このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ワイシャツの襟汚れは自分で落とせる!キレイな襟で清潔感をアップ

ワイシャツの襟汚れは自分で落とせる!キレイな襟で清潔感をアップ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年5月19日

スーツは、清潔感が重要だ。ワイシャツの襟が汚れていると、いくら高級でデザインのよいスーツでも、だらしなく見えてしまう。そこで今回は、さまざまなアイテムを使ったワイシャツの襟汚れの落とし方を紹介しよう。汚れの予防法や、ワイシャツ以外の汚れ落としについても紹介しているので、参考にしてほしい。

  

1. ワイシャツの襟汚れの落とし方・市販の固形石鹸や洗剤も

ワイシャツの襟汚れの原因は、首まわりの皮脂である。襟は肌に直接触れているため、汗や皮脂が多く付着し、肌との摩擦によって繊維の奥へと浸透してしまう。これが、通常通り洗濯をしていても襟汚れが溜まっていくメカニズムだ。しかし、ワイシャツの襟汚れは、手順を守れば家庭でもキレイに落とすことができる。ここでは、具体的な方法を紹介しよう。

食器用洗剤を使う方法

襟汚れの原因は皮脂なので、油汚れを分解する食器用洗剤が使える。まず、洗面器や浴槽にぬるま湯をはり、襟をひたす。皮脂は40度以上で溶けやすくなるため、ぬるま湯はお風呂よりも少し熱いくらいの温度がおすすめだ。次に、ワイシャツの襟汚れ部分に食器用洗剤を直接塗り、もみ洗いする。強くもみすぎると生地が傷んだり、汚れがさらに奥へと浸透したりするため、やさしくなじませるのがコツだ。もみ洗いが終わったら、ぬるま湯で再度すすぎ、そのまま洗濯機で通常通り洗濯しよう。

重曹とクエン酸を使う方法

重曹やクエン酸は、家庭の掃除で活躍するアイテムだが、ワイシャツの襟汚れにも効果的だ。まず、水と重曹を1:2の割合で混ぜた重曹ペーストと、水90mlに対してクエン酸を小さじ3入れたクエン酸液をつくる。次に、重曹ペーストを汚れ部分に塗り、上からクエン酸液を霧吹きで吹きかける。発泡してきたら、中和反応で汚れが落ちている証拠だ。ある程度発泡が進んだら、ペーストを塗った部分を水で洗い流し、通常通り洗濯しよう。

セスキ炭酸ソーダを使う方法

掃除用品として知られているセスキ炭酸ソーダでも、ワイシャツの襟汚れは落とせる。方法は簡単で、水500mlに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1入れた水溶液をつくり、霧吹きで吹きかけるだけだ。そのまま20分置いておき、軽くもみ洗いしてから洗濯機で洗濯する。ちなみにセスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいため、洗い流す必要はない。

クレンジングオイルやシェービングクリームを使う方法

重曹やセスキ炭酸ソーダが自宅にない場合には、クレンジングオイルやシェービングクリームでも代用できる。襟汚れに直接塗りこんだら、やさしくもみ、お湯で洗い流す。使い古しの歯ブラシで軽くこするのもおすすめだ。お湯で洗い流した後は、通常通り洗濯機で洗おう。

がんこな汚れは酸素系漂白剤と重曹でさっぱり

がんこな襟汚れは、酸素系漂白剤と重曹を使って強力に分解しよう。酸素系漂白剤は色落ちを招く可能性もあるので、白無地ワイシャツだけにするか、事前に目立たない部分で試すのがおすすめだ。まず、少量のぬるま湯を準備し、重曹1に対して酸素系漂白剤2の割合になるように混ぜ、ペーストをつくる。次に、ゴム手袋をはめ、歯ブラシや綿棒にペーストをとり、ワイシャツの襟汚れになじませる。続いて、アイロンのスチーム機能を使い、生地から少し離してまんべんなくスチームを当てていく。最後にぬるま湯ですすぎ、洗濯機で洗おう。手荒れの可能性があるので、ゴム手袋の着用は忘れずにしてほしい。

専用洗剤も効果的

頻繁にワイシャツを着たり、洗濯のチャンスが多かったりするなら、襟汚れ専用の洗剤も効果的だ。塗りやすいロールオンタイプの製品が多く、毎日の洗濯時にさっと塗っておけばよい。また、東邦「ウタマロ洗濯石鹸」も襟汚れに抜群の効果を発揮するようだ。濡らした襟にウタマロ石鹸をつけ、軽くもんだらそのまま洗濯機へ入れよう。蛍光増白剤のはたらきもあり、明るく白い輝きを取り戻せるだろう。

2. ワイシャツの襟汚れの予防法は?

ここでは、ワイシャツの襟汚れを防ぐ方法を紹介しよう。まずは、襟にベビーパウダーを塗る方法だ。汗や皮脂が染みこむのを防ぎ、襟汚れからワイシャツを守ってくれる。そのほか、襟汚れ防止の専用テープを使う方法もある。襟に肌が直接触れることがないため、汚れが予防できる。また、アイロン時に使う洗濯のりにも、同様の効果があるのでおすすめだ。襟汚れだけでなく、ワイシャツの袖口の汚れを予防することもできる。

ワイシャツの襟汚れは、予防するのはもちろん、汚れを溜めないようにするのも重要なポイントだ。脱いだらなるべく早く洗濯し、洗濯時には酸素系漂白剤を毎回入れておくとよいだろう。

3. ワイシャツ以外の襟汚れの落とし方とは?

ワイシャツ以外の衣類でも、襟汚れは気になるものである。落とし方はワイシャツの襟汚れと同様、まずは食器用洗剤を使ってみるのがおすすめだ。スーツのジャケットやコートなど、洗濯機で洗濯しにくい衣類であれば、タオルに食器用洗剤を数滴たらして汚れをとんとんと叩き、別のタオルで水ぶきしてみよう。それでも取れなければ、セスキ炭酸ソーダを使うのもよい。また、アウターの襟汚れ予防には、ワイシャツ同様の方法にくわえ、はっ水スプレーも効果的なので試してみてほしい。

結論

ワイシャツの襟汚れは、いつの間にか溜まっていることも多いものである。汗や皮脂による襟汚れは通常の洗濯だけでは取りきれないため、さまざまなアイテムを使い、丁寧に洗うのがコツだ。生地の状態や洗濯表示にも注意しながら、いろいろな方法を試してみよう。
  • 更新日:

    2021年5月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング