このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
表情筋を鍛えるならグッズがおすすめ!人気の理由や注意点を紹介

表情筋を鍛えるならグッズがおすすめ!人気の理由や注意点を紹介

投稿者:ライター 長谷川大智(はせがわだいち)

鉛筆アイコン 2021年5月15日

顔の表情をつかさどる表情筋。トレーニングで鍛えたり、マッサージでほぐしたりすることで、より豊かで明るい表情が手に入る。効果的に鍛えるためには、表情筋専用のグッズを使うのがおすすめだ。今回は、表情筋を鍛えるグッズの人気の理由や、使う際の注意点を紹介しよう。

  

1. 表情筋を鍛えるグッズは人気もあっておすすめ

表情筋とは、顔をおおう筋肉のことだ。名前のとおり、表情をつくるのはもちろん、食べ物を食べたり、話したりするときにも使われる筋肉である。表情筋は身体のほかの筋肉と同様、使わなければ衰える。逆にいえば、意識的に鍛えることもできるのだ。

表情筋を鍛えるならグッズが便利

表情筋を鍛えるなら、グッズを使うのがおすすめだ。表情筋を鍛えるグッズは、目的や用途に合わせて実にさまざまなものが販売されている。表情筋は、腹筋や腕の筋肉などと異なり、ごく小さな筋肉だ。そのため、グッズを使わずともトレーニングすることもできる。

しかしながら表情筋は、普段使っていないから衰えるのであり、トレーニングだからといってすぐに大きく動かせるわけではない。そこで、グッズの出番である。表情筋を鍛えるグッズは、顔の一部分に特定の動きをさせるものが多い。グッズの特徴や可動域に合わせて顔を動かすだけで、手軽に表情筋を鍛えることができるのだ。

表情筋を鍛えることで好印象に

表情筋を鍛えるメリットはいくつかあるが、なかでも表情が豊かになることは注目すべき点だ。表情筋を鍛えることで、顔全体を自由に動かして感情を表現できるようになり、総じて明るくはつらつとした印象になるはずだ。グッズを使ってトレーニングすることで、比較的短期間で好印象を手に入れることもできるだろう。

2. 表情筋を鍛えるグッズは100均にも

表情筋を鍛えるグッズと聞くと、美顔器のように高価なものをイメージするかもしれない。たしかに、美容グッズには高い効果をうたったものもある。しかし表情筋は、道具がなくとも簡単に鍛えることが可能な筋肉だ。

近年では、100均で手軽に買えるグッズも多く販売されている。これから表情筋を鍛えようと考えているならば、まずは100均のグッズから取り入れてみるのがおすすめだ。

100均グッズのレビューも多い

100均のグッズと聞くと、効果が薄いのではと感じるかもしれない。しかし、いくら高い器具でも、継続的に使わなければ効果は得られず、そもそも自分に合っているかどうかも判断しにくい。

この点、表情筋を鍛える100均グッズなら、身構えずとも気軽に取り入れることができるだろう。実際、100均のグッズには定評があり、ネット上でも数多くのレビューが発信されている。なかには、1万円を超える高額なグッズよりも、100均グッズの方が即効性があったとするレビューも存在する。表情筋を鍛えるグッズを選ぶ際には、価格だけでなく、使いやすさや親しみやすさにも注目するのがよいだろう。

身近なアイテムでも代用可能

たとえ100均であっても、表情筋を鍛えるグッズに抵抗がある場合には、身近なアイテムでも代用が可能だ。たとえば、空のペットボトルを口にくわえ、繰り返しへこませたりふくらませたりすることでも、表情筋は鍛えられる。

あるいは、割り箸を横にして奥歯で噛み、頬を引き上げることでもトレーニングになる。しかし、これらはあくまでも専用の器具ではないため、適切な効果が得られない可能性もある。本気で表情筋を鍛えるなら、専用のグッズを使うのがおすすめだ。

3. 表情筋を鍛えるグッズを使う時の注意点とは?

表情筋を鍛えるグッズが見つかったら、いよいよ実践だ。効果を高めるためには、いくつか注意したい点がある。

説明書をしっかりと読もう

表情筋を鍛えるグッズを使う前には、添付の説明書をしっかりと確認しよう。グッズによっては、直接筋肉に働きかけるものもあり、正しく使わなければ効果が得られない場合があるためだ。間違った使い方は、意図しない結果をもたらす可能性もある。どんなグッズであっても、説明書通りに正しく使用することを心がけよう。

ウォーミングアップをおこなおう

表情筋は、腹筋や背筋などと同じ「筋肉」だ。そのため、トレーニングの前にはウォーミングアップをする必要がある。
  • 顔全体を縦に伸ばしていく。手指をつかい、パーツ毎に伸ばしていくのがよいだろう。
  • 顔全体を中心部分へ縮める。このように、伸ばして縮める動作を、上下左右でおこなおう。
血行がよくなり、グッズの効果を高められる。

頻度や強度は適切に

表情筋を鍛えるグッズを使う際には、頻度や強度にも注意したい。表情筋のトレーニングは、普段使っていない部位を含め、顔全体をまんべんなく使えるようにするのがポイントだ。特定の部位に負荷をかけすぎると、一部分の表情筋だけが発達し、かえってシワやたるみの原因になる場合もある。即効性を求めるあまり、やりすぎてしまうことのないよう気をつけよう。

結論

表情筋は筋肉であり、誰しもが次第に衰えていくものだ。必要以上にあせったり、対策を急いだりするのではなく、継続的に向き合っていくのが大切である。表情筋を鍛えるグッズも活用しながら、こまめなトレーニングを続けてほしい。
  • 更新日:

    2021年5月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング