このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
産毛の脱毛方法は?セルフやサロンで行う場合の相場や注意点

産毛の脱毛方法は?セルフやサロンで行う場合の相場や注意点

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年4月13日

身だしなみのひとつとして、顔や腕などの産毛が気になっている方もいるだろう。産毛を処理するには、セルフや脱毛サロンといったようにいくつか方法がある。そこで今回は、産毛の代表的な脱毛方法をご紹介していこう。自己処理を行った場合とサロンで施術を受ける場合で異なる予算や注意点なども一緒にお届けする。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 産毛の脱毛はセルフとサロンどっちがお得?

まずは、産毛の代表的な脱毛方法を2つご紹介する。それぞれの相場や手入れの頻度なども詳しく見ていこう。

自己処理での脱毛

自己処理は、自宅で気軽に行える産毛の脱毛方法のひとつで、カミソリやシェーバー、脱毛クリームなどを使って行うのが一般的だ。セルフで産毛を処理するためのアイテムは、ドラッグストアなどで1,000円程度から購入可能なため、比較的費用も安く抑えることができる。自己処理を行う場合は、肌や産毛の状態、使うアイテムなどによっても異なるが、だいたい週1~2回程度を目安に手入れするといいだろう。セルフケアによる肌へのダメージを緩和するため、自己処理後はしっかり保湿ケアをしてほしい。

また、産毛をシェーバーなどで自己処理する場合には、蒸しタオルをケアしたい部分にあてて肌を柔らかくし、化粧水を塗って刃の滑りをよくしてから行うのがおすすめだ。

脱毛サロンでの施術

産毛処理ができる、メンズ専用の脱毛サロンも存在している。定期的に通うことで、産毛を徐々に薄くしていく施術方法が一般的だ。産毛を剃って自己処理する方法とは違い、脱毛サロンでは、機械を使って毛根にダメージを与えて産毛を処理していく。

サロンや施術部位によっても違いはあるが、費用は安いもので1回5,000円前後だ。コースなどのある程度まとまった回数を申し込むと、100,000円前後かかることもある。もちろん、脱毛範囲が狭かったり、通う回数が少なかったりすれば、必然的に費用も抑えられる傾向だ。なかには初回限定で、お得な体験コースを用意しているところもあるため、うまく活用してみるといいだろう。脱毛サロンに通う頻度は、毛周期の関係から、およそ2〜3カ月に1回程度に設定しているところが多い。

脱毛サロンで産毛の処理を行う場合は、しっかりとカウンセリングを受けて、料金やルールなどに納得してから申し込むのがおすすめだ。また、産毛に対応した施術があるかどうかもきちんと確認しておこう。

2. 医療脱毛って効果があるの?

プロにお願いして産毛を脱毛するには、先ほどご紹介した専門サロンを利用するほかに、医療脱毛というものがある。この2つは、どのような点が違うのかを見ていこう。

サロンで行う脱毛

サロンで行う方法としては、フラッシュ脱毛が主流だ。施術をするにあたって必要な資格などはとくにないが、専門的な知識と技術を持った者が施術を行う。比較的肌への負担が少なく、痛みが少ないことがメリットだ。穏やかなパワーで産毛の脱毛を行うため、18回前後と、比較的多くサロンに通う必要があるだろう。時間は多くかかるが、医療脱毛に比べると費用が安く抑えられる傾向がある。

医療脱毛

医療脱毛は、資格を持った医師や看護師が在中するクリニックなどで行われる施術で、医療行為のひとつだ。レーザーを使った脱毛方法が一般的で、サロンでの脱毛よりも費用が多くかかる傾向がある。また、威力が強い脱毛方法のため、サロン脱毛と比較すると痛みを感じやすい場合もあるが、12回前後と少ない回数で産毛を減らすことができるだろう。医療脱毛で産毛を処理するには、「HR式」や「SHR式」などの細い毛にもアプローチしやすいといわれる脱毛機器を取り扱うクリニックを選ぶのがおすすめだ。(※1)

3. サロンで脱毛する際に気をつけることは?

サロンに通う場合の注意点は、なんといっても費用や時間がかかるという点だ。産毛は細いため、ある程度長期戦を覚悟して脱毛の施術に通う必要がある。また、自宅ではなくサロンに足を運んで施術を受けるため、自宅から通いやすい場所や駅の近くなど、アクセス面を考慮してサロン選びをしよう。

プロの施術を受けるとはいえ、肌への負担を考慮しておくのも注意しておきたいポイントだ。産毛の脱毛をしている部位は、自宅でも保湿などのケアを行い、肌を労わろう。万が一、産毛の脱毛が原因で肌にトラブルが起きた場合は、遠慮せずにサロンや医療機関に相談してほしい。

結論

産毛を脱毛するにはさまざまな方法があり、それぞれにデメリットやメリットがある。費用や時間などを考慮して、自分にとって都合のいい方法を選ぼう。サロンやクリニックに行く場合は、カウンセリングなどを活用して、信頼できるところに通うのがおすすめだ。
(参考文献)
※1出典:医療法人社団 HMR エミナルクリニック「医療脱毛で産毛は抜けない?気になる脱毛効果や回数について徹底解説」
https://eminal-clinic.jp/column2/23.php
  • 更新日:

    2021年4月13日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ