このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハンカチはメンズこそおしゃれにすべし!おすすめの理由と選び方

ハンカチはメンズこそおしゃれにすべし!おすすめの理由と選び方

投稿者:ライター 長谷川大智(はせがわだいち)

2021年4月27日

あなたがおしゃれだと感じる人は、どんな服装をしているだろうか。全身のコーディネートが上手かったり、髪型が爽やかに整えられていたりとさまざまだろう。時には、小物にこそ本当のセンスが光っていることもある。ここでは、普段は目に入りにくいからこそ、使った時に洗練されたセンスを演出できるハンカチについて紹介したい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メンズもおしゃれなハンカチを持つのがかっこいい

おしゃれなハンカチは、女性が持つものというイメージがあるかもしれない。しかしながら、メンズのハンカチがおしゃれであることは意外にも、印象アップの大きなポイントとなる。

ハンカチを使う機会は、トイレに行った際に手を拭く以外にもさまざまだ。例えば、洋服や靴に付着したホコリをスマートに払ったり、首筋の汗を爽やかに拭ったり、小雨が降った時にさっと頭上にかざしたりと、日常的に使用するチャンスは多い。ハンカチがおしゃれで気に入ったものであれば、使う機会も自然に増えるというものだ。

小物にこそ光るセンスを

ハンカチは、ネクタイや腕時計などと異なり、コーディネートの主役ではない。したがって、フォーマルなシーンでの使用に耐えうるハンカチや、他人に見せたくなるようなおしゃれなハンカチを持つ男性は少ないと言われる。

一方で、デキるメンズというのは、ハンカチに至るまでおしゃれには気を抜かないものである。また、何かの拍子にさっとハンカチを取り出して対処する仕草は、スマートで上品な印象を与える。そのハンカチがおしゃれであればなおさらだ。目に留まりにくいアイテムだからこそ、こだわりやセンスを演出できる。

2. おしゃれなハンカチの選び方とは?

メンズ向けのおしゃれなハンカチの選び方を紹介しよう。

色柄で選ぶ

おしゃれなハンカチと聞いて一番に思い浮かぶのは、やはり色柄だろう。デザインの好みは個人差があれど、コーディネートの一部としてハンカチを扱う際には、意識したいポイントがある。それは、服装に合わせることだ。

スーツスタイルならシンプルでフォーマル寄りのものを、ラフなスタイルならカジュアルで使い勝手のよいものを選ぶようにしよう。上級テクニックとして、あえて服装とはそぐわない色柄を選び、外すという手もある。いずれにせよ、ハンカチがおしゃれの邪魔をしないよう、色や柄を意識して選ぶことが大切だ。

ブランドで選ぶ

メンズのハンカチのおしゃれ度合いでは、ブランド名も重要な要素の一つだ。年齢やシーンによって、適切なブランドは異なる。服飾ブランドでは、フレッドペリーやラルフローレン、ブルックスブラザーズなどが定番とされている。ポールスミスやバーバリーなどは、ブランドを象徴する色使いや柄のハンカチを展開している。

また、高品質なハンカチ専門ブランドも多数存在する。知名度のあるブランドを選ぶことで、本物を使っているというちょっとした優越感さえ得られるだろう。

素材で選ぶ

おしゃれなハンカチはもちろんだが、そもそもハンカチは実用品であり、使いやすくなければ意味がない。選ぶ際には、機能性にも注目したいものだ。特におすすめはリネン素材。吸水性と速乾性に優れ、実用性が高い。リネン素材は春夏のイメージがあるかもしれないが、ハンカチに限れば年中使用できる。他にも、ガーゼ生地やオックス生地なども吸水性に優れているし、より吸水性を求めるならパイル地のタオルハンカチなどもおすすめだ。

3. おしゃれなハンカチでも注意・人にプレゼントする時に考えたいこと

ハンカチは何枚あっても困ることがなく、価格も幅広いのでプレゼント向きのアイテムだ。もらったハンカチがおしゃれなら、多くのメンズは喜んでくれるに違いない。しかしながら、人にプレゼントする際には注意すべき点がある。

別れの意味をもつことも

ハンカチは、その用途から涙を拭う様を連想させるとして、人へ贈る際には別れの意味と持つとされる。さらにハンカチを漢字で表すと「手巾」となり、「てぎれ」と読めることから、いっそう縁の切れ目を想起させるといわれている。せっかくハンカチをおしゃれに使ってもらいたいと選んだとしても、受け取る側に嫌な思いをさせてしまっては本末転倒だ。

前向きなメッセージを添えよう

ハンカチのプレゼントが思わぬ事態を引き起こさないよう、贈る際には前向きなメッセージを添えることを心がけよう。手書きのメッセージカードを添えたり、できるならば直接手で渡したり口頭で思いを伝えるとよい。相手に十分な気持ちを伝えるならば、イニシャル入りのハンカチを贈るのも一つの手段だ。せっかく選んだハンカチをおしゃれに長く使い続けてもらうためにも、意識したいポイントである。

結論

ハンカチは、その実用性ゆえに「持っていればよい」と考えてしまい、おしゃれとは切り離して考えてしまいがちなアイテムだ。しかし、小物にこそ男のこだわりを詰め込みたいものである。ハンカチをおしゃれに一新し、周囲とは一味違った「デキる男」を演出してほしい。
  • 更新日:

    2021年4月27日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ