このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヘアケアを始めたい男性必見!手軽に使えるおすすめアイテムを紹介

ヘアケアを始めたい男性必見!手軽に使えるおすすめアイテムを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年6月 6日

最近は若い世代を中心に、美容意識の高い男性が増えており、身だしなみの一環としてヘアケアが積極的に取り入れられるようになってきた。以前にくらべ、男性用のヘアケア製品も新しいものが続々と登場しており、男性のヘアケアは当たり前になりつつある。本記事では、ヘアケア製品の種類をはじめ、市販で買えるおすすめアイテムについて紹介する。これからヘアケアを始めようと考えている方はぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヘアケアをおすすめする理由

以前は「ヘアケアは女性のもの」という考えがあったが、こうした価値観はもう古く、男性も積極的にヘアケアを取り入れるべきである。ヘアケアをおすすめする理由については以下のとおりだ。

まとまりをよくする

ヘアケアがされていない髪は広がりやすく、まとまりが悪い。なぜなら、乾燥やダメージによって髪の水分や栄養が失われるからだ。

水分や栄養が失われる原因は、お風呂上がりに髪を乾かさなかったり、短期間でヘアカラーやパーマを繰り返したりすることなどが挙げられ、ヘアケアを怠ることでダメージが蓄積され深刻化していく。そのため、ツヤのあるまとまりやすい髪をキープするためにもヘアケアを取り入れることをおすすめする。

紫外線から守る

紫外線は肌だけでなく髪にも影響を及ぼす。とくに髪は紫外線の影響を最も受けやすい場所であり、ヘアケアを怠ることで髪の内部を保護するキューティクルが剥がれ落ちて水分や栄養が流れ出してしまう。その結果として乾燥や切れ毛、枝毛につながるのである。

傷んだ髪は治せない

一度傷んでしまった髪は治すことができない。というのも、髪は死んだ細胞の集まりであるため、自己修復機能がないからだ。補修用のシャンプーやトリートメントを使えば治るのではないかと思うかもしれないが、これらはダメージを和らげるものであり、元の状態に治すことまではできないのである。

ダメージが深刻化し、切れ毛や枝毛になってしまうと切るしか方法はない。できる限りダメージを防ぐためにも、ヘアケアを取り入れることをおすすめする。

2. おすすめヘアケア製品の種類

ヘアケア製品の種類と特徴について解説する。ヘアケア製品は、シャンプーやトリートメントをはじめ、その種類は多岐にわたりそれぞれ異なる働きがある。髪の悩みや状態によって使い分けることが大切だ。

ヘアオイル

髪にツヤと潤いを与え、トリートメントなどで補給した水分や栄養を逃がさないようふたをする保湿効果がある。ヘアオイルは、濡れた髪に使用することで熱に弱い髪をドライヤーから守ってくれるため、お風呂上りやシャワーの後に使用するのがおすすめだ。広がりやパサつきを抑え、まとまりやすくなりスタイリングが楽になる。

ヘアクリーム

ヘアクリームには、ダメージを受けた髪を補修して乾燥から守る特徴がある。使用するタイミングはヘアオイルと同じで、お風呂上りなど髪が濡れているときがおすすめだ。濡れた髪はキューティクルが開いた状態になっているので、保湿成分をしっかり浸透させることができる。ヘアオイルがしなやかな仕上がりになるのに対し、ヘアクリームはさらっとした軽い仕上がりになる。

ヘアリキッド

ヘアリキッドは、鉱物油や植物油を使用したスタイリング剤のひとつだ。ワックスやジェルのようにガチっと固まらず、ふんわりとしたソフトな仕上がりになるのが特徴で、自然なスタイリングが好みという方におすすめである。ほかにも、保湿効果によって髪にハリとツヤを与え、ドライヤーの熱や紫外線からのダメージを防げるなどの特徴がある。

3. ヘアケアにおすすめは洗い流さないタイプ

ヘアケア製品には洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類があり、一番いいのは併用することである。とはいえ、多忙な方にとって毎日のヘアケアを完璧にこなすのはなかなか難しい。このような場合、洗い流さないタイプがおすすめである。

洗い流すタイプは時間がかかる

洗い流すタイプは、つけてから髪の内部に栄養を浸透させるのに時間がかかり、早い段階ですすいでしまうと効果が半減してしまう。その点、洗い流さないタイプは寝ている間に成分が浸透していくので放置時間が必要なく、効率よくヘアケアができるのでおすすめだ。

整髪料として代用できる

洗い流さないタイプは髪の補修やダメージ予防以外にも、整髪料として使えるタイプが増えてきている。ワックスなどに比べてセット力はないが、ヘアスタイルを崩れにくくしたり、ウェットなツヤ感を出したりすることができる。ヘアケアとスタイリングの2つの役割を果たしてくれるので非常におすすめである。

4. 市販で買えるおすすめヘアケアアイテム3選

数あるヘアケア製品の中から自分に合ったものを探すのは難しい。市販で手軽に買えるおすすめアイテムを紹介する。

ルシード エル|アルガンリッチオイル

UVカット処方とヒートプロテクト処方により、紫外線やドライヤーから髪を守り保護してくれるヘアオイル。髪がまとまりやすく、広がりやクセを抑えるのでスタイリングに使いやすいのが特徴である。
おすすめ商品

シェルパ|デザインサプリ アフタートリートメント リペアミルク

ミドルからハイダメージの、毛先がゴワつく方におすすめしたいヘアミルク。髪に潤いを与え、一日中ヘアスタイルをしっかりキープしてくれる。ベタつきが少なく、整髪料が苦手な方でも使いやすいのが特徴だ。
おすすめ商品

アヴェンシス|ボタニカルアロマワックス

100%自然由来成分のみで作られたヘアワックス。オーガニックシアバターベースで、キメすぎない自然なスタイリングを好む方におすすめである。保湿力に優れており、髪に潤いを与え、手に残った油分はハンドクリームとしてそのまま手に伸ばして使用することもできる。
おすすめ商品

結論

乾燥やパサつきが目立つ髪は、見た目の印象も悪く、スタイリングも決まらないなどデメリットが多いため、男性も積極的にヘアケアを取り入れていくべきである。キレイな髪をキープするためには日々の積み重ねが大切であり、慣れるまでは大変に思うかもしれない。
しかし、手間も時間もかけずにヘアケアができる洗い流さないタイプのような便利なアイテムもある。うまく活用しながらヘアケアに取り組んでみてほしい。
  • 更新日:

    2021年6月 6日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ