このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウォーキングのウェアをメンズが着るなら?選び方やコーデ例を紹介

ウォーキングのウェアをメンズが着るなら?選び方やコーデ例を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月14日

ウォーキングをはじめる際、気になるのがウェア選びだろう。メンズのウォーキングウェアには、高い機能性をもつものや、オシャレでカジュアルなデザインのものも多くある。ここでは、ウォーキングウェアをメンズが選ぶときのコツやおすすめを紹介していこう。

  

1. メンズのウォーキングウェアの選び方・おしゃれでおすすめのものも

ウォーキングのウェアでメンズにおすすめの選び方を紹介しよう。

機能性の高いものがおすすめ

ウォーキングのウェアにもっとも必要なのは機能性だ。吸汗性や速乾性が高ければ、ウォーキングの汗もウェアが吸収し、メンズ特有のにおいや不快感をとりはらってくれる。ストレッチ性があれば、運動時の筋肉や関節の動きがスムーズになり、より快適にウォーキングできる。

さらに、通気性が高い素材であれば、ウェアが肌にはりついて不快になることも防げる。ウォーキングのウェアには、メンズにとってうれしいこれらの機能を兼ね備えたものがおすすめだ。

季節に合わせて機能を選ぼう

上記のほかに、ウォーキングウェアには、季節に応じた機能をもつものもある。たとえば、夏場なら接触冷感素材がおすすめだ。肌にふれるとひんやりとした感触があるので、暑い夏場にも快適にウォーキングできる。

一方、冬場には起毛素材や防風素材がおすすめ。ウォーキング前後の体温低下を防げるので、身体への負担を減らしながらウォーキングができる。

サイズはフィット感のあるものを

ウォーキングのウェアは、サイズ感も重視したいポイントだ。大きすぎると身体を動かしにくく、逆に小さすぎると筋肉や関節の動きが阻害される。ストレッチ性のある素材で、身体にフィットしたサイズを選ぶのがおすすめだ。

シューズもウェアの一部

ウォーキングのウェアをメンズが選ぶ際、見落としがちなのがシューズだ。ウォーキングは手持ちのスニーカーでも行うことが可能だが、機能性や安全性の面から、専用のウォーキングシューズはあったほうがよいだろう。

ウォーキングシューズは、スニーカーに比べてソールにクッション性があるため、ウォーキング時の足首や膝への負担を軽減できる。また、通気性にもすぐれているものが多く、長時間歩く場合にも、不快な足の蒸れを防げる。

軽量化モデルなら足の疲れも大幅に軽減できるだろう。ウォーキングのウェアを選ぶなら、シューズまでのトータルコーディネートがおすすめだ。

お気に入りのデザインはモチベーションアップにも

ウォーキングのウェアには、メンズ用のオシャレなデザインのアイテムも多い。快適なウォーキングには機能性は必須だが、デザインにもこだわることで、ウォーキングへのモチベーションが向上することだろう。お気に入りのデザインを見つけ、楽しみながらウォーキングを継続してほしい。

2. ウォーキングウェア選びに困る時はどうする?

ウォーキングウェアは、メンズよりもウィメンズの方がデザインや種類が豊富なため、コーデに困ることもあるだろう。そんな時には、セットアップがおすすめだ。

セットアップを活用しよう

セットアップとは、上下セットになったウォーキングウェアのことだ。メンズのコーデで悩むのは、色合いやデザインの組み合わせだろう。セットアップなら、ブランドや色合い、素材に統一感があるので、どのアイテムを組み合わせるか悩む必要がない。

ひとつひとつのアイテム選びに悩むことなく、手っ取り早くウォーキングをはじめたい人におすすめだ。ウォーキングのウェアにはメンズ用のセットアップも多くあるので、色違いをいくつか準備しておけば、組み合わせて使うこともできるだろう。

3. ウォーキングウェアをおしゃれに着こなすコツやコーデ例とは?

ウォーキングウェアをメンズがおしゃれに着こなすためのコーデ術を紹介しよう。

本格派はスポーツウェアで統一感のあるコーデを

ウェアに着替えてからウォーキングにとりくむ本格派なら、全身をスポーツウェアで統一し、機能性を重視したコーデをしよう。吸汗性や速乾性、ストレッチ性や通気性が高ければ、ウォーキングに集中できるはずだ。

ウォーキングのウェアにはメンズ用の小物も多く、レギンスやインナー、シューズに蛍光色を取り入れたり、キャップを差し色にしたりするのがおすすめだ。

普段着はインナーやアウターに機能性のあるものを

買い物や用事のついでに、散歩感覚でウォーキングを楽しみたいなら、ウェアはメンズ用インナーやアウターに機能性をもたせるのがおすすめだ。着圧インナーを着た状態でパーカーを羽織り、スウェット生地のジョガーパンツをはけば、ウォーキング対応のメンズコーデが完成する。

通勤派はシューズで動きにくさをカバー

毎日の通勤で1駅分多く歩くなど、通勤時に手軽にウォーキングを取り入れたい場合、シューズに注目してみよう。カジュアルな服装の場合には、シンプルで軽いスニーカーを。スーツの場合には、革靴にみえるようなデザインの歩きやすいビジネスシューズがおすすめだ。

結論

ウォーキングは有酸素運動であり、数十分ほど歩き続けるのがおすすめだ。歩きはじめると意外に汗をかいたり、身体の疲労を感じたりすることもあるだろう。機能性の高いウェアを選べば、快適に長時間ウォーキングに取り組める。お気に入りのウェアやコーデを見つけ、モチベーション高くウォーキングを継続してほしい。
  • 更新日:

    2021年6月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ