このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヘアアイロンの適切な温度は?髪が傷まない方法も伝授

ヘアアイロンの適切な温度は?髪が傷まない方法も伝授

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年5月 8日

ヘアアイロンは、髪型をセットするときに使うと非常に便利なアイテムである。しかし適切な温度を知っておかなければ、髪の毛が傷む原因になってしまいかねない。ただ、ヘアアイロンの適温はその人の髪質によって異なるため、自分の髪に合う温度を見つけることが大切だ。今回は、ヘアアイロンの適温の探し方や使用時の注意点について紹介する。ヘアアイロンを使ってセットをする人は、ぜひ参考にしてもらいたい。

  

1. 髪質によって異なる!自分に合ったヘアアイロン温度の探し方

ヘアアイロンは、温度が高ければ高いほどセット力が強くなる。しかし、温度が高いと髪にかかる負担も大きく、ダメージの原因となってしまう。

また、ストレートかカールか、どう仕上げるかによっても適切な温度が異なるため、それぞれの適温を知っておくことが大切だ。ストレートに仕上げる場合は180℃以下、カールに仕上げる場合は140℃以下で使用するといい。

どう仕上げるかによってだけでなく、髪質によっても適切な温度が変わってくる。「クセが強い」・「髪が太い」・「ヘアカラーやパーマは未経験」・「髪が硬い」などの特徴がある髪質の場da合は、180℃前後が適温だ。クセがつきにくい髪質であるため、温度を高めに設定して髪とヘアアイロンが触れる回数を少なくすることが大切だ。

「濡れると柔らかくなるようなダメージ毛」・「湿気の影響を受けにくい髪質」・「猫っ毛」などの髪質は、150℃以下が適温だ。このような髪質の場合は髪の内部の水分が蒸発しやすい傾向にあるため、ヘアアイロンをすることで髪の水分が飛んでしまう可能性も否めない。ダメージを最小限に抑えるためにも、ヘアアイロンの温度は低めに設定することが大切だ。

どんなふうに仕上げたいかだけでなく、自分の髪質にも目を向けて最適な温度を選んでもらいたい。

2. メンズヘアスタイルを作りやすい!温度調整ができるヘアアイロン

ここからは、メンズのヘアスタイルを作るのにおすすめのヘアアイロンを紹介する。

まず一つめにおすすめしたいのが、Areti(アレティ)の「プレシジョン 15mmピュアセラミックマイナスイオンストレートヘアアイロン」だ。15mmと細めのセラミックプレートを採用しているため、髪の短い男性でも使いやすい。起動から30秒で170℃まで到達し、最高200℃まで温度調節ができる。起動後40秒で200℃まで到達するので、忙しい朝も使いやすいのが特徴だ。

ヘアアイロン初心者でも使いやすいという口コミが多いので、誰でも簡単に使えるものを探している人は注目してみてほしい。

二つめにおすすめしたいのが、SALONIA(サロニア)の「ストレートヘアアイロン」だ。プレートのサイズは15mm・24mm・35mmと3種類あるが、メンズのスタイリングには一番細い15mmのプレートがおすすめである。

電源を入れて約30秒で使用可能な温度に到達し、最高230℃まで温度が上昇する。120℃~230℃までダイヤルを回すだけで温度設定が変えられるので、ヘアアイロンを使い慣れていないメンズからも人気が高い。カラーバリエーションもホワイト・ブラック・ネイビー・グレー(Web限定)と豊富なのも、注目すべきポイントだ。

三つめにおすすめしたいのが、Tinnaの「カールストレートヘアアイロン」だ。このヘアアイロンは、プレート幅が12mmと極細なので、短くてクセの強い髪でもしっかりとつかめる。

140~230℃まで温度調節ができ、起動から30秒で180℃まで到達するというスピード感も魅力のひとつだ。ストレートに仕上げたいときもカールに仕上げたいときも使いやすく、ヘアアイロンを使ってスタイリングしたい方にぴったりのアイテムである。

3. ヘアアイロンを使う時に温度とともに気を付けたい点は?

ヘアアイロンを使うときには、温度だけでなくいくつか注意点に気をつけなければいけない。髪が傷まない方法についても知っておくと、ダメージを最小限に抑えながらヘアアイロンを使い続けることができる。ヘアアイロンを使うときは、三つの注意点に気をつけながら使用するといい。

一つめの注意点は、「スタイリング剤や水がついた状態でヘアアイロンを使用しない」ということだ。スタイリング剤や水分がついた状態でヘアアイロンを髪にあててしまうと、髪の中にある水の分子の体積が急激に膨れ上がり、髪の細胞を傷つけてしまうのだ。髪に深刻なダメージを与えないためにも、必ず髪が乾いた状態でヘアアイロンを使ってもらいたい。

二つめの注意点は、「長時間同じところにヘアアイロンをあてない」ということだ。温度は髪質などによって調節するが、長時間同じところにヘアアイロンをあてると、設定した温度よりも高い温度の熱が髪にあたってしまう。髪にあたる時間が短かったとしても、何度も同じ場所にあててしまうのも温度が上がる原因になるので、注意が必要だ。

三つめの注意点は、「普段からヘアケアをしっかり行う」ということだ。ヘアアイロンを使用すると、どうしても髪が乾燥しやすくなる。髪のダメージを抑えるためには、髪の保湿に気を配りながら日々ケアを行っていくことが大切だ。

結論

メンズのスタイリングにも、ヘアアイロンの活用は有効だ。温度や使用時の注意点に気をつければ、髪のダメージを抑えながらヘアアイロンでしっかりとスタイリングすることができる。ヘアアイロンを使ってスタイリングしたことがないという方は、ぜひ一度ヘアアイロンで思い通りのスタイルを作ってみてほしい。
  • 更新日:

    2021年5月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング