このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
股関節内転筋が筋肉痛になった!原因や対処法を知ろう!

股関節内転筋が筋肉痛になった!原因や対処法を知ろう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月27日

「久しぶりにスクワットをしたら股関節内転筋が筋肉痛になった。筋肉痛がひどくてつらい」このような悩みをお持ちではないだろうか?筋肉痛はトレーニングにはつきものであり、どうにかしたい問題である。そこで当記事では、筋肉痛の原因や対処法を解説していく。筋肉痛には原因があるため、きちんと対策をすれば治せるものなのだ。ぜひ当記事を参考にして、筋肉痛を解消または予防していってほしい。

  

1. 内転筋の筋肉痛はどうしてなるの?

まず、どうして股関節内転筋が筋肉痛になるのかを解説していこう。筋肉痛には即発性筋肉痛と遅発性筋肉痛の2種類がある。即発性筋肉痛とはトレーニング中に起こる筋肉の痛みであり、一過性に筋肉が酸素欠乏状態になり、痛み物質であるブラジキニン・ヒスタミンが股関節内転筋にたまってしまうことが原因である。

一方で、遅発性筋肉痛とはトレーニング後2~3日で生じる筋肉の痛みである。一昔前までは、遅発性筋肉痛の原因は乳酸がたまる「乳酸説」が主流であったが、現在は間違っていることがわかっている。

遅発性筋肉痛についてわかっていることは、筋組織の微細損傷が痛みを引き起こすということである。股関節内転筋の筋組織が損傷を受けて白血球などが集まり、炎症を引き起こす。炎症では、痛み物質であるサイトカイン・プロスタグランジン・ヒスタミン・ブラジキニン・セロトニンなどが筋膜を刺激して痛みを引き起こすといわれているのだ。

このように、筋肉痛には2種類あり、一般的には遅発性筋肉痛のことを筋肉痛ということが多い。この記事でも、遅発性筋肉痛のことを股関節内転筋の筋肉痛として対処法や予防法を解説していく。

2. 内転筋が筋肉痛になった場合どうすればいい?

股関節には歩くだけで体重の3倍の負荷がかかるといわれており、それだけ股関節内転筋は筋肉痛になりやすいといえる。今度は、股関節内転筋の筋肉痛の対処法について解説していこう。股関節内転筋の筋肉痛の対処法は、7つある。

肥満解消

股関節は体重を支えているため、股関節内転筋には負荷がかかりやすい。当然、体重が重いとそれだけ負荷が集中し、股関節内転筋は筋肉痛になりやすくなるといえるだろう。できるだけ肥満は解消しておきたい。

マッサージ

筋肉痛になったときは、マッサージが有効だと考えられる。内ももの辺りを自分でマッサージしよう。金銭的に余裕のある方は、マッサージ店に行ってプロの技でほぐしてもらうのもおすすめだ。

ストレッチ

ストレッチも筋肉痛を和らげてくれる効果は期待できる。なぜなら、緊張している筋肉を緩めてくれるからだ。股関節内転筋を20~30秒かけてゆっくりと伸ばしていこう。立った状態からガニ股になって腰を降ろして行う「相撲ストレッチ」をぜひ試してみてほしい。

食事

案外、おろそかにしがちなのが食事である。筋肉の微細損傷の修復過程では必ずといっていいほど栄養が必要になる。とくにおすすめなのが、肉・大豆・牛乳などのタンパク質製品だ。

入浴

血流促進のために入浴は行いたい。入浴を行えば代謝が促進され、筋肉痛を軽減してくれるだろう。できればシャワーではなくお湯に浸かろう。温泉だと泉質効果があるので、なお筋肉痛にはもってこいだ。

アイシング

熱を持っている筋肉痛のみ、アイシングが有効だと考えられる。過剰な炎症反応をおさえて筋肉痛を軽減してくれる。股関節内転筋を触って熱を持っていたら20分程度かけてゆっくり冷やしていこう。

睡眠

筋肉痛解消には睡眠が欠かせない。なぜなら、睡眠によって成長ホルモンが分泌され、その成長ホルモンが筋肉の修復を促すからだ。とくに夜更かしは禁物である。早寝早起きを心がけよう。

3. 内転筋の筋肉痛はどんなことに気をつければいい?

日常生活であまり使われないので、股関節内転筋は筋肉痛になりやすいといえる。最後に、股関節内転筋の筋肉痛を予防する方法をお伝えしたい。股関節内転筋の筋肉痛を予防する方法は、3つだ。

ウォームアップ・クールダウン

股関節内転筋を鍛えるとき、ウォームアップとクールダウンは必ず行いたい。ウォームアップはケガのリスクが下がり、クールダウンは蓄積した疲労物質を循環してくれる。軽い準備体操やウォーキングでいいので、ウォームアップとクールダウンはセットで行おう。

コンスタントにトレーニングを行う

コンスタントにトレーニングを行うことも重要だ。週3日、決まった曜日にトレーニングするようにすれば、そう簡単に筋肉痛にはならない。反対に、トレーニング日がバラバラだったり、久しぶりに運動するような日が起きると筋肉痛になりやすいといえる。

結論

股関節内転筋の筋肉痛について、原因や対処法、予防法などを解説した。筋肉痛の中でも、とくに遅発性筋肉痛は筋組織の微細損傷が原因である。筋肉痛の対処法や予防法には多くの方法があり、当記事では肥満解消・マッサージ・ストレッチ・食事(サプリメント)・入浴・アイシング・睡眠・ウォーミングアップ・クールダウンなどを紹介した。ぜひ自分にあった方法を見つけて、股関節内転筋の筋肉痛に対応していってほしい。
  • 更新日:

    2021年6月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ