このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
表情筋を鍛えると男の魅力がアップ!メリットから簡単な鍛え方まで

表情筋を鍛えると男の魅力がアップ!メリットから簡単な鍛え方まで

投稿者:ライター 長谷川大智(はせがわだいち)

2021年5月27日

年齢を重ねるにつれ、ほうれい線や目元のシワが気になることはないだろうか。これは、表情筋と呼ばれる顔の筋肉が衰えていたり、緊張しすぎたりしているのが原因だ。しかし、あきらめるのはまだ早い。表情筋は、トレーニングで鍛えることが可能なのである。ここでは、表情筋を鍛える具体的な方法やそのメリットを紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 男性も感じる表情筋を鍛えるメリットとは?

そもそも表情筋とは、顔のさまざまな部位を動かす筋肉だ。身体の筋肉が骨と骨をつなぐのに対し、表情筋は直接肌につながっているのが特徴である。表情をつくる以外にも、食べ物を噛んだり、言葉を話したりする時に使われる重要な筋肉だ。ここでは、表情筋を鍛えるメリットを紹介しよう。

表情が豊かになる

表情筋を鍛える最大のメリットは、表情が豊かになることだ。表情筋が鍛えられることで、これまで使っていなかった部位も大きく動かすことができ、感情表現が豊かになる。実は、日本人のほとんどは普段、表情筋の30%程度しか使っていないと言われている。表情筋を鍛えることで表情が豊かになり、明るい印象を与えることもできるはずだ。

若々しくなる

表情筋を鍛えると、若々しい印象になることもメリットのひとつだ。表情筋は、加齢や表情のクセなどにより衰えていく。筋肉の衰えは、シワやたるみを引き起こす。年相応のシワは渋くみえることもあるかもしれないが、多くは年齢を感じさせるものだろう。表情筋を鍛えれば、シワやたるみを引き締め、若々しさを演出できる。

健康的な肌になる

表情筋を鍛えると血行がよくなり、肌のターンオーバーの促進が期待できる。結果として、みずみずしく健康的な肌が手に入るだろう。乾燥してハリのない肌は年齢を感じさせることもあるため、若さの演出にも一役買うはずだ。

2. 男性が簡単に表情筋を鍛える方法・おすすめグッズも

ここでは、表情筋を鍛える具体的な方法を紹介しよう。いずれも簡単にできるので、お風呂に入りながら、寝る前、歯磨きをしながらなど、思い立ったときに取り組んでみよう。

目元を引き締めるには

  • 両目を最大限に見開く。このとき、眉を寄せるのではなく真上に引き上げるようにする。
  • ゆっくりとまぶたを閉じていき、思い切り目をつぶる。
これを数回繰り返そう。両目で数回繰り返したら、大きくウインクをするように、片目ずつ行うのも効果的だ。

口角を上げるには

  • 口を縦に大きく開き、「お」の形をつくる。「お」と発音するのではなく、鼻の下を強く伸ばすようにするのがコツだ。
  • この状態から、頬の筋肉を引き上げ、口の形を「あ」にする。
頬の筋肉を鍛えることで、口角の上がった明るい表情になる。

ほうれい線対策には

表情筋を鍛えるなら、ほうれい線対策も忘れずに。内側からほうれい線を伸ばす方法を紹介しよう。舌で口内の側面、ほうれい線の内側あたりをなぞってみると、少し膨らんだ部分がある。この部分を舌で内側から上下になぞり、左右を入れ替えておこなう。口をすぼめた状態で行うと効果的だ。

身近なグッズでも鍛えられる

表情筋のトレーニングは、動きが少なく、手軽に行えるものが多い。さらに効果を高めたい場合には、身近なグッズを使うのもよいだろう。おすすめは割り箸だ。割り箸を横にして奥歯でくわえ、口を「い」の形にする。そのまま、頬の筋肉を引き上げて目元を盛り上がらせたら、30秒間キープしよう。

3. 表情筋が衰える原因とは?デメリットも知ろう

表情筋を鍛えるなら、原因と対策をセットで理解しておきたいもの。表情筋が衰える原因は何なのだろうか。また、表情筋が衰えると、どんなデメリットがあるのだろうか。

加齢や表情のクセが原因

表情筋が衰えるのは、加齢や表情のクセが主な原因といわれている。年齢とともに次第に衰えていくのは、身体のほかの筋肉と同じだ。表情筋を使わなければ、筋肉は質が落ち、ゆるんでいく。

しかし、これは何も加齢に限ったことではない。人はそれぞれ、表情にクセがある。つまり、特定の表情筋は多く使う一方で、ほとんど使わない表情筋もあるということだ。これらのギャップが大きければ、シワやたるみが実年齢よりも多く見えてしまうこともある。放っておくと表情筋の衰えは進行する一方なので、意識的に鍛えるのが重要だ。

姿勢の悪さも悪影響

表情筋の衰えには、実は姿勢も大きく関係しているといわれている。とくに、猫背がちな人や肩こりを感じる場合には、姿勢の悪さが表情筋の衰えを誘発している可能性がある。表情筋は独立しているわけではなく、肩や首の筋肉と大きく連動しているためだ。

肩の筋肉が硬直すると、顔の筋肉が下に引っ張られ、垂れがちになる。表情筋を鍛えるなら、トレーニングにあわせて、日常的な姿勢にも気をつけるのがよいだろう。

表情に乏しく老けて見える

表情筋が衰えると、表情に乏しくなることはもちろん、シワやたるみ、肌の老化によって、実年齢よりも老けて見えることにつながる。しかしながら、表情筋はあくまでも筋肉であり、鍛えることが可能だ。年齢のせいだと諦めることなく、継続して鍛えるのが重要である。

結論

表情筋を鍛えることは、豊かな感情表現ができるだけでなく、若々しい印象にもつながる。そのため、女性やモデルだけでなく、男性にもぜひ表情筋トレーニングにチャレンジしてほしい。自分の表情は見えにくいものだが、周囲からのまなざしがきっと変わることだろう。
  • 更新日:

    2021年5月27日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ