このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鼻毛が太い理由とは?太くなる原因や正しい対処法を解説

鼻毛が太い理由とは?太くなる原因や正しい対処法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年3月 3日

鏡を見ると太い鼻毛がでていたという経験はないだろうか。鼻毛が出ていると恥ずかしいものだが、太い毛となればなおさらだ。長い鼻毛のギネス記録保持者もいるが、一般的には、長いまたは太い鼻毛は周囲からだらしない印象を持たれるだろう。今回は、鼻毛が太くなる原因や対処法を解説する。太い鼻毛の処理に悩まされている方は、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも鼻毛が太いのはどうして?

鼻毛が太いまたは長い理由は、いくつかあるとされている。ここでは、鼻毛が太くなる原因を詳しく解説しよう。
  • 男性ホルモンの乱れ
    太い鼻毛が生える原因のひとつに、男性ホルモンがあげられる。男性の方が女性よりも鼻毛が太く長くなりやすいため、目立つことが多いそうだ。太い鼻毛を生やしたくないなら、男性ホルモンが過剰に分泌される状況を避けなければならない。
    たとえば、ストレスが多くかかると男性ホルモンのバランスが崩れ、鼻毛を太く長くしやすい。ほかにも、食生活の乱れも男性ホルモンのバランスが崩れやすくする原因につながるとされている。
  • 加齢による機能低下
    加齢により、新陳代謝が低下したり、細胞の活性化が低下したりすることで鼻毛は太くなっていく。またこれらの機能が低下すると、毛周期が乱れ、本来抜けるはずの毛が抜けず太くなってしまうそうだ。若いときよりも鼻毛が太くなったと感じたら、加齢によるものかもしれない。
  • 大気の汚れ
    鼻から入ったゴミなどを取り除くフィルターの役割が鼻毛だ。空気が汚れている場所に長時間いる環境であると、鼻から入る大量のほこりや汚れなどを取り除くために鼻毛が太くなっていくといわれている。たとえば、たばこの煙も有害物質と判断され、喫煙者の鼻毛を太くすることもあるという。

2. 気になる太い鼻毛はどうすればいい?

鼻毛が太い原因について理解しても、実際どうすればいいのか悩む人も少なくないだろう。ここでは、太い鼻毛の改善方法やおすすめの処理方法について紹介する。

太い鼻毛の改善方法

前述したように、太い鼻毛が生える原因のひとつに、男性ホルモンが影響している。男性ホルモンを過剰に分泌させなければ、太い鼻毛は生えにくくなるだろう。たとえば、偏った食生活などの生活習慣を改善すれば、男性ホルモンのバランスは崩れにくくなる。また、ストレスも男性ホルモンのバランスが崩れる原因として考えられるため、なるべくストレスをためこまないよう心がけてほしい。

ほかにも、鼻に汚れなどが過剰に入ってくる環境を防ぐために、部屋をキレイに保つよう掃除をしたり、たばこを避けたりするといい。なるべく空気がキレイな空間で過ごすことで、太い鼻毛が生えにくくなるだろう。

おすすめの処理方法

太い鼻毛を処理する方法はいくつかある。自己処理をするなら、「鼻毛カッター」または「エチケットカッター」などと呼ばれる鼻毛処理器を使うといい。鼻毛処理専用に作られているため、痛みやかゆみをあまり感じずに処理できるだろう。はさみやピンセットを使用して処理するよりも安全なのでおすすめだ。

また、自己処理の手間を省きたいという人は、脱毛クリニックでレーザー脱毛を行うという方法もある。近年では、脱毛クリニックに通う男性も増えているそうだ。専門家と相談しながら安全に処理できるのもメリットである。

3. 太い鼻毛のケアはどんなことに気をつければいい?

太い鼻毛がでているのを見つけたら、すぐに処理をしたくなるかもしれない。しかし、間違った自己処理をすると、鼻の中を傷つけてしまうことがある。くれぐれも無理やり抜いたり、はさみで切ったりすることは避けてほしい。太い鼻毛を安易に自己処理すると、細菌などから身を守る鼻毛本来の役割が果たせなくなるからだ。

太い鼻毛を自己処理する場合は、鼻毛専用カッターを使うなど、鼻の中を傷つけない安全な方法を取り入れよう。

結論

鼻毛の太さは加齢やストレス、生活習慣によっても変わってくる。太い鼻毛が気になるなら、ストレスはなるべくためず、生活習慣を見直すといいだろう。また、鼻毛を処理するなら、安全性の高いものの使用をおすすめする。自己処理を面倒に感じるなら、クリニックに通うことを検討してみてはどうだろうか。今回紹介したことを参考に、自分にあった太い鼻毛の対処方法を探してみてほしい。
  • 更新日:

    2021年3月 3日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ