法を見つけてほしい。急な予定に備えたい方やカミソリでの手入れに抵抗がある場合などは、一度ワックス脱毛を試してみる価値があるだろう。
  • 更新日:

    2021年3月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ