このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トレーニングには意味がない?効果的に鍛える方法を紹介する

トレーニングには意味がない?効果的に鍛える方法を紹介する

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年5月 1日

トレーニングを習慣化している方は多い。しかし、「トレーニングをする意味は何か?」と問われて、はっきりと答えられない方も少なくないのではないだろうか。トレーニングをする意味を知っているのと、知らずになんとなく行っているのでは、結果に大きな差が生まれるだろう。そこで今回は、トレーニングをする意味について解説する。効果的に身体を鍛える方法も紹介するので、参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トレーニングの言葉の意味とは?

最初に、トレーニングという言葉の意味について見ていこう。

トレーニングの意味とは?

英語のtrainingは、訓練や養成、身体のコンディションといった意味がある。国語辞典にのっているトレーニングの意味は、練習や訓練、鍛錬とされている。

スポーツにおけるトレーニングの意味とは?

スポーツにおけるトレーニングとは、体力や身体の機能を高め、パフォーマンス向上を目指すものである。たとえば、ランニングは足の筋肉と肺や心臓の機能をアップするためのトレーニングだ。機材を使ったラダートレーニングは、瞬発力を鍛える効果がある。

また、身体のケアを行うことも広義のトレーニングに含まれる。食事管理や疲労の回復、ケガの処置などを正しく行い、最大限のパフォーマンスを発揮できるようにすることも重要なトレーニングなのだ。選手に付き添い、このようなトレーニングを行う人をトレーナーと呼ぶ。

2. トレーニングすることの意味とは?

さきほど、トレーニングは、スポーツのパフォーマンス向上を目指すものだと解説した。このほかにも、トレーニングを行うことで得られる効果がある。ここからは、トレーニングをすることにどのような意味があるのかを見ていこう。

健康促進

トレーニングを継続することで、何もしていない状態でも消費される基礎代謝がアップし、肥満や成人病の予防に役立つ。さらに、身体を動かすことで気分をリフレッシュし、ストレス解消の効果も期待できるだろう。トレーニングはスポーツをしている方だけでなく、運動をしないという方にも意味がある。

ケガの予防

トレーニングをして身体を鍛えると、ケガを予防する効果も期待できる。競技によっては、対戦相手と直接身体を接触させることもあるだろう。そのときにフィジカル面で負けてしまうと、プレイが不利になるだけでなく、ケガにつながる可能性もある。ケガをせずに競技を続けるという意味でも、トレーニングは重要である。

3. トレーニングは意味がない?効果的に鍛えるには?

意味のあるトレーニングにするために、気を付けてほしいポイントがいくつかある。最後に、効果的にトレーニングする方法を見ていこう。

食事に気を使う

トレーニングで傷ついた身体を修復するためには、エネルギーが必要だ。エネルギーが不足すると、筋肉を作る材料となるたんぱく質を分解してしまい、トレーニングの意味がなくなってしまうこともある。そのため、空腹で身体を動かすことは避け、トレーニング終了後30分以内にたんぱく質を摂取するようにすると、効果的に身体を鍛えることができる。

適切な頻度で行う

自分のレベルや目標にあった頻度でトレーニングを行うことも重要だ。トレーニングの頻度は、初心者は週に2回、スポーツ経験者は週に4回程度が理想的とされている。身体の修復を行う時間を考慮して、連日ではなく1~2日の間をあけながらトレーニングを行おう。

負荷を上げる

ずっと同じ負荷や回数のトレーニングをしていると、身体の成長は止まってしまうだろう。負荷を上げたりセット数を増やしたりして、新しい刺激を与えることで、効果的にトレーニングができる。新しいメニューを積極的に摂り入れることも、同じ意味でおすすめである。

大きな筋肉から鍛える

トレーニングで身体を引き締めたい方は、大きな筋肉から優先的に刺激を与えるとよい。大きな筋肉を鍛えると、基礎代謝が上がり、脂肪が効率的に燃える身体に近づけるからだ。
大きな筋肉は、下半身に集まっている。そのため、下半身強化のメニューを優先的に組むことをおすすめする。

結論

トレーニングの意味について解説した。トレーニングは、スポーツのパフォーマンス向上や健康維持、ケガ予防などさまざまなメリットがある。本格的にスポーツをしている方だけでなく、あまり運動をしないという方にもトレーニングを生活に取り入れてほしい。トレーニングをするときは、適切な頻度と負荷を意識して、食事にも気を付けるとよい。トレーニングを行って、より健やかな生活を手に入れよう。
  • 更新日:

    2021年5月 1日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ