このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
表情筋を鍛えて素敵な笑顔に!男性にもおすすめのトレーニングとは

表情筋を鍛えて素敵な笑顔に!男性にもおすすめのトレーニングとは

投稿者:ライター 長谷川大智(はせがわだいち)

鉛筆アイコン 2021年5月 2日

自分の笑顔に自信は持てているだろうか?笑顔は人の印象を左右する重要なポイントだ。よい笑顔をつくるためには、表情筋を自由に大きく使えている必要がある。そこで今回は、表情筋を鍛えることで魅力的な笑顔をつくる方法を紹介しよう。

  

1. 笑顔のための表情筋ストレッチやエクササイズの注意点

表情筋は、顔の皮膚につながった筋肉のことだ。その数60種類と言われており、表情をつくる以外にも、話したり、飲食したりする時に使われている。日本人は一般的に、表情筋全体の3割程度しか使えていないという。素敵な笑顔をつくるためには、表情筋を鍛えて自由に使えるようになる必要がある。

表情筋は年齢とともに衰える

表情筋は、年齢を重ねると自然に衰えていくものである。表情筋の衰えは、しわやたるみを生むと同時に、笑顔の質も下げてしまう。笑顔がこわばっていたり、口角が下がっていたりすると、無表情で無骨な印象を与えてしまう。しかし、表情筋はトレーニングで鍛えることが可能だ。表情筋を鍛えることは、自然で魅力的な笑顔につながる。

表情筋を鍛えて素敵な笑顔を手に入れよう

人には、表情の癖がある。表情筋の中でも使われやすい筋肉と、使われにくい筋肉に分かれているのだ。表情筋を鍛えることは、これまで使えていなかった筋肉が使えるようになることを意味する。すなわち、感情表現が豊かになり、明るく快活な印象を与えられるのだ。表情筋を鍛えることで、笑顔も明るく印象的になるだろう。

2. 笑顔のための表情筋トレーニングとは?

表情筋を鍛えて魅力的な笑顔になるためには、目元と口角、頬がポイントだ。しっかりと開いた目力のある目元に、きゅっと上がった口角、自然に上を向いた頬が揃えば、好印象な笑顔になる。ここでは、それぞれの部位に効果的なトレーニングを紹介しよう。

目元のトレーニング

印象的な笑顔には、明るい目元が必要だ。目の下のくまを解消するトレーニングを紹介しよう。口をすぼめて「お」の形にし、顔全体を縦に伸ばす。そのまま目だけで天井を見上げ、下まぶたをゆっくり持ち上げる。まぶしくて目を細めるようなイメージだ。これを5回繰り返そう。難しければ、指で下まぶたをサポートしてもよい。

口角のトレーニング

表情筋を鍛えて笑顔を素敵にするためには、口角をしっかりと上げるのも重要だ。まずは、上の歯が見えるほどに大きな笑顔を作る。鏡を活用して、上の歯が8本見えるように意識するのがコツだ。そのまま、口の右端から舌先を出し、口の左端までゆっくりと移動させ、また右端に戻る。舌先は常に上に向けたままで、1回3往復を1日2回行おう。

頬のトレーニング

表情筋が衰えると、頬のたるみが起こる。たるんだ頬では十分な笑顔はつくれないため、頬のトレーニングも忘れずに行おう。人差し指と中指をそろえ、左右の小鼻の脇に添え、しっかりと押さえる。そのまま、前歯を見せるように「え」の口にする。次に、鼻の下を伸ばすように「お」の口にする。これをリズミカルに10セット繰り返そう。小鼻の脇から目じりに向かって縦に4列、顔の外側に向かって横に4列の計16か所で、同様の動きをすると完璧だ。

グッズを使った方法も

表情筋を鍛えて笑顔を魅力的にするなら、グッズを使った方法もおすすめだ。市販されている美容器具を使うのもよいが、家庭にあるものもエクササイズグッズとして活用できる。まずはペットボトル。空のペットボトルを用意したら、息をすべて吐き出した状態で唇にくわえ、中の空気を思い切り吸う。ペットボトルがじゅうぶんにへこんだら、そのまま息を吐いてボトルをふくらませ、これを3回繰り返す。

次に、割り箸。割り箸を横にして奥歯でくわえたら、口角を引き上げて割り箸よりも高い位置に保つ。この状態を10秒間キープし、3回繰り返す。

3. 笑顔のための表情筋ストレッチやエクササイズの注意点

表情筋を鍛えてよりよい笑顔にしたいなら、ストレッチやエクササイズで表情筋を刺激するのが重要だ。しかし、やみくもに行えば、特定の筋肉や皮膚だけが使われつづけ、逆にしわやたるみを生むことにもつながる。そこで、表情筋を鍛える際の注意点を紹介しよう。

まずはウォーミングアップから

表情筋を鍛える際には、身体の筋トレ同様、ウォーミングアップからはじめよう。いきなりエクササイズをはじめると、普段から使っている表情筋しか動かせず、効果が薄まるためだ。はじめに、顔全体を縦に大きく引き伸ばす。難しければ、指を使って上下に広げてもよい。顔の各パーツがそれぞれ伸びていることを感じよう。次に、顔全体を中心に向かって寄せる。縦の伸縮が終わったら、左右方向にも同様に行おう。

グッズを使う場合は説明書通りに

表情筋を鍛えるグッズは数多く販売されており、特定の部位を鍛えるのに効果がある。しかし、笑顔を魅力的にしたいと焦るばかりに、使いすぎたり、使い方を間違ったりすると逆効果になる可能性もある。表情筋は筋肉なので、一朝一夕に結果を得るのは困難だ。習慣的にトレーニングを継続し、自由に動く表情筋をつくれれば、笑顔は自然に明るくなる。グッズを使う場合には、説明書をよく確認し、使用方法や頻度を守ろう。

結論

表情筋は、使えば鍛えられ、使わなければ衰える。魅力的で明るい笑顔になるには、多くの表情筋が自由に大きく動くことが重要だ。表情筋のトレーニングやストレッチをおこなうのはもちろん、普段の生活でも意識的に笑顔をつくることで、より素敵な笑顔に近づくだろう。
  • 更新日:

    2021年5月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ