このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冬の足元はボアスリッポンで決まり!選び方やおすすめコーデを紹介!

冬の足元はボアスリッポンで決まり!選び方やおすすめコーデを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年3月15日

裏側がモコモコとしたボア素材になっているボアスリッポン。保温性の高さや柔らかな履き心地で人気だが、メンズの冬のファッションアイテムとしても大活躍してくれる。ここでは、冬用シューズとしてひとつ持っておきたいボアスリッポンの魅力や、選び方のポイント、おすすめコーデ例などを紹介しよう。

  

1. メンズにもボアスリッポンはおすすめ

スリッポンの裏素材がボアになっている靴が、ボアスリッポンである。履いたとき少しだけ見えるボアが冬らしく、メンズ・レディースともに毎年冬になると人気が高まるアイテムだ。まずは、冬にボアスリッポンをおすすめしたい理由を、スリッポンとボアそれぞれの特徴から見ていこう。

スリッポンとは?

スリッポンの語源は「Slip on」であり、もともと「滑る・服や靴をさっと着る/突っかける」などの意味がある。靴の種類でいうスリッポンとは、紐やベルトなどがなく、足をすべり込ませて簡単に脱ぎ履きできるシューズのことを指している。

着脱が楽なのはもちろん、シンプルな見た目でさまざまな着こなしに合わせやすいのも魅力だ。

ボアとは?

ボアとは、毛足がくるくる・モコモコとしたボリューム感のある生地のことだ。語源はラテン語の「boa(大蛇)」で、婦人の毛皮のストールが大蛇に見えたことから来ているという。意外なことに、その素材はほとんどがアクリルやポリエステル、コットンなのだそうだ。

ボアの魅力は、温もりあるビジュアルに加え、保温性が高いことにある。暖かく軽量なことから、冬物の裏地としても多用されている。ボアスリッポンは、スリッポンのすっきりとしたフォルムを保ちながら、裏側にボアの保温性をプラスした、まさに冬にぴったりのアイテムといえるだろう。

2. ボアスリッポンの選び方とは?

ボアスリッポンの魅力を説明したところで、ボアスリッポンの賢い選び方を紹介しよう。

メインの素材を選ぶ

メイン(表面)にどんな素材が使われているかが重要だ。表がキャンパス地だとカジュアルでスニーカーに近い印象、レザーであれば大人っぽくジャケットにも似合う雰囲気になる。ボアスリッポンと特に相性がよいのは、温かみのあるスエードやコーデュロイ素材だ。自分の普段の服装や、どんなコーデと合わせたいかも考えて検討しよう。

サイズを選ぶ

紐やベルトのないスリッポンは、サイズ調整ができないのが難点だ。僅かでも大きいと歩くときに脱げてしまうので、基本的には普段のサイズより若干小さめを選ぶのがポイントである。

ただ、スリッポンはフィット性が高く、足幅が広い人はきつく感じる場合もある。足の縦幅と横幅の両方を確認しながら選ぶとよいだろう。また、どのくらいの厚さの靴下を履きたいかを考慮することも大切だ。

カラー・柄で選ぶ

使いやすさで選ぶなら、ブラックやブラウン、グレーなどの落ち着いた色味が最適だ。どんなコーディネートでも小奇麗にまとまるだろう。ただレッド系やブルー系、迷彩柄などをチョイスしてアクセントとして使うのもおすすめである。

3. ボアスリッポンのコーデ例

最後に、ボアスリッポンを用いたコーデのポイントや、おすすめのコーデ例を紹介しよう。

ボアスリッポンの靴下はどうする?

スリッポンは、インステップソックスやフットカバーを合わせ素足のように見せるのが基本だ。しかし、ボアスリッポンを履く冬場なら長い靴下と合わせてもOK。靴かパンツと同系色でまとめるか、あえて靴下を差し色にするかのどちらかがおすすめだ。

パンツの丈は短めに

ボアスリッポンと合わせるパンツは、丈を少し短めにして足首を見せたほうがスマートになる。長め丈のパンツならロールアップしてもよいだろう。ボア部分が隠れるほど丈が長いと野暮ったい雰囲気になりがちなので気を付けよう。

ボアスリッポンのおすすめコーデ例

  • ジャケット×ボアスリッポンできれいめコーデ
    ジャケパンスタイルにボアスリッポンを合わせることで、革靴に比べ適度にカジュアルダウンしたコーデになる。全体の色味を抑えて、シックにまとめるのがおすすめだ。
  • 黒パンツと黒スリッポンならコーデが引き締まる
    コーデに迷ったら、黒パンツと黒スリッポンの組み合わせがハズさないだろう。上半身がどんなテイストでも、コーデを大人っぽく引き締めてくれる。
  • ジーンズ×ボアスリッポンで垢抜ける
    ジーンズと合わせても、スニーカーとはひと味違ったオシャレな雰囲気になる。ブルージーンズ×白系のスリッポン、ホワイトジーンズ×ネイビー系のスリッポンなど、マリン系の配色にするのも定番である。

結論

ボアスリッポンは、スリッポンの利便性やファッション性と、ボアの暖かさを同時に楽しめるアイテムといえる。いつものコーデに変化を付けたい人や、寒いのが苦手な人にはもってこいだ。冬にスリッポンを履くなら、せっかくだからボアスリッポンを選んでコーデの幅を広げてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年3月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング