このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
夜間のウォーキングにはライトをつけよう!効果やおすすめを紹介

夜間のウォーキングにはライトをつけよう!効果やおすすめを紹介

投稿者:ライター 長谷川大智(はせがわだいち)

鉛筆アイコン 2021年3月23日

ウォーキングを夜間に行う場合、道の状況が見えづらかったり、車やバイクとすれ違うときに恐怖を感じたりしたことはないだろうか。そんな時におすすめなのが、ウォーキングライトだ。ライトにはさまざまな効果があり、価格も手頃なので、夜間にウォーキングする際にはぜひ検討してほしい。

  

1. ウォーキングライトは夜道を明るく照らせておすすめ

ウォーキングライトは、夜間に安全にウォーキングするためにはぜひ取り入れたいアイテムだ。ここでは、ウォーキングライトがおすすめの理由をみていこう。

他者からの視認性が高まる

ひとつめの理由は、交通安全だ。ウォーキングライトを身につけることで、他者からの視認性が高まる。車やバイク、自転車などへ自分の存在を知らせることができるため、交通事故の危険性を防止できる。夜間だけでなく、日が落ち切っていない夕暮れであっても、早めにライトを点灯するのがおすすめだ。

防犯対策になる

ふたつめのおすすめな理由は、防犯対策である。夜間のウォーキングでは、街灯のない暗い道を通ることもあるはずだ。ウォーキングライトを点けていれば、犯罪抑止に効果を発揮するだろう。また、ライトを点けてアピールすることで、自分自身が不審者と誤認されるのを防ぐこともできるはずだ。

地面の状況が見えやすくなる

3つめのおすすめ理由は、怪我の防止だ。夜道では、少しの段差でも見えにくく、つまづいてしまうこともある。あるいは、溝や穴に気づかず、足がはまってしまう可能性もある。しっかりと明るさのあるウォーキングライトなら、地面を照らすことができ、このような不注意の怪我を未然に防ぐことができるはずだ。

2. ウォーキングライトの選び方・腕や首以外にキーホルダー型も

ウォーキングライトは、懐中電灯のような見慣れた形から、腕や首につけるもの、衣服やシューズにつけるものまでさまざまだ。ここでは、ウォーキングライトの選び方を紹介しよう。

形状で選ぶ

ウォーキングライトの形状は、大きく3つに分類できる。ひとつめは、アームバンドライトやヘッドライトなど、身体に取り付けるタイプのもの。身体に合わせて動くことになるため、動きにくさを感じることもある。フィット感があり、軽いものを選ぼう。

ふたつめは、クリップライトやキャップライトなど、衣服に取り付けて使うもの。身体の動きをさまたげることがない一方で、外れたことに気づきにくいデメリットもある。しっかりと固定できるものを選ぼう。

3つめは、懐中電灯やナックルライトのように、手に持つタイプだ。ほかのタイプに比べて明るいことも多いが、転倒のときに手がつきにくいデメリットもある。とくに暗い道をウォーキングする時におすすめだ。

明るさで選ぶ

ウォーキングのライトは、形状や目的によって明るさはさまざまだ。自分が歩くルートの特性や、使用目的に応じ、適切な明るさのものを選ぼう。最近ではLEDを使ったアイテムも多く、少ない消費電力でしっかりと照らすこともできる。

防水機能はあったほうがよい

ウォーキングライトを選ぶ際には、防水機能もチェックしておこう。雨の日にはウォーキングしないので、防水機能は不要だという人も多いかもしれない。しかし、ふとした拍子に水滴がかかったり、汗が落ちたりする可能性は誰にでもあるはずだ。

そのため、防水機能はあるに越したことはない。水中で使えるほどの強度でなくても、日常生活レベルの防水ができる製品は多いので、ぜひ検討してほしい。

3. ウォーキングライトの使い方や注意点

ウォーキングライトは、光を発することで安全性を高めるグッズだ。しかし、形状や明るさによって、得られる効果は異なる。ここでは、ライトのタイプごとに使い方を紹介しよう。

バンドタイプやクリップタイプは視認性を高めるために使う

バンドタイプやクリップタイプのウォーキングライトは、地面を照らすよりも、他者からの視認性を高めるのに適している。軽量で持ちはこびが簡単なぶん、光源の数や明るさが限られてしまうのだ。したがって、比較的明るい道を通るときや、交通量の多い場所を歩くときにおすすめだ。選ぶ際には、前だけでなく、横や後ろなどのなるべく広い範囲を照らせるアイテムを選ぶのがよいだろう。

ハンディライトやヘッドライトは地面を照らすために使う

懐中電灯のようなハンディライト、あるいはヘッドライトなどは、地面を照らすために使える。クリップタイプなどに比較するとサイズは大きめだが、そのぶん明るさが強く、地面の状況を把握するのに適している。

整備された歩道がない場所や、暗い公園を歩く場合には、地面を照らせるタイプを使うのがおすすめだ。

視認性を上げるタイプと地面を照らすタイプを併用するのもおすすめ

ウォーキングライトには形状や明るさによって、それぞれ適した使用方法がある。どちらの効果も取り入れ、より安全にウォーキングするためには、両方のライトを使用するのもよいだろう。

たとえば、腕にはバンドタイプライトをはめて視認性を高めつつ、ハンディライトを持って地面の状況を確認するのがおすすめだ。自分のルートに合わせ、適したウォーキングライトを検討しよう。

結論

ウォーキングは、仕事を終えて夜間に行う人も多い運動だ。夜間のウォーキングは、自分が思うよりも他人からは見えにくく、危険も多い。適切なウォーキングライトを取り入れ、安全かつ快適にウォーキングを楽しんでほしい。
  • 更新日:

    2021年3月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング