このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鼻毛の切り方は大丈夫?意外と知らないケア頻度や注意点

鼻毛の切り方は大丈夫?意外と知らないケア頻度や注意点

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年3月19日

身だしなみのひとつである鼻毛切りを、どのようにしているだろうか。カットしたり抜いたりしている人もいるだろう。鼻毛の切り方について知恵袋で検索したことがある人もいるかもしれない。そこで今回は、鼻毛の切り方について詳しく紹介する。カットの頻度や、切り方で気をつけたいことについても知っておこう。

  

1. 鼻毛の正しい切り方を知ろう

鼻毛切りの道具といえば、鼻毛用のはさみや鼻毛カッターである。ただ、正しい切り方を知らないと、鼻毛を切りすぎたり切り残しができたりするだろう。ここでは、鼻毛の正しい切り方を紹介する。

鼻毛用はさみを使った正しい切り方

  • 最初に、鼻の中の水分や汚れをティッシュで取り除いておこう。
  • 鏡を使って鼻から出ている鼻毛や鼻の入り口付近の鼻毛を切っていく。
  • 最後に、切った鼻毛をティッシュや綿棒で取り除いたら終わりだ。
鼻の内側の鼻毛は、はさみの入れ方を工夫し、ケガをしないよう注意しながら切っていこう。

鼻毛カッターを使った正しい切り方

  • ケア前にはティッシュで鼻の中の汚れを取っておこう。
  • 鼻毛カッターを鼻の中に入れてカットしていく。
  • 終わったら、鼻の中をティッシュや綿棒でキレイにしておこう。
鼻毛カッターには、手動や電動がある。はさみを使ったケアと同じように、どちらも切り方は簡単だ。手動タイプは鼻毛カッターを鼻の中に入れて回転させればカットできる。電動タイプは機種にもよるが、スイッチを入れて刃の先端を鼻の中に入れ、カットしたい部分へ本体を動かせば希望通りカットできる仕組みだ。

2. 鼻毛の切り方で気をつけたいこととは?

普段、鼻毛を何気なく切っている人もいるだろう。しかし鼻毛の切り方には、いくつか気をつけてほしいポイントやコツがある。ここでは、鼻毛の切り方で気をつけたいことを紹介しよう。

切り残しに気をつけよう

鼻の形は人によってさまざまである。上向きの人もいれば下向きの人もいるほか、鼻の穴が小さい人や大きい人もいるだろう。そのため、どうしても切り残しができるのだ。せっかく鼻毛ケアするのなら、1回でキレイにしたいだろう。切り残しをなくすためには、鏡で鼻毛をチェックする際に、正面だけでなく横から見たり、笑って表情を変えたりして鼻毛が出てこないか確認するのがおすすめだ。

はさみの入れ方に気をつけよう

自動鼻毛切りは、カッター部分を鼻の中に入れるだけなので比較的鼻の中を傷つけにくい。しかしはさみの場合は、自分でカットするので鼻の中を切る可能性があるのだ。できるだけ切る面と平行にはさみを入れ、カットするのが重要である。また、できるだけ鏡で鼻毛の根元にはさみがあるかをチェックしながらカットすると、皮膚を傷つけにくいだろう。鼻の中に傷ができると、出血や化膿の原因となるので注意が必要だ。

鼻の奥まで切らないように気をつけよう

鼻毛は、空気を身体に取り入れる際にホコリやごみを吸い込まないためのフィルターの役割がある。しかし鼻毛を切りすぎたり鼻の奥まで切ったりすると、フィルターの役割が機能せず、直接吸い込んでしまうのだ。そうすると、細菌やウイルスが侵入し、風邪をひきやすくなる人や、ホコリや花粉によってアレルギー反応を起こす人も出てくるかもしれない。基本の切り方を知らないと、鼻毛ケアによって身体に負担をかける可能性があるので気をつけよう。

3. 鼻毛を切る頻度はどれくらい?

ここまで鼻毛の切り方について紹介したが、ほかの人がどのくらいの頻度でケアしているのか気になる人もいるのではないだろうか。最後に、鼻毛ケアの平均頻度や鼻毛ケアでおすすめのアイテムについて紹介する。

鼻毛ケアの平均頻度は週1回

鼻毛に関する調査によると、普段鼻毛のケアをしている人は男性で約60%、女性で約30%のようだ。「TESCOM(テスコム)」の調査によると、鼻毛ケアの頻度は週に1回が最も多く、次に多いのが半月に1回である。切り方だけでなく、頻度を知っておけば自分なりに鼻毛ケアのペースをつかめるだろう。

男性も女性もおすすめツールははさみ

鼻毛ケアで男性にも女性にも人気のおすすめツールは、鼻毛用のはさみだ。次に電動の鼻毛カッターや毛抜きとなる。ただ、毛抜きは、皮膚を傷つけ炎症を起こしやすくするので、できるだけ避けた方がよいだろう。鼻毛用のはさみは手軽に使えるが、切り方に慣れていないと皮膚を切ってしまうかもしれないので、扱い方に注意してほしい。

結論

鼻毛の切り方を正しく知らないと、鼻の中を傷つけたり腫れたりすることもある。痛みが出ると、仕事や生活に支障が出るので、ぜひ気をつけてもらいたいものだ。鼻毛のフィルターとしての役割やケアの注意点を知ったうえで、身だしなみをしっかり整えよう。
  • 更新日:

    2021年3月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング