このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
瞬発力トレーニングの方法を解説!器具やアプリもチェックしよう

瞬発力トレーニングの方法を解説!器具やアプリもチェックしよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年6月10日

スポーツのパフォーマンスを向上したい方におすすめなのが、瞬発力トレーニングだ。瞬発力はさまざまなスポーツで必要となる能力である。そこで今回は、瞬発力を鍛えるトレーニングのやり方やおすすめ器具をまとめた。手軽に瞬発力を鍛えることができるアプリも紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 瞬発力トレーニングで身体のキレをアップ!

瞬発力は、人間の筋肉が大きな力を瞬間的に発揮する能力のことだ。この瞬発力はトレーニングで鍛えることができるといわれている。スポーツのパフォーマンスを向上したい方は、この瞬発力をトレーニングするとよいだろう。スポーツをする時は、正しい動作で身体や器具を早く動かす必要があるからである。瞬発力トレーニングは、テニスや空手、野球、サッカーなど、さまざまなスポーツで有効なのだ。

2. 瞬発力トレーニングの種類

瞬発力トレーニングのやり方を紹介する。筋肉には、速筋と遅筋の2種類がある。瞬発力をアップするためには、速筋を鍛えるとよいだろう。では、速筋を鍛えるトレーニングを見ていこう。

ジャンピングスクワット

ジャンピングスクワットは、通常のスクワットに飛び跳ねる動作をプラスしたトレーニングだ。下半身の筋肉を刺激して、瞬発力を鍛えることが可能である。
  • つま先をまっすぐ前に向け、足を肩幅に開く。
  • ゆっくりと膝を曲げ、太ももと床が平行になるまで腰を下げる。
  • 地面を力強く蹴り、思いっきり高くジャンプする。
  • 着地したら、衝撃を吸収するように再び腰を下げる。
この動作を15回1セットとして、3セット行う。

ボックスジャンプ

安定感のある箱に飛び乗るボックスジャンプも、瞬発力をアップする効果が期待できるトレーニングだ。初心者は10cm程度の高さがあるボックスから始め、慣れてきたら徐々に高くしていこう。足元のボックスに大きな負荷がかかるので、丈夫で安定感のあるものを選んでほしい。
  • 床にボックスをセットし、箱から20~40cmほど離れて立つ。
  • 膝を曲げてから両足でジャンプし、ボックスに飛び乗る。この時、全身の筋肉を使うように意識しよう。
  • ボックスから降り、再び飛び乗る動作を繰り返す。
この動作を10回1セットとして、2~3セット行う。

3. 瞬発力トレーニングにおすすめの器具

瞬発力トレーニングにおすすめの器具を見ていこう。瞬発力を鍛えたい方はぜひ取り入れてほしい。

なわとび

なわとびは、下半身をはじめとした全身の筋肉を使う運動だ。毎日のトレーニングに組み込むことで、瞬発力を鍛えることが可能である。なわとびを始めたばかりの方は、1分程度両足で飛ぶところからスタートし、徐々に時間を増やしていこう。トレーニングの前後に柔軟体操を行うことを忘れないようにしてほしい。

ラダー

ラダーは、はしごのような形をしたトレーニング器具だ。ラダーを床に置き、踏んづけてしまわないようにステップを踏むラダートレーニングは、瞬発力アップの効果が期待できる。
ラダートレーニングには、早くまっすぐにランニングしていくクイックランや両脚で1マスずつジャンプしていく両足ジャンプ、左右にジャンプしながら進むスラロームジャンプなどの方法がある。いくつかの方法を組み合わせてトレーニングをするとよいだろう。

4. 自宅で簡単?アプリでできる瞬発力トレーニング

手軽に瞬発力を鍛えたい方におすすめなのが、瞬発力をトレーニングできるスマホアプリだ。スポーツで瞬発力を発揮するためには、目でとらえた情報を素早く脳で処理して身体を動かす必要がある。その情報を処理する能力にアプローチできるアプリを見ていこう。

ノーパツ ~脳瞬発トレーニング~

画面に現れる赤と青の玉を瞬時に判断してタップするゲームだ。目から得た情報を認識する力と素早く反応する瞬発力を使う必要がある。シンプルな操作感で、手軽にプレイできるのが魅力だ。

[大人の脳トレ]瞬発力をあげろ!小学生から大人まで無料で暇つぶしが出来るゲーム

1秒以内に背景と同じ色の丸をタップするというシンプルなルールのアプリだ。1回がとても短いので、何度も繰り返してトレーニングをすることができるだろう。

結論

スポーツに必要な瞬発力を鍛えるトレーニング方法を解説した。今回紹介したもの以外にも、瞬発力を鍛えるトレーニングはたくさんあるので、組み合わせながら実践するのがおすすめである。また、すきま時間に瞬発力トレーニングをしたい方は、アプリを取り入れてもよいだろう。瞬発力を鍛えて、身体能力をアップしてほしい。
  • 更新日:

    2021年6月10日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ