このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
産毛とは?男の産毛が濃くなる原因や処理方法などを紹介

産毛とは?男の産毛が濃くなる原因や処理方法などを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年3月 9日

産毛とは細くて薄い毛のことだが、メンズでも顔や身体の産毛が気になるという方はいるだろう。産毛の処理をすることで肌が明るくなるほか、肌荒れ防止などのメリットもあるといわれている。今回はそんな産毛の濃くなる原因や、処理方法などを紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 産毛とは?濃くなるのはなぜ?

最近は、毛の処理に対して女性だけでなく、男性も気を遣うことが礼儀だという見方が増えてきている。その際に産毛が気になるという方もいるのではないだろうか。ここでは産毛とは何か、また産毛が濃くなる原因をみていこう。

産毛とは

産毛とは生まれたての赤ちゃんに生えている毛のことをいうのだが、大人の非常に薄くて、短く柔らかい毛のことも産毛と呼ばれている。髪の毛や眉毛などと比べて薄いのは、メラニン色素の影響をあまり受けていないからだ。

産毛が濃くなるのはなぜ?

体毛が濃くなる原因に大きく関係しているのが、ホルモンバランスだ。人間の身体は、男性ホルモンと女性ホルモンがバランスを取りながら共存している。しかし、生活習慣の乱れや身体がストレスを感じた時には、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが過剰に分泌される。男性ホルモンが多くなると、産毛などの体毛は濃くなってしまうのだ。また、女性ホルモンは髪の毛の成長を促すのに影響するとされている。体毛は濃くなるが頭は薄くなってしまうということが起こるのはそのためだ。

2. 産毛とは?濃くならないための対処法

産毛とは薄くて柔らかい毛だが、普段気にしていなくても鏡でよく見てみると結構生えているものだ。そんな産毛が濃くならないようにするために、気を付けることや対処法などを紹介していこう。

生活習慣やリズムを整える

睡眠不足や不規則な食生活が続くと、ホルモンバランスを崩す原因となり、産毛が濃くなる恐れがある。ホルモンバランスを安定させるためには、生活習慣やリズムを整えることが大切だ。

適度な運動をする

体毛には体温を維持する機能がある。そのため、運動不足で身体が冷えてしまうと体温を保とうとするため、体毛が濃くなるのだ。濃くなってしまわないよう、適度な運動を心がけよう。

産毛処理をする

産毛とはムダ毛ほど濃く気になるものではないが、処理をすると肌が明るくなったり、肌荒れを防いだりする効果が期待できるようだ。処理には、カミソリや電気シェーバーで剃る方法や、サロンやクリニックでの脱毛器具を利用する方法がある。

3. 産毛とは?脱毛はどうやればいい?

産毛とはいえ、生えていると気になる方もいるだろう。実際に、どういった方法で産毛を脱毛できるのか、ここでは詳しく説明していこう。

剃る方法

顔などの手が届きやすい箇所は剃る方法が簡単だ。
  • カミソリや電気シェーバーで剃る場合には、まずしっかりと保湿を行い、肌負担を減らすことが大切だ。保湿を怠ってしまうと、肌トラブルの原因となってしまう可能性があるため注意してほしい。
  • 次に、剃りたい箇所の皮膚を軽く引っ張り産毛を立ち上がらせる。産毛とは薄くて柔らかい毛なので、カミソリなどを肌に当てると毛が寝てしまい、剃りにくくなってしまうのだ。
  • 毛の流れに沿って剃る。何度も同じ場所を行うと肌に負担がかかるので、なるべく1回で剃り終えよう。
    頻度は1か月に1回程度がよい。

脱毛タオル

産毛は、背中などの手の届きにくい箇所にも多く生えている。そんな時に便利なのが脱毛タオルだ。
  • 脱毛タオルを水で濡らして、ボディソープや石鹸などで泡立てる。
  • 体を洗う要領で、優しくこする。この時に力を入れすぎると摩擦で肌に負担がかかるので気を付けよう。
  • 洗い流し、脱毛後はしっかりと保湿をする。

脱毛サロン・クリニック

メンズ脱毛店は大きく分けて、サロンとクリニックの2つがある。一般的にサロンでの脱毛は一時的に毛が減る抑毛の効果、クリニックでの脱毛は永久脱毛の効果があるといわれている。近年さまざまな種類の脱毛機器があるので、産毛にも効果的かどうかしっかり確認することをおすすめする。

結論

産毛とはなかなか目立たない毛だが、生えていると肌が暗く見えてしまったり肌荒れの原因になってしまったりすることがある。顔や身体の産毛が気になっているが、今まで手入れを行ったことがなく不安だという方も少なくないだろう。そんな方には今回紹介した内容をぜひ参考にして、産毛の処理を行ってみてほしい。
  • 更新日:

    2021年3月 9日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ