このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エクササイズは簡単でも効果あり?頑張らないエクササイズを紹介

エクササイズは簡単でも効果あり?頑張らないエクササイズを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年6月 6日

エクササイズを始めたいが、難しそう、きつそうだなと諦めていないだろうか。実はエクササイズは、ごく簡単なものでも大きな効果が得られるのだ。ここでは、簡単なエクササイズにどんな効果があるのか、またおすすめエクササイズなどをみていこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単なエクササイズで運動不足解消

エクササイズの目的はさまざまだが、ひとつは運動不足の解消だろう。エクササイズは、簡単なものでも運動不足解消に効果がある。

エクササイズとストレッチの違い

そもそも、エクササイズとはどんなもので、ストレッチとはどう違うのだろうか。エクササイズとは筋肉に対して、通常よりも多く、あるいは強く負荷をかける運動を指す。これにより筋肉が強化されるため、多くはパフォーマンスの向上やボディメイクを目的として行われる。

一方ストレッチとは、関節や筋肉の柔軟性をあげるための運動だ。これにより可動域が広がって怪我をしにくくなったり、疲労物質を排出して回復を早めたりできる。エクササイズとストレッチは、目的が異なるのだ。

エクササイズは簡単なものでも毎日継続しよう

エクササイズには簡単なものも多くあり、初心者でも運動不足を解消しやすい。重要なことは、エクササイズはたとえ簡単なものであっても、毎日の習慣にすることである。忙しくても苦手意識があっても、毎日少しでもエクササイズに触れることで、徐々に習慣となるだろう。

2. 簡単なエクササイズでも痩せられる

目的がダイエットの場合、簡単なエクササイズで痩せることができる。とくに、体幹を鍛えるエクササイズがおすすめだ。

体幹を鍛えて引き締まった身体に

体幹とは、頭や四肢をのぞいた胴体部分を指す。つまり、お尻や腹筋、背中や胸はすべて体幹である。エクササイズで体幹を鍛えることで、全体的に引き締まった身体をつくることができる。

さらに、筋肉が増えることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に変化させることもできる。また、体幹が安定すると姿勢もよくなり、身体をより美しく見せることもできる。ドローインやプランクなど、エクササイズのごく簡単なメニューでも、大きな効果が得られるのだ。

筋肉を動かすことで体力もつく

エクササイズを継続して体幹が安定すると、体力もアップする。体幹が鍛えられることで姿勢が安定し、身体が正しく動くことで、無駄なエネルギーの消費を抑えられるのだ。体力が上がるとエクササイズも簡単なものから、より複雑で効果的なものにレベルアップすることができ、好循環が期待できるだろう。

3. 簡単なエクササイズで肩こりも解消

エクササイズは、簡単に肩こりを解消する方法としても有効だ。肩こりの原因はさまざまだが、多くは筋肉の緊張によるものだ。筋肉の緊張は、運動不足や、同じ姿勢を取り続けることによって起こる。運動不足を解消できるエクササイズなら、肩こり解消にも効果的だ。

エクササイズで筋肉をほぐす

肩こりは、肩そのものを揉みほぐしても、不快感がなかなか取れないこともあるだろう。これは、筋肉の緊張がさまざまな部位に波及しているから。エクササイズをおこなえば、簡単に多くの筋肉をほぐすことができ、結果的に肩こりの解消につながる。

エクササイズで血行をよくする

エクササイズで簡単に筋肉がほぐれると、血行の改善も期待できる。血行が改善すれば、肩こりの原因である老廃物や疲労物質の停滞が解消され、肩こりが解消するのだ。

エクササイズは簡単なものでも効果があり、座りながらおこなうものや、タオルを使うものがおすすめだ。肩こりに慢性的に悩む人は、姿勢の悪さによって、筋肉の緊張や血行不良を招いている可能性がある。エクササイズは簡単なものでもよいので、継続して取り組むのがコツだ。

4. 1日10分!簡単エクササイズ3選

1日10分で効果の見込めるエクササイズの簡単なメニューを紹介しよう。

ドローイン

腹筋を鍛えるメニューで、上体起こしなどのエクササイズよりも簡単なのが特徴だ。やり方は、息をゆっくり吐きながらお腹を限界までへこませ、その状態を30秒間キープするというもの。この間の呼吸は、お腹がふくらまない程度に浅く続けてよい。座っても立っても、仰向けでもできるので、思いついた時に実践しよう。

ワイドスクワット

エクササイズで簡単に効果を得られるのは、スクワットだ。今回は、足幅を広くすることで広範囲を刺激し、体幹を鍛えやすいワイドスクワットを紹介しよう。肩幅よりずっと大きく足を開き、つま先を外に向ける。息を吐きながら膝を曲げてお尻を下げ、限界にきたら10秒間キープし、息を吸いながら元の姿勢に戻ろう。

ペルビックチルト

ペルビックチルトは、エクササイズで簡単に腰痛の解消・予防ができるメニューだ。エクササイズは簡単で、椅子に座り、骨盤を前後に繰り返し倒すだけ。骨盤を後ろに倒す時は猫背になり、前に倒す時は背筋を伸ばすイメージだ。デスクワークで固まった身体をほぐすのにも最適だ。

結論

エクササイズは、簡単なものから複雑なものまで、実にさまざまだ。脂肪燃焼や筋力アップ、肩こり改善など、目的も違えば頻度も異なる。まずは、取り組みやすい簡単なものからはじめ、エクササイズを習慣化することが重要だ。十分に身体にしみついたときには、次なるエクササイズを求めていることだろう。
  • 更新日:

    2021年6月 6日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ