このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トレーニングには腹筋ローラーが最適!使い方や注意点を解説

トレーニングには腹筋ローラーが最適!使い方や注意点を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年5月 7日

腹筋ローラーは、腹筋だけでなく腕や胸の筋肉を効率的に鍛えることができるアイテムだ。今回は、効果的な腹筋ローラーの使い方について解説する。トレーニングでケガをしないための注意点も解説するので、参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トレーニング器具「腹筋ローラー」とは?

最初に、トレーニング器具の腹筋ローラーについて解説していこう。

腹筋ローラーとは?

腹筋ローラーは、グリップを握って転がすだけでトレーニングができる器具だ。腹筋以外にも、背中や腕の筋肉にも刺激を与えられる。フォームを変えることで、トレーニング初心者から上級者まで対応できる点が魅力だ。

腹筋ローラーの魅力

腹筋ローラーの魅力は、短時間で高負荷なトレーニングができることだ。ジムに行かなくてもしっかりと上半身の筋肉を鍛えて、身体を引き締めたり安定感を高めたりする効果が期待できる。

2. 腹筋ローラーを利用したトレーニング方法

腹筋ローラーを利用したトレーニングのやり方を見ていこう。初心者におすすめしたいトレーニングの膝コロンと、中級者向けの膝コロ、上級者向けの立ちコロを紹介する。

初心者向け!膝コロン

腹筋ローラーを限界まで転がしたら、そのまま倒れるトレーニングだ。引き戻す動作がないので、筋力に自信がない方でもチャレンジできるだろう。
  • 腹筋ローラーのグリップを握り、両膝を床につく。
  • ゆっくりと前に転がしていく。
  • 限界まで転がしたら、前に倒れる。
  • 元の体勢に戻り、同じ動作を繰り返す。

中級者向けにぴったりな膝コロ

膝コロンに慣れたら、引き戻す動作をプラスした膝コロを行おう。
  • 腹筋ローラーのグリップを握り、両膝を床につく。
  • ゆっくりと前に転がしていく。
  • 限界まで転がしたら、ゆっくりと引き戻す。

上級者向けの立ちコロ

筋力に自信がある方は、膝をつかない立ちコロにトライしてほしい。
  • 腹筋ローラーのグリップを握り、前屈のようにして床につける。
  • ゆっくりと前に転がしていく。
  • 限界まで転がしたら、ゆっくりと引き戻す。

3. 腹筋ローラーでトレーニングするときの注意点

腹筋ローラーはシンプルなトレーニンググッズだが、上手に使うためにはいくつかのコツがある。腹筋ローラーでトレーニングするときの注意点を見ていこう。

腰を反らさない

腹筋ローラーを転がすときは、腰を反らさないように注意しよう。腰を反らすと負担がかかり、ケガの原因になるからである。腰は、やや猫背になるようにし、お腹の筋肉を常に収縮させるように意識しよう。

頻度は週3日程度がおすすめ

腹筋ローラーのトレーニングは、週3日を目安に行おう。トレーニングで傷つけた筋肉を修復するための時間が必要だからだ。腹筋ローラーは、強い刺激を筋肉に与えるトレーニングなので、休息をとりながら行うことが重要だ。

4. 筋力トレーニングにおすすめの腹筋ローラー

ひとくちで腹筋ローラーといっても、さまざまなアイテムが販売されている。「どれを買えばいいのかわからない」という方に向け、おすすめの腹筋ローラーを紹介する。

ALINCO(アルインコ)「エクササイズホイール EXG229A 腹筋ローラー」

2輪タイヤで、ほどよい安定感がある腹筋ローラーだ。ホイールの直径が14.5cmと小さめなので、腹筋にしっかりと刺激を与えることができる。中級者にぴったりなアイテムだ。
おすすめ商品

Wolfyok「腹筋ローラー」

安定感抜群の太いタイヤを採用し、初心者の方におすすめである。握り心地のよいスポンジハンドルで、トレーニング中に手が痛くなりにくい。220kgの耐荷重で、男性が体重を思いっきりかけても壊れないタフさも魅力である。
おすすめ商品

La-VIE(ラ・ヴィ) 「Wモンスターマンローラー」

腹筋だけでなく、胸筋もしっかりトレーニングしたい方におすすめの腹筋ローラーだ。2つのローラーを両手に持って使い、前に転がせば腹筋に、横に転がせば胸筋に負荷をかけることができる。転がり過ぎを防止するストッパーつきで、安心してトレーニングをすることが可能だ。
おすすめ商品

plantobiz「腹筋ローラー」

1輪タイヤで、負荷が大きいタイプの腹筋ローラーだ。グラグラする身体をコントロールしながら動くので、体幹に大きな刺激を与えることが可能である。グリップには小さな凸凹があり、汗をかいても滑りにくくなっている。膝をカバーするマットも付属している点もうれしいポイントだ。
おすすめ商品

結論

腹筋ローラーは、自宅でも本格的なトレーニングができるアイテムだ。リーズナブルな価格で手に入れやすく、思い立ったらすぐに運動を開始できる。腹筋ローラーは負荷の強いトレーニンググッズなので、初心者の方は膝コロンからスタートし、決して無理をしないようにしてほしい。慣れてきたら、徐々に難易度の高いメニューに取り組むとよい。腹筋ローラーでトレーニングして、かっこいい腹筋を手に入れよう。
  • 更新日:

    2021年5月 7日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ